TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
祖父江のイチョウ散策とお千代保さん
        

2007年12月9日 実走
自転車:Bianchi Minivelo9
   

きさ家のお二人と1年ぶりに遊んできました。今年もフジパン 秋のミッフィー ふんわり
ブランケットをゲットしたのでプレゼントもかねて出かけてきました。
秋から冬へと移り変わっていく季節なので、祖父江のイチョウ散策とお千代保稲荷でお昼を
食べてきました。
    
 走行距離 31km
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2007/12/14)
祖父江緑地公園にて待ち合わせ、1年ぶりの再会、今度で2回目の顔合わせなのです。
挨拶もそこそこにさっそく一番の目的であるふんわりブランケットをプレゼント、喜んで頂けて
こちらも嬉しい!
今回、管理人はビアンキ ミニベロ、ダーさんはBD−1、きささんはブロンプトンの小径車トリオ
にて出発です。でもこの組み合せなら管理人も赤ブロを持って行けばよかったかな。
     
   
祖父江の街並みは・・・、ほんとに久しぶり!
新しい道も出来ているので少々迷子状態になり
ながらも祖父江善光寺に到着、銀杏の木は無
かったけれどボーイスカウトの皆さんのバザー
があるよう。きささんがあれってもしや餅つきす
るのかな!? 確かに臼があるし湯気が上って
いるので間違い無さそう! ボーイスカウトの皆
さん集合してボーイスカウトの歌?を歌ったりし
て開会式をしていました。さすがに出来あがりを
待っているわけにもいかないので出発します。
   
黄色いイチョウを探しながら祖父江の街を山崎駅方面に進んで行くものの、どうも盛りが過ぎて
いるようで、落葉している木、葉がしなびてしまっている木などが多くてちょっと残念な感じ!
それでも時折、黄色い世界を見せてくれる所もあるので良かった。散り果てていたらどうしようかと
思いましたが、なんとか良さそうでした。
   
午前中は青空をバックに黄色いイチョウが朝日
に照らされて綺麗でした。
   
山崎駅手前の小さな踏み切りを渡ると警報機が
鳴り出したので一枚撮らなきゃ!
   
旧尾張サイクリングロードに出てみると、あちゃ
〜残念、半分以上散ってしまい葉もしなしなでし
た。それでも一本の木だけ、何故か銀杏の実を
沢山付けている木があるのだから不思議!?
   
こんなに沢山実を付けているのに誰も取らない
の? 上ばかり見て写真を撮っていたら・・・、
ぐちゃっと落ちた実を踏んづけてしまいました。
それも何個も! 匂いが取れるか心配だな!
   
   
先週まで「黄葉まつり」をやっていましたが今日
の会場跡は静かで誰もいない。祐専寺の山門を
くぐると、大きなイチョウの木がありますがすっか
り落葉したあとでした。それでも黄色い絨毯が
綺麗でしたよ。
   
きさ家のお二人の定番の場所は、まだまだ葉が
たくさん付いていて、待っていてくれたようです。
ここは民家の玄関前の道ですが少しお邪魔させ
ていただき、黄色い世界を楽しんできました。
   
空には雲が広がり始めてきたので、青空が広が
る方向を狙って撮ってみましたが、日が差し込
んでいないので黄色が暗くなっちゃいました。
   
上屋敷の交差店を北へ向うと、後ろを走るきささんが呼んでいるので右手を見ると、平飼いの
養鶏場があります。何度か前を通ったことがあるのですが、今まで入った事は無いのです。
寄っていきませんかとのお声をかけて頂いたので、管理人も初の平飼い養鶏場訪問することに
しました。
   
養鶏場のお店はこんな感じで、どこから入るん
だ?  ダーさんが扉を開けて入っていくと!
   
思ったよりお洒落なお店になっていました。
ご夫婦がタマゴの選別作業をしているところ!
   
ダーさん、きささんがご夫婦と話していると、中のニワトリ達を見ていきませんか?とお声を掛けて
頂いたので遠慮無く見学させてもらいます。通常は5月〜11月までですが今回は特別のご配慮
に感謝しなくちゃ!
   
   
消毒液の水槽に入ってから中へと入ると・・・、
うぉ〜すごい、タマゴがたっくさんある〜。
こちらの鶏舎は一番若い娘さんたちです。
顔も羽根の艶も綺麗でしたよ。
平飼いと言ってもここのニワトリ達は地面に生む
わけではなく、写真の産卵場所に上がって生む
のだそうです。それなりの躾をされているとのこ
と。でもたまには地面に生むのもいるそうですけ
どね。
娘さんたちを庭に出してくれました。扉が開くと
いっせいに飛び出してきましたよ。
   
うぁ〜出てきた出てきた! こちらの扉にもやっ
てきたので逃げ出さないよう扉は閉めましょ。
   
   
水は自然の雨水を好むようで、くぼ地にできた
水溜りに集まってきます。30分くらい見ている
間に水溜りの水が無くなってしまうくらい、良い
呑みっぷりでした。それにしてもお尻の形が
いいねとつぶやいたら・・・(爆)
   
ここ「歩荷」には3000羽のニワトリがいて3つ
の鶏舎に若い娘からマダムまで分けて飼育され
ています。見比べるとその違いに驚きますが
マダムの方が砂をよく食べているような感じでし
た。
ご主人がペットとして飼われている「さくらちゃん」と「かすみちゃん」は少し色が白いにわとりです。
他のにわとりにいじめられてしまうので外に出しているそうです。ニワトリの世界でも苛めがあると
のことで、どこの世界も同じだなと思うのでした。
   
きさ家は一羽分のお肉と6個入りタマゴをお買い上げ、管理人は6個入りタマゴを買おうと思った
らきさ家のお二人からプレゼントしてもらいました。ありがとうございます。
   
旧尾張サイクリングロードを走って西中野に向い、11時30分が近いけれど間に合うかな!?
11時29分に到着、丁度、向こう岸からお客さんを乗せて到着したところだったので、お願いし
てみたらOKとの嬉しいお言葉を頂いたので、早速自転車と一緒に船に乗り込みます。
   
時間が無いのでいつもより飛ばすよ、と船頭さ
んの声とともに第五中野丸は勢いよく出発しま
す。久しぶりに渡し舟に乗りましたが水面が近く
て水のしぶきが気持ち良い!
  
乗船中きささんはアンケートを書いていました。
岐阜県側に到着、船頭さんにお礼を言って分か
れます。アンケートをやっているなんて初めて
知りました。
   
公園、駐車場になっているところから堤防へ上
がりますが、さすがにブロは重いのでなかなか
上がらないので、皆で押して上がって行きます。
   
遠くに見える伊吹山の山頂にはすでに雪がすっ
ぽりと被っていました。枝豆畑が広がる農道を
ゆっくりと走っていきます。
   
大須観音に寄ってお参り、きさ家のお二人は
初めて来たとのことであちこち見学されている
様子。
   
南濃大橋を渡って目指すはお千代保さん。
お千代保稲荷のことを、この辺りでは親しみを
込めてお千代保さんと呼ぶんですよ。
   
   
一昨年も見かけたロール状の干草。
ケルン牧場の牛達が食べるのかな!?
赤い鳥居が見えてきたので、そろそろ急ぎ足! お千代保さんにまっしぐらです!
   
   
まずはきささんお目当ての麩まんじゅう、この時
期は一番お気に入りの黒ゴマ麩まんじゅう!
いつ食べても黒ゴマの香ばしい香りがとっても
美味しいです。
お土産ようのとも思ったのですが、持ち帰りに
つぶれてしまいそうだったのでまた次回のお楽
しみ!
   
お昼はサービスランチのメニューに誘われて
どて丼と串カツ! ダーさんは串カツ定食、きさ
さんはどて丼、ほかにもホルモンやコロッケなど
いろいろと注文します。キャベツは串カツの定番
ですねぇ。
       
あったかご飯にどてが美味しい!
店の奥様のお子さんが眠いようと駄々こねてい
ましたが、さすがお母さんは要領を得てますね。
可愛いお嬢ちゃんでした。
   
きささんはさすがあれこれと食べ歩いていました
さすがだ! 暖かそうな鬼まんじゅう、お店の
女将さんが写真撮るならこっちの蒸している所
をお撮りなよとふたを開けてくれたものの、蒸気
で真っ白になっちゃった! 分かるかな!?
   
山田屋のみたらし団子、あっさり醤油味でした。
ここで買った草餅は九州屋の草餅とのこと。
きささんがっかりしていました。
きささん、このあとケルンのジェラートまで食べて
ましたねぇ、管理人はさすがに寒くて・・・。
   
そろそろ帰りましょうかということで横道に目を向けたら・・・、おっとちゃりきの事務長さん、その
後ろには跳ね馬さんも、これはお久しぶりです。ちょっと嬉しい出会いでした。
   
   
自転車に戻るとお二人の自転車がありました
ので一枚パチリ!
帰りも渡し舟にしようかとも思ったのですが、管理人は16時までに家に帰らなければならないの
で、申し訳無いけど馬飼大橋を渡って帰路に付きます。橋へのスロープを上って行く途中、左下
に何やらの渡し船跡の碑がたっていました。う〜む気になるけど、また次回のお楽しみ!
  
えんやこらと馬飼大橋までのぼると、きささんが
少々お疲れ気味、最近自転車乗っていらっしゃ
らないようなので疲れたのでしょう。
やっぱり渡し船の方がよかったかな。
   
馬飼大橋から見える138タワー。木曽川には
あちこちにワンドが広がるので景色が楽しめ
ますね。もう少しで祖父江緑地公園に到着!
今日は楽しかったぁ。
   
1年ぶりに遊んでいただいたきさ家のお二人に感謝しつつ、来年もフジパン、ガンバリまっせと
思うのでありました(笑)