TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
麦とろごはんが食べたい 中山道
        

2007年1月28日 実走
自転車:TOEI ツーリング
   

麦ごはんととろろ汁、昔懐かしいご馳走を味わいたくて瑞浪市にある「中仙道 蔵ノ田」へ
行ってきました。昨年春に走った中山道のルートとかぶるため、今回は瑞浪市民公園を
スタートとしてアップダウンの連続を駆け抜けます。自転車はやはりTOEI!
冬とは思えない暖かい日曜日を楽しんできました。
    
 走行距離50km
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2007/01/30)
瑞浪市民公園をスタートして一路県道352号を目指して、月吉トンネルへ!
ところが全面通行止め! 交通整理の方に聞いたところ自転車なら通ってもいいよと言われた
のでお言葉に甘えて歩道を通ってトンネルを抜けます。親切に道の抜け方を教えて下さりとても
助かりました。
   
月吉トンネルを抜けると、そこは10年以上前に
試練のプロジェクトをこなした瑞浪変電所が
見えてきます。
   
変電所脇の細い道に入り田んぼの中をゆったり
と走っていきます。雪も無いし気温もほどほどで
とても良い一日になる予感がします。
   
県道352号を走りMB工舎脇から中街道に入っていきます。目指すは柄石峠!
昨年うっかりして通り過ぎてしまったため今回こそは写真に収めなければ。
   
   
良い感じの林道コースなので自転車で走るには
最高の道です。軽トラが一台通過しましたが
それ以外はまったく人気はありません。
さて肝心の柄石峠ですが、正直なところどこが
峠なのかさっぱり分からなかったです。
ここかな?と思うところを数枚写真に収めておき
家に戻ってからGPSデータを使って調べると、
どうもこの場所のようです。
どう見ても峠には見えないのですが・・・、
まぁ、柄石峠を制覇です。
   
   
松野湖に抜けると湖を管理している方がロケット
花火を飛ばしていました。何をしているのかと
思ったら、どうやら川鵜避けです。
この松野湖は管理釣り場のようになっているの
で、魚を求めて川鵜が飛来してくるのでしょう。
松野湖の周りを一周するコース(7.2km)が
あるので走ってみることにしました。
反時計回りで進んでいくと・・・、
   
半周は車も通れる1.5車線の広さがあります。
橋の上から湖を眺めてみると、渇水の様子が
よくわかります。いつもなら水に中に沈んでいる
大きな石も姿を現してちょっと怖いような景観が
広がっていました。
   
後半の半周は軽トラならどうにか通れる程度の
林道ですが、綺麗に舗装されているので走り易
い道です。落ち葉が堆積しているところもあるの
でスピードの出し過ぎには注意しましょう。
      
湖をぐるっと一周走って気持ち良い快走感を味わった後は、中山道、開元院を目指します。
      
静かな山村の風景を楽しみながら、時々写真を
撮ったり、水溜りの生物を眺めてみたりと、どう
見ても自転車乗りの走りとは程遠い散策を楽し
みます。これが良いんだよなぁ。
   
以外とあっさりと開元院に到着してしまい、予定
の時間よりかなり早いためお寺の散策と、東屋
でのんびりとした時間を過ごします。
   
11時も回ったので目指す「中仙道 蔵ノ田」に
向います。簡単にお店も見つかったので、一番
乗りでお店に入りカウンター席の端っこに座り
「むぎとろ定食」を注文します。
女将さんはちょっと愛想がありませんが、お店は
良い感じですよ。中山道を歩いてお腹が減った
ら是非訪れてみて欲しいお店です。
   
念願の「むぎとろ定食」が出来あがりました。
ちょっと冷めた麦ごはんととろろ汁がたまらない
良い香りを漂わせています。定食で735円、
小盛りの蕎麦も付いてこのお値段ならお安いの
かも! ただ蕎麦のお汁が醤油辛いのが難点
かな!?
後から女性二人連れと、男性二人連れが入っ
てきて、皆さん管理人と同じ品を注文しました。
どうやらお店の人気メニューのようです。
   
   
むぎとろを食べた後にお茶を飲んだからでしょう
か、お腹が張って仕方ありません。
少し休憩してから出発します。
またまた気持ちの良さそうな林道を抜けて中山
道に戻ります。
それにしても一人で走るにはもったいないような
良い道でした。
   
    
中山道に入ったら、昨年の春と同じルートを走る
のであまり写真はありません。
細久手宿にてお決まりの大黒屋に寄ります。
ここ細久手宿は、大黒屋以外はほとんど当時の
面影を残す物が無く、本陣跡、脇本陣跡、高礼
場後などの碑が残っているだけです。
あまり見るところも無いので奥之田一里塚目指
して走っていきます。
   
途中、YZサーキットからの爆音が聞こえたところで、急にあるところに行ってみようかと思い、
標高差140mを一気に下っていきました。
   
   
下った先にはご覧の通行止めのガードレールが
あります。入ろうかどうしようか迷っていましたが
取り合えず歩いてガードレールの先100mほど
進んでみますが「やっぱりやーめた」と心の中で
叫んで引き返します。過去に思い付きで行って
良い思いをしたことが無いのでここは無理せず
当初の予定通りにします。少々臆病風が吹いた
のかもしれません。今度は別のコースを考えて
深沢峡の吊り橋にチャレンジしようかな。
それにしても帰路の標高差140mを戻るのは
さすがに辛いな〜。
   
中山道のルートに戻って、三国見晴台の馬頭
観音様にご挨拶。旅の安全を祈ります。
車もほとんど通らない道をのんびりと進み、坂を
上ったり下ったりとアップダウンを楽しみながら
一里塚を目指します。
   
奥之田一里塚にて休憩しようと思ったのですが
道路のすぐ脇なので写真だけ撮ってすぐに先を
急ぎます。弁財天を眺めながら二股を左に入っ
て行きます。
   
ちょっと開けた場所に到着したかと思った所に
北野神社があります。中までお参りしてこようか
と思ったのですが、先に女性が一人で入って行
ったので止めておきました。
八瀬沢を通り、琵琶峠の石畳の西上り口に到着
するもさすがに琵琶峠を超えるつもりはもうとう
無いので道路を通って東上り口に迂回します。
休憩がてらここでお湯でも沸かしましょう。
   
ほっと一息ティーブレークにするつもりが無い!
そうなのですティーパックを忘れてきました。
もらい物のインスタント珈琲しか無いので砂糖と
クリープをしっかりと入れて苦手な珈琲で一息
いれます。う〜む苦い!
   
前回写真を撮り忘れた「中山道 二つ石」と呼ば
れる大きな石の写真を取ってきました。
鳥帽子岩と母衣岩という大きな岩です。
   
さてどっちがどっちの石だったのだろうか?
確か左が鳥帽子岩で、右が母衣岩だった様な
気がするのですが。。。
   
本日の終点、大湫宿の入り口である高札場跡
に到着しました。
   
隣に建つ大湫宿の石碑もとても立派です。
今日はここまでで帰路に付きます。
   
帰り道は日吉方面から抜けて戻りましたが、豪快な下りの連続のためただ走るだけになってしま
いました。日吉地区では「宿」という名のバス停がいい雰囲気でしたが写真がありません。
この先、県道352号を通って同じ道を戻るのもなんなので、途中から迂回ルートを通り本日最後
の上り道を頑張って上ります。ちょっとしんどかったな。
清掃センター横を通り越すと、また下りが始まります。そのまま瑞浪駅横に出ると県道沿いを走り
瑞浪市民公園の反対側から無事到着しました。
このルート、なかなかお勧めの周回コースですよ。