TOP

 
古きを学びて佐屋街道を行く (その1)
        

2006年 3月26日 実走
自転車:Bianchi Minivelo9
   
佐屋街道! 以前から気になっていた旧街道であり、そのうち走ってみたいと思っていた
ところ、akahoriさんからお誘いを頂きご一緒させてもらいました。
JRで輪行して七里の渡しに集合し、久しぶりの再会に話が盛りあがり楽しい時間を過ごせ
ました。今日の本題である佐屋街道〜上街道を通って、新川に抜けるコースは見所いっぱい
で、走っては止まっての繰り返しになかなか前に進まない状態でした。
上街道の終点に到着したら、その先には見慣れた美濃路が繋がっており、旧街道を走った
という満足感であふれる一日でした。
    
 走行距離:55.5km
 平均速度:14.4km/h
 最高速度:26.3km/h
                                    (作成2006/03/28、29)
名鉄とJRなら、運賃の安いことと熱田さんに
到着した時の自転車持ち運び距離が短いJRが
最適である。
清洲駅から熱田駅まで輪行することとした
   
定番の熱田神宮で今日の安全をお祈りです。
いつもの本殿の他にも信長塀≪永禄三年≫を
眺めてみたり、ならずの梅の香りを楽しんだり
して、出発前に和やかな時間を過ごす。
   
熱田神宮を南に移動すると、七里の渡し公園に
到着です。実はここ初めて来たのである。
少し時間が早いので、周りを散策しながら
akahoriさんを待つこととする。
久しぶりの再会に話がつきませんねぇ。
   
時間も丁度良いので、まずは佐屋街道の出発
点まで移動します。出発点には右手に伝馬町
一里塚と左に姥堂と裁断橋がある。
一里塚は敷地だけが保存されているだけで
何も残っていない。
   
国道を超えて更に進むと、右手の民家の庭に
ひっそりと道標がありました。≪宝暦八年≫
戦災で破損しているが綺麗に修復されている。
それでも右側のほとんどが破損している状態で
あった。
   
突き当たりの左手にも道標≪寛政二年≫が
ある。この道標は、建立当時の位置に保存され
ているが、右の道標は10mほど移動されて
いるそうである。
   
突き当たりの正面に「ほうろく地蔵」がある。
国道1号線を渡り、北に進むこととする。
   
しばらく進むと、左手に誓願寺・源頼朝出生地
石碑がある。
   
更に北に進み、白鳥地区で少し寄り道する。
目指すは「白鳥古墳」6世紀ころの前方後円墳
だが、ほとんど原形をとどめていない状態で
あった。ちょっと残念。
   
元に戻って熱田神宮公園の手前にある「断夫山
古墳」に寄るがこちらも雑木林が生い茂って
いる。こちらは東海地方で最大の前方後円墳で
5世紀項半から6世紀前半の建造とされている。
   
   
佐屋街道に戻り、金山新橋交差点の手前に
これもひっそりと立っている道標がある。
≪文政4年≫の建立で、刻まれているのは、
東 右なこや木曽海道
南 左さや海道つしま道
西 右宮海道 左なこや道
北 文政四年巳年六月 佐屋旅籠屋中
   
西に延びるのが佐屋街道である。
   
金山新橋交差点から尾頭橋付近までは、人出
が多くて自転車はゆっくりと走らないと危ない
状態である。近くに場外馬券場があるので
皆さんそちらに向われているのであろう。
   
尾頭橋商店街を通って進んでいく。
名鉄・JRの高架をくぐって行くと・・・
   
おおおー! みたらし半額の店がありました。
な〜んと、みたらし30円です!
思わず、みたらし1本、五平餅1本、焼き鳥皮を
1本注文しました。
   
みたらし30円、五平餅50円、焼き鳥50円の
激安である。お店はフランチャイズだが
美味しい^^
一日に1000本くらい売れるそうだ。
お近くに寄られたら是非どうぞ!
   
ちょっと寄り道しましたが、更に西に進むと
佐屋街道の石碑がある。近くには、
「明治天皇御駐蹕之所」碑が建てられており
いろいろな歴史を感じることが出来る。
   
昔の家並みがところどころに見えてくると、
そろそろ岩塚宿に入って行く。佐屋街道が
開かれたのが
≪寛永11年≫ころで、岩塚宿は
寛永13年に開かれている。
   
   
近くには「
三十三観音」や「八幡社」がある。
八幡社のお社は萱葺き屋根になっており、
珍しい作りに興味をそそられる。
   
   
庄内川を渡ると、万場宿に入る。
堤防沿いには、万場の渡し場跡の常夜灯が
残っている。左の写真が≪
安永6年≫の常夜灯
で、右が≪
天保13年≫の常夜灯である。
   
ここに来てはたと思い出したのが、もう一つの古墳である。岩塚宿にある七所神社をすっかり
忘れてしまっていた。岩塚宿のメインと言ってもよいこの神社には、古墳のほかにも半ば埋没
してしまった道標や腰掛石などがあり、見たかった神社であったが仕方がないので次回の
楽しみとして残しておき、先を急ぐこととした。
   

【≪BACK】  【NEXT≫】