TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
下街道(善光寺街道) 土岐〜春日井
        

2007年6月3日 実走
自転車:Bianchi Minivelo9
   

先週に引き続き、下街道(善光寺街道)を走ってきました。
下街道という呼び名は全国各地に存在するためどこのことかが分かりにくいと思います。
場所は岐阜県恵那市の中山道から名古屋城下に抜ける道になります。詳しいことはあち
こちのHPで紹介されているのでここでは割愛します。
今回は下街道(善光寺街道)のうち、土岐市の馬除場跡から春日井までを走りました。
下街道(善光寺街道)は正規の街道ではないため、木曽街道の様な宿場制も無ければ一里
塚もありません。それでも庶民の街道として親しまれてきた道なので、管理人も往時を振り
返りながらその道のりを旅してきました。
    
 走行距離40km
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2007/06/08)
先週に引き続き、天気も良いので行ってきました! 今日は春日井市の落合公園に車を止めて
JRの神領駅から輪行することにしました。休みなのに学生さんが多く、電車の中ではわいわい
と賑やかなひとときでしたが、管理人はしっかりとうたた寝してしまいました(笑)
神領駅から土岐市駅まで400円、短い時間の輪行ですがこれもまた楽しいものです。
それでは駅からスタートして先週の終点である馬除場跡までの道のりを、朝日を浴びながらのん
びりと走って行きます。
    
先週来た馬除場跡に到着! 今日は朝日を浴
びているので、ちょっと気分が爽やかって感じ
がします。【時刻8:40 標高144m】
   
馬除場跡の石碑の文字がよく分かります。日の
当り方でこんなにも見え方が違うなんて!
自動販売機でペットボトルを買って、いざ出発!
   
住宅街を走る細くて急な坂道に入ります。
名古屋から来れば下り坂ですが、これが結構な
勾配があります。
    
えっこらと上り竹林の中へと入っていくと、良い
感じの街道っぽさが残っていました。
【時刻8:52 標高180m】
   
   
竹林を抜けると自動車道が道をふさいでいるで
はありませんか、う〜む通れんぞ!
道なりの方角を見てみると自動車道を渡る橋が
架かっているのでそちらに行くことにします。
   
くねくね道を上って行くと土岐の街並みが一望
できて良い景色を楽しみ事ができました。
さ〜って、ここからは神明峠を探しに行かなくっ
ちゃ!
地図では、国道19号を渡り東側のすぐ先にあるようなので行ってみるのですが、どうもよく分から
ん! どっかの大学のグランド付近のはずなんだけど・・・。
まぁGPSログもあるので帰ったら分かるか! っと思い元来た道に戻ることにしました。
神明峠と思われるところは【時刻9:20 標高202m】
   
戻る途中、ふとバス停に書かれた文字を見ると
神明峠とあるじゃありませんか!
やった、これで良いのだ(笑)
   
下街道(善光寺街道)に戻り先に進むと、神明
神社なるものがあります。峠と同じ名前なので
神社の名前から峠の名前が付いたのかも!?
   
神明神社の参道を通り抜けると最後に常夜灯と
鳥居がお見送りしてくれます。
   
鳥居を抜けると国道19号にぶつかるので、車
が来ないことを確認して道路を横断します。
   
再度、国道19号を渡り、お寺の裏手を回り込んで行く道があるはずなのですが、残念ながら
採掘場になってしまい通ることが出来ませんでした。仕方がないので明治時代の道に迂回して
先に進みます。
   
   
土岐川を渡ってすぐの所に道標がありますが
上半分が砕けていました。
隣には鰻塚がありますが、これは最近作られた
物です。だって隣はウナギ屋だから。。。
   
堤防沿いの道をゆったりと流しながら良い天気
に感謝しつつ、ふら〜っと走って行きます。
   
古い家並みも残っています。齋藤透記念館と
書いてありました。
   
JA駐車場の前に道標があります。左手から来
て前方に向うのが下街道(善光寺街道)です。
   
道標には「左なごやいせ道」と書いてあるので
素直に左に曲がって行くと・・・。
   
曲がり角に大きな常夜灯が建っています。右手
から来て前方に向います。
   
街道と青空! カーブミラーが無ければ良いの
だけれども。
   
   
曲がりくねった街道の道筋がよく分かります。
   
富士見町に入り、これから内津峠に向って行き
ます。初めての内津峠なので楽しみ!
   
小学生の男子が二人、カッコイイ子供MTBに
乗って内津峠に向って行くので後ろから応援し
ながら走って行くと、国道19号のトンネルが見
えてきました。
   
坂を上ってピークを過ぎて少し行くと内津峠の
案内板がありました。有名な峠ですが、少々、
期待外れって感じでした。
【時刻11:10 標高241m】
   
   
内津峠から一気に下って行くと内々神社に到着
です。ここでしばし休憩することにして、木陰に
入ると涼しい風が流れて気持ち良い!
【時刻11:20 標高186m】
   
春日井市の明智町にある道標、これも何て書い
てあるのか読めない!
【時刻11:40 標高99m】
   
更に進むとこちらには坂下町の道標と常夜灯が
あります。今来た道を振り返ったところ。
   
さてこの先、気の無いまま進んだせいなのか、道を間違えてあらぬ方向に行ってしまいました。
地図と見比べてもしばし自分のいる所が分からないので、気になる場所まで戻ることにしました。
戻ってみたら、やっぱり道間違えていました。。。 気疲れしてしまい、ちょっと写真ありません。
   
   
永井製糸工場跡の前で!
これが工場跡なのかと思いつつも、その時代は
繁栄の時代を作った繊維工場なのですね。
今はひっそりとしたものです。
   
街道沿いに立っている下街道(善光寺街道)を
示すとても重要な案内板がありました。
   
早い話がこの道は正規の街道ではないので
通ってはいけないと言う趣旨の文面です。
   
   
尻冷やし地蔵尊で手を合わせてきました。
横にある小さなおじぞうさんは道標の役割もして
いました。残念ながら写真撮り忘れた!
   
馬頭観音のところから下り坂が続きます。
下の方ではカメラを構えたバイク乗りの兄さんが
いますので、そしらぬふりして通り過ぎちゃいま
した。どうもカメラは苦手なのでごめんねぇ。
東名高速道路を抜けて少し行った所で今日は終了です。【時刻13:10 標高33m】
   
この先は、春日井〜勝川〜庄内川を渡って名古屋城下に入って行きます。
この先はまたいつの日か・・・。