TOP

 
板取川を上って川浦渓谷へ
        

2006年 8月14日 実走
自転車:TOEI ツーリング
   

一昨年、板取川を上ろうと思い走り出したのですが、膝の調子が悪く途中断念したまま
2年が過ぎました。TOEIツーリングのRD交換の調子を見るのも兼ねて板取川を川浦渓谷
目指して走って来ました。
真夏の日差しが照り付けけていましたが、ここ板取川周辺は標高が高いため気温も低め、
空気も乾燥しており気持ちの良い走りを楽しむことが出来た一日になりました。
    
 走行距離:71.5km
                                    (作成2006/08/15)
板取川はあちこちで、鮎釣り、川遊びの人で
ごったがえしている状態でした。和紙の里会館
上流の河原に下りて車を止めておきます。
朝8時前ですが、すでに日差しは照りつけていて
暑くてくらくらしそうです。今回は巨大な秘密
兵器?を持参してきました。どうかな!?
   
日影に入るとさすがに涼しい! 名古屋に比べ
て気温が低いのと、空気が乾燥しているため
爽やかな気候なのが嬉しいです。
走っていても涼しい? さすがにそんなことは
ありませんが、停車したときの印象が各段に
違います。
   
ここ板取川はどこを見ても人人です。
これだけ人の多い河川も珍しいと思います。
水が綺麗なこと、河原に下りやすいこと、比較的
浅瀬であることが人気の秘密でしょうか!?
   
それにしても水の綺麗なこと。
中流部でもこの透明感ですよ。思わず水遊び
したくなる気持ちが分かりますよね。
   
休憩がてら、あじさい園で少し散策しました。
国道256号はアジサイロードとも呼ばれるほど紫陽花の花がたくさんあります。さすがに季節柄
遅いのでしぼんでいますが、6月には綺麗な花で道路脇を一面覆い尽くすほどです。

   
あじさい園の時計塔の前で一枚!
空が夏の装いになって、見ているだけで開放的
な気分になります。暑いところに立っていると
水分が欲しい! 今回はポカリスエットです。
   
でっかいでしょ。1.5Lのペットボトルです。
ポカリは砂糖が入っているのであまり好きでは
ないですが、アルカリイオン水が体に良さそう。
凍らせて持ってきましたが溶けるのが早いよう
です。
   
   
苔むした橋で一枚!
橋から覗き込むと、川なのにワンダフルです^^;
   
鮎釣りさんと川遊びの人が入り乱れながらの
光景がなんとも不思議ですが、お互いが楽し
めるよう、配慮をしているようです。
   
途中、森の駅や板取川温泉を眺めつつ目指す
川浦渓谷に向います。
   
川浦渓谷に到着です。川浦って「かおれ」と呼ぶ
のだそうです。初めて知りました。
入口には通行止めの看板とゲートが立っていて
入ることが出来ないようです。
   
橋から覗き込んでみると、うひょ〜怖い!
高所恐怖症の管理人には刺激が強すぎますが
しばらく見ていると慣れてきたみたい。
良い眺めですね〜、トンネルを通っていくと・・・
   
トンネル出口から見る眺めは更に素晴らしい!
観光で来た方々もカメラに収めていました。
   
橋の反対側を見てみると更に更に素晴らしい
渓谷美が待っていました。この景色は実際に
目で見て欲しいです。
   
   
橋の先にも川浦渓谷の入口がありますが同じ
ように通行止めの案内が・・・、でも人はやはり
入る物なのですね。女性が一人入っていくと、
次から次へと入っていきます。
私は、今回は止めておきました。
それより先にある、案内板が気になるので。。。
   
その案内板とはこれです。
吾妻清水と呼ばれるアルカリイオン水です。
飲んでみましたが、ちょっときついような感じでし
た。知っていればバーナー持ってきて暖かい
紅茶でも飲みたかったなぁ。
   
更に奥に入って行き、神社の所で休憩します。
おやつはチップスターのうすしお味ですよ。川の
せせらぎと風に揺れる木々の音が良い感じ
です。テントツーリングに来るのもいいかも!?
8月後半にもう一度来てみたい場所です。
   
ここまでの距離が35km。帰りは下り基調なのでまぁなんとかなるでしょう。
往復のルートですが、横道に反れたりしながら違った楽しみを見つけようと思い出発します。
   
杉原地区まで戻ると、高さ50m大杉が立って
いました。幹の直径は4m近くもある大きな杉の
木です。見ているだけで圧倒されるものを感じ
ます。
   
幹の横の方におじぞうさんが祭ってありました。
根元にはいろいろな穴が開いていて蟻や昆虫
などが沢山いて見ているだけ楽しいものです。
   
   
板取川温泉に久しぶりに来てみたら・・・、以前
より建物が増えているような感じです。
ソフトクリームを食べてクールダウンしましょう。
かき氷ののぼりも気になりましたが冷やしすぎ
も良くないだろうと思い、グッと我慢します。。。
   
下り基調でするするっと走っていけるのですが
交通量が多いので車には要注意、それと人気
のキャンプ場や川遊びが出来るところの周りに
は車が半分飛び出した状態で止まっているので
更に要注意です。
お腹も空いたので、岩本洞との合流点にある
手打ち蕎麦のお店に入ってお昼にします。
お勧めの、ざるそば定食を注文してしばらく
待っていると・・・、
   
これがざるそば定食です。けっこういろいろな
物が付いていて美味しそうですよ。850円と
リーズナブルなところが良いですねぇ。
アマゴの甘露煮が美味しいです。
   
お腹もいっぱいになったところで、一気に快走して板取川を下っていくと徐々に暑くなってきました
どれくらい標高差があったのかな?
今回、TOEIのRD交換して調子を見ながらの走りでしたが、やはりRDがピシピシと決まると走り
も楽しくてしょうがないと言ったところです。