TOP

 
地下鉄輪行で名古屋を横断
        

2006年 9月2日 実走
自転車:赤 Brompton T6
   

たまには輪行でもしてみようかと思い、地下鉄使って平針まで行ってきました。
帰りは赤ブロでのんびりとあちこち見て回りながらの小さな自転車旅です。
朝はひんやり、日中でも木陰は爽やかな風が吹き抜け、少しだけ秋の気配を感じさせて
くれる一日でした。
    
 走行距離:41.5km
                                    (作成2006/09/03)
地下鉄 鶴舞線に乗って、のんびりと揺られること30分、無事に平針駅に到着です。
昔、仕事でちょこちょこと訪れていた所ですが、地上に上がってみると・・・、懐かしい
ミスタードーナッツも健在でした。
街中は苦手なので、そそくさと秋葉山目指して出発します。
道路を一本奥に入るとすぐに静かな雰囲気になり、地図に沿って進んでいくと、右に秋葉山への
上り入口が見えてきました。ここから坂道ですが、今日は赤ブロなので無茶苦茶しんどいです。
途中、藤棚があり春には綺麗な花をつけることでしょう。
なんとか立ちこぎして頂上に到着すると、階段を上ったところに慈眼寺が見えてきました。
   
秋を感じさせる蜩の鳴き声。
風もそよそよと爽やかな軽さを感じます。
それでも日差しはまだまだ強いので、日中は
30℃超える暑さになりそうな予感がします。
   
階段を上ってまずはお参りします。
大きな太古があり、ご利益があるそうですよ。
   
少し下って行くと・・・。
針名神社が見えてきます。朝の散歩とお参りの
人がちらほらといらっしゃいます。
礼儀正しい親子が気持ちの良い参拝をされて
いるのを見ていると、こちらも清々しい気持ちに
なれました。必要な時に、最低限の礼儀作法が
できることは素晴らしいことだと思います。
   
お寺を管理されているご夫婦が、朝の清掃に
余念があります。
ふと見ると、狛犬がいない代りに牛が座ってい
ます。
こちらの神社は牛に関わる神社なのかな?
   
9時も過ぎたので、名古屋市農業センターに向い走っていきます。
このあたりは起伏が激しく、街中にもかかわらず上ったり下ったりとなかなかしんどいです。
名古屋農業センターらしきところの入り口に到着したのですが、ほんとにここなの?
ぱっとしない入口の入口のためしばし周りを見まわしていましたが、人の出入りもあるので
大丈夫でしょう。入口横の壁にひっそりと「名古屋市農業センター」と彫ってあるので、やっと
安心して中に入ります。
   
   
一番見たかったのは、このひょうたんのトンネル
です。1ヶ月以上に新聞に載っていたのですが
ようやく見に来れました。
さすがに時期が過ぎているので葉っぱがしなび
ていましたが、ひょうたんの実は大きく育ってい
てなかなか立派でしたよ。
   
動物施設の方に入ってみると、鶏の舎には産み立ての卵がたくさん誕生していました。
ちょっと鶏臭かったですが、鶏舎って実は懐かしいのです。小学生のころまで母方の実家で
鶏を飼っていたのでその印象が残っているのでしょう。
名古屋コーチンやウコッケイもいました。屋内の施設には生まれたてのヒヨコもぴよぴよと
可愛らしい姿を見せてくれましたよ。小さなお子さん連れの親子が多かったですね。
   
子牛の牛舎には「るな」と「はな」が可愛らしい
姿を見せてくれます。思いのほか足長いよな〜
柵の奥では最近生まれた2頭の牛の世話をして
おり、女の子の表情がとても優しい目をしていた
のが印象的です。
   
この子たちのお乳ではないでしょうけど、この
センターの牛から作られた「なごやか牧場」牛乳
です。一本160円。思わず腰に手を置いて一気
に飲んでしまいました。
う〜ん、美味しい!
   
この時間、どこも朝食の時間のようで、ヒツジもヤギもブタも餌を食べるのに必死でお尻しか見え
ません。尻ばかり見ててもしょうがないのでハウスの方に移動して、ベゴニヤやらなんやら(花の
名前が分からん)の花を眺めながらぐるっと回っていると・・・、
   
どでかいカボチャを発見!
ジャンボカボチャ大会に出品するカボチャで
しょうか、触ってみましたが、ほのかに柔らかさ
を感じます。
   
10時になったので売店に戻ると、お目当ての
ジェラートが出来あがっており「ミルク」をご賞味
します。ふむふむこんなお味なのですね。
ソフトの方が良いような・・・。
   
赤池方面に向って出発するも、途中???の道に出くわして適当に進んでいくと、東郷町の
案内板が出てきたので失敗! 反対方向に向かってしまったようです。
気を取り直して地下鉄の車庫上を通り反対側に出て、目指すレトロでんしゃ館を探すのですが、
あっちの道・・・、行き止まり。こっちの道・・・、行き止まりと一向に入口が見つかりません。
フェンスの向こうにそれらしき施設があるのですが・・・、30分ほどうろついて、結局面倒になって
しまいそそくさと次の岩崎城に向うことにしました。
   
天白川から岩崎川を上っていく道は、整備され
た道が走っているのと、景色がのんびりとして
気持ち良いロケーションが広がっています。
   
川と田んぼに挟まれた道が続いており、のんび
りと赤ブロでの走りが楽しく感じられます。
そして風が爽やか〜
   
   
遠くから岩崎城の天守閣が見えるので、山を
ぐるっと回って駐車場に到着です。
ここからは自転車も立ち入り禁止なので、日影
になるポールに自転車をくくり付けて歩いて
上っていきます。
天守閣、資料館とこじんまりとしているものの
綺麗に整備されているのが印象的です。
日進市への展望が良く、良い景色が楽しめ
ます。井戸やら古墳やらと歴史的にも楽しめる
ところが良いです。
   
裏手の道をぐるっと回って、坂を上り上り上って行くのですが、赤ブロじゃ辛い!
さすがに途中から押して歩きます。
   
ふうふう言いながら御嶽社に到着です。
さすがに階段まで上る元気はありません。
隣の休憩所で一休み。。。
   
ついでに平成ふれあいの森にある展望台に
行ってみました。岩崎城からの展望と同じ方向
ですが、こちらの方が倍以上も標高が高いので
景色がまた違った顔を見せてくれます。
   
   
このあたりはいろんな大学のキャンパスが広が
っていますね〜。お店もファッショナブルなお店
が多いようにも感じます。
長久手古戦場公園に到着したので日影で休憩
がてら手持ちのおにぎりを食べます。
自転車で走るとお腹空きますねぇ。
この天気なのでおにぎり大丈夫かな?ちょっと
気にはなりましたが美味しく食べちゃいました。
東の方にトヨタ博物館が見えます。
入場料高いし、あまり車の入れ替えも無いよう
ですから今回はパス! 第一トヨタの車に乗って
いないし。
街中に入り、せせらぎの径という小粋な道を走って図書館通りに出ると香流川サイクリングロード
に到着です。あとはえんえんとこのサイクリングロードを走って行けばいいので、地図も必要無し
でのんびりと気ままに進みます。
   
川岸にも下りれるようになっていて、川が憩いの
場所になっています。鴨などの水鳥たちが遊ん
でいあたり餌を狙ってじっと見つめていたりと
自然の息遣いが聞こえてきそうです。
   
名東区付近の桜並木にはいると嬉しい日影が
待っています。ただ路面は桜の根っこが張って
いるため凸凹になっているので、小径社では
段差が激しく感じるのが辛い所です。

   
川面をじっと見つめながら走っていた訳では
ありませんが、ある物が急に目に飛び込んで
きました。おぉぉー!可愛い!
   
その正体は亀! 小亀の尻尾が長いような。

   
矢田川のサイクリングロードに入るとかなり草が
伸びてきたようです。のんびりとろとろ走ってい
たら後ろからマラソンランナーの集団が追い越
して行きます。15km/hほどで走っていたので
走りに負けてしまいました。
   
途中、暑さに負けて氷が飲みたい!
180円のせんじで冷たさを楽しんでいると、昔
見たことがあるハーレーという喫茶店を発見!
小学生のころにはトヨタ2000GTが飾ってあり
ましたが、今は置いてありませんでした。