TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
津島上街道 かき氷 蓮の花 たこ焼き
        

2007年7月1日 実走
自転車:赤 Brompton T6
   

夏だ、暑いぞ、かき氷だぁ! 一人で勝手に決めて氷巡りに行ってきました!
目指すは津島市方面の氷です。津島上街道を走って津島市までの道中にある
「珈琲 茶夢」ではおばちゃんパワーにあっさりと退却・・・、津島市内の「和菓子の三木屋」で
今年初の宇治金時を賞味しました、美味しい!
その後は蓮の花を眺めながらたこ焼き食べて、木曽川を眺めながら和菓子3個食べてと、
あれれ食べてばかりだ。。。
帰りは名鉄電車で輪行して、更に甚目寺では黒蜜かき氷を味わい、いや〜お腹ひえひえの
一日になりました。
    
 走行距離50km
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2007/07/07)
美濃路と津島上街道との分岐がある、新川までの道のりを梅雨の晴れ間の青空の下をのんびり
と走っていくことに!
    
美濃路との道標、元々はもう少し西の方に立っ
ていたのですが、新川開拓の碑と合わせてこち
らの広場に移されていた。道標に書かれた
文字は「左なこや 右つしま」かな?
   
元々、道標が立っていたのはこちら。今現在
残っているのは「明治百年記念植樹」だけ。
でも植樹された木ってどこにあるのだろう。
   
新川の街並みは、小さいながらも昔の街道を思わせる曲がりくねった道が残っているし、交通量
もほとんどないので歩いてみるのも良いかもしれません。
   
住宅街を抜けると、右手に赤い門の長谷院が
見えてきます。門の両脇には仁王様が睨みを
きかせていました。中に入るとこれは多宝塔じゃ
ないですか! これは良い物を見ることが出来
てラッキー!
    
五条川を渡り甚目寺商店街に入っていくと
古い家がちらほらと建っている。酒屋のひさしに
も良い感じに古さを感じさせる看板が立っている
ので見ごたえ充分である。
   
道はそのまま甚目寺観音の境内へとつながって
行くので、中に入り鳩とたわむれながら参道を
歩いていくと、立派な三重の塔がお出迎えして
くれます。日本で有数の三重の塔らしいですが
いったい何番目に高いのかな?
   
門の前には道標が二つ建っており、右のは
「右つしまみち 左さやまじまみち」なのかな?
左の道標はかなり傾いていてこちらはさすがに
読めない。
   
甚目寺商店街のアーケードを抜けて西へ西へと向っていく。和菓子屋が多く、寄り道してみたい
気もするが先を急ぐ事に!
   
   
名鉄津島線の踏み切りを渡り、左に曲がって
いくと、ここからしばらくは線路に沿ってずっと
ずっと西を目指すことに!
   
ここからは街道とは思えないような真っ直ぐな
道が続くが、静かな田園風景が広がりのんびり
とした風情が味わえる。いくつかの小さな川を
渡りながらしばらく同じような景色が広がって
いる。
   
   
しばらく進むと、木田の街並みに入る。この辺り
は古い家が多く残り旧街道らしを感じさせてくれ
るところが嬉しい。
   
西尾張中央道の高架を渡りヨシズヤまで進んだ
所であることを思い出し、慌てて西尾張中央道
近くまで戻る事に!
寄り道して進路を南に移して神守町交差点まで南下する。交差点から西へ200mほど進むと
「珈琲 茶夢」という喫茶店があるので中を覗いてみると、席は満席ですべて地元のおばちゃん
達が占拠していた! ここは氷の美味しい喫茶店ということで「トーキョーウジキントキ」でも紹介
されているお店なのだ! しか〜し、この現状ではさすがに突入する事も出来ずあえなく退却する
ことに、また次回の楽しみということで。
    
そうなれば元の道に戻るとして、田んぼ道や住宅街の間を抜けて西尾張中央道との交差点まで
移動する事に、ここから再度出発する。
   
ヨシズヤを抜けてしばらく進むと、突き当たりと
なり右隅に道標が立っている。これが綺麗に
コンクリートの台座に乗っているではないか!
かなりアンバランスな感じなのが残念。
「左つしま道 右なこや道」
   
突き当たりを左に曲がると、道はまっすぐ続いて
いる。少し進むと左側にくずもちの案内が・・・。
ここで負けては行けない! 目指す津島のお店
までは口にする訳にはいかないのだ!
   
   
勝幡のうなぎ なまずのお店から微かではある
が美味しそうな匂いが漂っているのでちょいと
見学することに。
看板が可愛らしい「さくら屋」、今度は是非とも
食事時間に寄ってみたい。
   
すぐ目の前に日光川、橋を渡って右に折れたら
道なりに進んでいくことに。
   
曲がり角に大きな黒光りした古い家がど〜んと
建っています。
   
格子が立派な家も健在、津島に近づくにつれ
街並みも往時の雰囲気が残っているところが
嬉しい。
   
   
津島上街道で一番の街並み保存地区に到着、
格子、うだつ、瓦、重厚な重みがさすがと感じさ
せてくれる。
さすがだと思うのは中日新聞の販売店、よくぞ
ここまで雰囲気を出してくれているものだと感心
せざるを得ない作りである。
   
それにしてもこの津島上街道には和菓子屋が
多い、誘惑が多く負けそうだがもう少しの辛抱!
   
小さな路地の片隅には清正公社への道標、
あの加藤清正公ゆかりの神社がある。
   
こちらは「上切の井戸」、江戸時代から残る井戸
が今なお残されている。
   
   
旧津島信用金庫の建物の前にある、瓦と追憶
つしまの案内板、これもまたおつなものだなぁ。
   
旧津島信用金庫の建物は大正時代頃の銀行
によく見られた建築様式のようである。
   
   
旧上街道の案内板、そろそろ津島神社が近づ
いてきます、それにしても和菓子が・・・。
   
津島神社参宮道の道標、これまで何回か見た
ことありますが、相変わらず大きい!
   
   
津島神社参宮道を右に曲がらずに、真っ直ぐ
行ってみると、あれ!屋根神様を発見!
これはラッキー、津島には屋根神様があるとは
思わなかったので、何気なく真っ直ぐ進んでよか
った。
   
天王川公園の横を通り一度津島神社の鳥居ま
で進み、これからの予定を再確認することに!
まずは三木屋を探しましょ!
   
天王通りに出てみると、あっさりと発見!
氷の目印もあるので早速中に入って、氷をお願
いすることに、先に注文して中の茶房に腰掛け
てしばし待っていると・・・、
   
来ました〜、宇治金時がやってきました。でも
トーキョーウジキントキのHPに乗っていた氷の
量と違う!半分くらいしかないんじゃないのかと
思うほど量に、かなりがっくり・・・。
   
それでもあずきは粒がしっかりと残っているし量も多い、抹茶もしゃかしゃかとといだ感じが美味し
そうである。シロップはちょいと甘めかな、お味は満足なのだが、やっぱり量が・・・。
帰りには和菓子を3つ買い込んで、後のおやつに。
   
   
気を取り直して、津島神社正面に出た通りにあ
る「たこ秀」に寄り、12個300円のたこ焼きを
一皿買って、立田の蓮の花を見に行く事に!
このたこ焼き屋は結構有名らしく次から次へと
お客がやってくる繁盛ぶりでした。
   
国道155号を通り抜けて立田庁舎あたりを目指すものの、ここはどこだ!? よく分からんので
適当に蓮の花を見ながらうろうろとしていると木曽川の堤防が見えてきたので引き返すことに。
   
あちらにもこちらにも、一面 蓮だらけなので
いろいろと見て回っていたら、車が集まる場所
を見かけて寄ってみると「立田赤蓮根」という
有名な所にでくわしたので、他の方と混ざって
一緒に撮影会をすることに。
    
うすいピンクの花びらが綺麗に広がっている
この花が一番のお気に入りかな!
他にもいろんな種類の花が咲いていた。もう少し
で満開って感じだろうか。
   
白い蓮の花も清純そうでいいねぇ〜
蓮の花は良いけど、あのピンクの塊は何とか
ならんのかねぇ、ジャンボタニシの卵が景観を
台無しにしているのが残念でならない。
   
こんなのも・・・、失礼! これはたこ焼きです。
2個食べた後なので10個しかないですが、柔ら
かくて美味しかった!
   
堤防に出てみようと思い、あちこちからアプロー
チしてようやく上り道を発見!
用水路に流れる水が涼しさを感じさせてくれる。
   
堤防に上ると、木曽三川公園のタワーと立田
大橋のアーチが見える。しじみ取りをしている人
もちらほらと。この辺りは昔、大成渡船があった
ところで、碑が建てられていた。
   

木曽川と長良川を挟んだ背割堤の松の木が今なを立派な姿を残してくれているのが嬉しい。
堤防に座り込んで、三木屋で買った和菓子を頂くことに、お昼ごはんがないので一気に3つ食べ
ちゃったよ!
   
さてここから帰りのルートをどうしようかと考えるも、かなり走ったのでやはり電車で帰ることに!
津島駅まで戻り、名鉄津島線に乗る事にして、自転車畳んで輪行の準備。やっぱりブロは畳むの
早いのでと〜っても楽です。でも重いのが難点だけど・・・。
   
   
がらがらの電車に乗ってほっと一息、冷房が
ひんやりと利いた車内は、適当な揺れと相俟っ
て良い気持ちになっていきうとうとと。
それでも甚目寺駅に到着する前に目が覚めて
乗り過ごすことなく無事に電車輪行終了!
   
何故に甚目寺駅で降りたかと言うと・・・、それは
やっぱり氷だよねぇ。
   
昨年も2回ほどお邪魔した「和菓子屋若不老園」
に寄って行きます。お店の前には氷のはたが
ひらひらと誘ってくれるので、お店の中を覗くと
1グループのみで席も空いていました。
   
早速、メニューを眺めてあれこれと迷った挙句
選んだのは、昨年と同じ黒蜜に白玉をトッピング
やっぱりこれがなきゃ! 氷に白玉は欠かせま
せん! あずきも好きだけど白玉のぷるんとし
た触感が大好き!
   
念願の今年の初氷、三木屋と若不老園の二つを平らげて、ちょっとお腹ひえひえの自転車日和
でした! 夏の間はやっぱり氷だな!