TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
山超え 川超え (特)カツ定食
        

2007年8月18日 実走
自転車:TOEI ツーリング
   

まだまだ暑い土曜日、遠出はできないので犬山辺りをぶらっとしてみることとしたが、
そのまま美濃太田まで出て(特)カツ定食を食べにいく事に!
今回も街並みあり、山道あり、おまけに草ぼーぼーの世界に突入するなどしながら
木曽街道、中山道を交えて走ってきました。
それにしても暑い!
    
 走行距離 39km
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2007/09/16)
木曽川沿いの駐車場に車を止めてまずは犬山市内をぶらりと散策することに。いきなりの暑さ
なので、氷のはたを探しながらあまり通らない道に入ってみる事に、知らないからこそ楽しめる
いろんな景色を堪能してきました。
    
   
古びた土塀や蔵を眺めつつまだ静かな通りを
くねくねと曲がっていると、屋根の上に看板を
上げた家を発見。看板には「忍冬酒」と書かれ
ているので酒蔵のようなので覗いてみると・・・。
酒は江戸地代初期からの醸造法で犬山の名産
品とのことである。建物は明治の濃尾地震にて
損壊し、一部は古材を使って再建されたと書か
れていた。
   
グングンと暑さが増す中、氷のはたがひらめいているのを見つけたので吸い寄せられるように
行ってみると、ここは「玉冨久」じゃないですか! 早速入ってみようと駐車場に自転車を止めて
いるとご主人らしき人が開店準備をしていたので挨拶すると・・・、返事無し。あれ?お店の人と
違うのかな?
   
まだ開いていないようなので待っていると女性の
方がお店を開けてくれたので早速入ってみみる
ことに、あれ?さっきのご主人やはりこのお店の
方だった。どうもご夫婦そろって無愛想!?
いえいえ朝からいきなり突撃した管理人を見て
怪しいやつだと思われたのかも。
    
メニューを見て「宇治金時+白玉」を注文!
お茶を溶いている音、氷を削っている音が良い
ですねぇ、しばらく待ち運ばれてきたのがこれ。
氷の中から白玉とあずきがチラッと見えるので
すが、個人的にはどかっと乗っている方が好き
かな!氷はふんわりとして美味しかった!
   
クールダウンして外に出るも、あっという間に暑さがぶりかえしてくるような日差しが強いので
日影を探して成田山に行ってみることに。
   
階段の下からお参り、不届きものですね。
   
モノレールが走っていましたのでパチリ!
   
   
成田山を出て山を越えて尾張パークウェイに
入っていきます。歩道を走っているので通行料
金無しで全線走れますよ!
今日は途中まで走っていくことに!
それにしても暑い、くどいようですが暑い!
数日前の温見峠も暑かったが、犬山の方が
格段に暑さを感じるのはやはり街中のせいなの
かもしれない。
   
   
名鉄電車が走ってきたので慌てて一枚パチリ!
田んぼの緑が綺麗だなぁと思いながら景色を
眺めていたい気分ですが、暑いので先に進む
ことにして、尾張パークウェイから降ります。
歩道には専用の出入口があるのでそこから
下りていくことにした。
   
善師野駅の周りを通って山の中に進むのですがどうも道が分からないので、適当に走ってみる
ことにしたら・・・。
   
   
栗の木がたくさんあった。いがいがも付いている
ので今年は豊作かな!?雨が少なかったので
心配していたが今年も沢山実がついているよう
なのでちょっと安心した。
この先どんどん進むも、離れて行くばかりなので
元に戻ることとした。
   

またぐるぐる回っていると、見覚えのある木曽
街道が見えてきたので一里塚の碑まで戻って
みると、ちょこんとおじぞうさんと一里塚の碑が
あった。久しぶりの再会に嬉しいものである。
5月に比べると草が伸びているので、この先の
山道は大丈夫かな?少々心配しつつも木曽
街道をそのまま走っていくことに!
犬山散策のはずが岐阜に入ってしまうぞ!
   
   
山道に入り自転車押して進むと池が見えてきま
した。日差しの加減だろうか、池の色が緑色に
淀んでいるように見える。
さすがに釣り人も、ハイキングの人もいない。
   
   
更に山道に入っていくと、草が伸びて道が狭く
なっているが通れないわけではない、でも何か
出てきそうな雰囲気がある。大丈夫か!?
乗って走れないこともないので、行ける所まで
乗っていくことに!
   
石拾峠までなんとか上りきりしばし休憩、この先の道は更に草が生い茂っており通れるのか心配
しながら下って行く。すると道はあるものの草が伸び放題で地面が見えない状況になってきた!
もう数百mくらいだからとそもまま突っ込んで行くと!
   
おぉー! 無事に草むらから脱出成功!
振り返るとこんな感じ、このあたりは山ヒルとか
いないようなので助かる。
   
舗装路に出て可児市方面に抜けて行くとゲート
が見えてきた。通過して振り返ると「通行止」の
文字が、あれれ上るときは何も無かったのに。
   
そのまま木曽街道を走り、美濃太田の太田橋まで到着。ここまできたらあそこで昼を食べようと
思い、木曽川を渡り太田宿に入る。
   
あそことはやはりここ「円」。少し時間が早かった
ので太田宿の資料館で時間つぶしてから入るこ
とに! 11時ぴったりに入ったはずなのにすで
にお客さんいっぱいですわ!
   
お目当ての(特)カツ定食を注文して、お茶を飲
み干して待っていると、来ましたー!
いつ見てもこれで450円はお得でしょう。暑い
昼下がりにカツ定食でお腹一杯!
   
美濃太田ではお祭りの準備でおお賑わいでした、夜には花火も上がるようで若い人達が張りきっ
て屋台やら準備に大忙しだったのが印象的。
   
賑わいを避けて太田宿を抜けると静かな木曽
川堤防道路を掛け抜けて行くことに。
いやはやくどいようですがやっぱり暑い、東屋で
少し休憩。
   
先っぽの方がよく見えませんが「ロマンティック
街道」と書いてあります。5月に通った時は終点
付近で工事中だったが、今はどうなっているの
かな?
   
   
木曽川の流れではカヌーの人達がのんびりと
流されています、気持ち良さそう。
ロマンティック街道の終点付近は工事も終わり
綺麗に整備されていました。もしやこのまま国道
21号沿いを走っていけるのだろうか?そんな
期待はあっけなく崩れ去り、勝山の交差点手前
からは国道を走っていくことになる。
反対側には歩道があるのだが、中山道を通る
にはこちら側を走っていくほうが無難なので、
トラックやバスに追いかけられながら突っ走って
行った!
カフェテラスゆらぎの看板が見えたら駐車場に入り、国道をくぐってうとう峠への道に入っていく。
   
そしたらいきなりこんな道になった。国道を走っ
てきたあの雰囲気から一変して山道へ!
イノシシが出そうな感じがするぞ、ほんとに大丈
夫か???
   
一度通ったことがある道だから行く気満々だけ
れども、初めてだったらかなり躊躇したに違い
ないだろう。結局何も出ないままうとう峠が見え
てきて一安心。
   
   
緑が濃くなってきているがうとう峠あたりは綺麗
に整備されている。さすがに歩いている人は
いないけれど。
公園側に出た所で自販機で水分補給、一気に
500ml飲んで飲んで生き帰ったような感じ!
真夏の昼下がり、この暑さの中を汗掻いて自転
車に乗っているのはまだしも、こんな道から出て
くる自転車乗りは、やはり危険人物なのだろう
か? 図書館から出てきた親子が管理人を見た
とたんに足早に離れて行った・・・。
   
   
木曽川のツインブリッジから犬山城を眺める。
日差しは暑いが川風が気持ち良い!
犬山に戻って来た、無事に戻って来れて良かっ
た、と思うような道を走ってきた証拠だろう。
500mlのペットボトルを4本飲んでもまだ足り
ないので、犬山の通りに戻ったらまた氷のはた
を探そう!
   
どんでん館前のお店に、一段と大きな氷の暖簾
がひらめいていたので入ってみるとこれが良い
雰囲気だった。高校野球を見ているひまそうな
おやじさん、エアコンなど無く扇風機が回る店内
こういうお店でかき氷を飲みたいと思う。
   
メニューを見ると・・・、ここは普通の氷だなと分
かる、お茶を頼んでしばしまつと屋台のかき氷
の雰囲気いっぱいのかき氷が登場。
これが庶民のかき氷なんだろうな、玉冨久の
ようなかき氷はお殿様向けか!?
   
それにしても楽しい道だった、こんなに変化に富んだ道が楽しめる犬山って素晴らしい!