TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
ひとり自転車の中山道 御嵩宿〜鵜沼宿
        

2007年2月12日 実走
自転車:Bianchi Minivelo9
   

また予定を変更して急きょ中山道を走りに行ってきました。まだ山間部へのチャレンジは
寒そうなので、昨年の続きの御嵩宿から鵜沼宿を目指します。周回コースは難しいので
名鉄で御嵩駅まで輪行して、帰りは五条川沿いを南下することとしました。
昨年のNHK街道てくてく旅 中山道完全走破で勅使河原郁恵ちゃんが歩いていた「うとう峠」
を楽しみにしていざ出発です。
    
 走行距離53km (御嵩宿〜鵜沼宿 24km)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2007/02/18)
名鉄犬山線に乗り新可児行きの急行に乗りまずは新可児駅まで列車の旅です。犬山駅で方向
転換するのですが先頭2両は岐阜行き! あわてて後ろの車両に乗り換えました。
新可児駅にて更に御嵩行きの普通列車に乗り込んで終点の御嵩駅までのんびりとした電車旅を
楽しみました。
   
   
無事、御嵩駅に到着です。
駅の案内に中山道のパンフレットがあったので
早速頂きました。ただ御嵩町内のパンフレット
なので今回はあまり使えないです。
それでも2通ほど頂いてきちゃいました。
あの人とあの人に渡さなくっちゃ!
   
早速、御嵩宿内を散策開始! 商家竹屋の
建物が一番印象的でした。
   
御嵩宿本陣です。左隣にはみたけ館が建って
おり、当時の資料が大切に保存されています。
      
中山道は国道21号に入るため自転車の通行
は大変です。ところどころで国道21号から反れ
るとほっとします。左が国道21号、真ん中から
右手が中山道。
   
国道21号から離れたり戻ったりを繰り返しなが
ら進みます。道の反対側に一里塚の石碑を見
つけたので道路を渡って行くと、比衣一里塚跡
の石碑がありました。
      
   
更に進むと「右 御嵩宿、左 伏見宿」の道標が
あります。
それにしても国道21号は走りにくい。まだ徒歩
の方が歩きやすそうです。
   
   
高倉山古墳から国道21号を反れて田んぼの
中道を走り坂を上った反対側に伏見宿本陣跡
の石碑が立っています。
その隣には傍示杭「是より東 尾州領」が立って
いました。
   
伏見宿から太田橋まではただひたすら国道21
号を進み、途中から右手に反れて行きます。
   
太田橋の手前に今渡の渡し場跡が綺麗に整備
されています。昔は川を渡っていましたが現在
は太田橋ができたことによりとても便利になった
ことでしょう。太田橋を渡り対岸に向かいます。
   
太田橋は歩道が無いのと工事中のため自転車
では走りにくいです。おまけに後ろからトラックが
迫ってくるので大急ぎでペダルを回して必死に
橋を渡ってきました。あ〜疲れた。
      
太田橋を渡ったところに今渡の渡し場に残る石畳があるのですが、見てくるのを忘れてしまい
ました。それと堤防下付近にある一里塚跡も見つけることができずに残念!
そのまま太田宿に入っていきます。
      
太田宿に入ったすぐに見つけた魚屋さんの看板
が素敵でした。カレイかヒラメか知りませんけど
なかなか良い味出していると思いませんか。
   
のんびりと休憩もできる小松屋から中山道通り
を眺めてみます。
   
太田宿の脇本陣はとてつもなく立派な造りです。
それにしてもすごいな。無料で開放されていま
すので是非とも見学して欲しいところです。
駐車場も完備されているので車で来ても安心
ですよ。
   
こちらは本陣の門です。脇本陣があの造りなの
ですから、本陣の建物はさぞ豪勢な建物だった
ことでしょう。
   
   
脇本陣の前には立派な酒蔵がありました。
黒と白の壁が古き日本の象徴の様な建物が
印象的です。
一人の男性がキャンパスに絵を書いてました。
素敵な一枚ができることでしょう。
   
さてそろそろお昼を食べようと思い近くを散策し
蕎麦か中華そばか、どちらにしようか?
   
悩みはしたものの、建物の雰囲気からして間違
いなくこっちだろうと表の扉を明けたら・・・。
   
ぴったしこれは良い! 雰囲気たっぷりのお店
でした。おでんも美味しそうだし。。。
   
   
メニューを見てびっくり! これは驚きの安さで
すし、他の客の品物を見ても量もほどほどに
あります。これで美味しかったら最高だよなぁ。
そんな思いで中華そばと御飯を注文しました。
中華そばのちじれ麺も良い腰だしあっさり醤油
味が美味しいです。これは正解のお店でした。
こんなお店が家の近くにあったらなと思わずに
はいられません。 中華そば350円!
他のメニューも安いですよ。
このお店「円」と書いて「まろ」と読みます。近くに
寄ったら是非とも食べに行ってみてください。
   
お腹も満足した所で、太田宿を出発します。
枡の通りを曲がって行くところに道標が立って
います。太田宿を離れていよいよ次の鵜沼宿に
向う! そんなところでしょうか。
その前にうとう峠がまっています。
   
中山道をそのまま通ると国道21号との並行個
所が多いので、木曽川の堤防道路「日本ライン
ロマンティック街道」を走って行きます。
      
ロマンティック街道も途中から工事個所があり
結局は国道21号を走ることになります。歩道は
反対側にあるので歩きの方は歩道の方へ!
   
トラックが通るたびに風に巻き込まれそうで怖かったですが、カフェテラスゆらぎの看板が目に
入り駐車場に飛び込んでまずは休憩します。
   
カフェテラスゆらぎの駐車場から階段を降りて
このトンネルをくぐって国道21号を渡ります。
   
すると今までとはまったく別世界へと入って行き
ます。ここから「うとう峠」への旧道に入ります。
   
それまでとは打って変わって、木々のざわめき、
小川のせせらぎが聞こえてきます。途中、いろ
いろと道が分かれていますが中山道の案内に
従って進めば大丈夫です。
   
ついに「うとう峠」に到着! 街道てくてく旅で見
た勅使川原郁恵ちゃんの素人っぽい出だしの
映像が思い出されます。
   
   
うとう峠から鵜沼の森方面は綺麗に整備されて
公園化されていました。
そんな所に「うとう峠一里塚」がありました。
それにしても「うとう峠」の両側がこれほどまでに
差があるとは・・・。
   
公園を出て住宅街を通り国道21号に向うのですが、途中、池に沿って右手に曲がって行く所を
そのまま真っ直ぐ進んでしまいました。引き返すのも面倒なのでそのまま国道21号に降りてから
中山道を目指しましたので、少しルートは外れています。
   
鵜沼宿に入り常夜灯と大安寺大橋に無事到着
です。
   
橋の反対側の常夜灯には木の枝が覆い被さり
これまた良い雰囲気でした。
   
   
鵜沼宿の案内板に到着!
本陣跡と松尾芭蕉の句碑が立っています。
他にも古い家並みも残っていますが、この辺り
は濃尾大震災の影響で古い家がほとんど残っ
ていないようです。
自然の猛威によるものは仕方が無いものです。
人の手で壊されるよりもよいのではないかと
思います。
   
       
その後は、いつもの五条川沿いを下り電車賃を浮かせます(笑)