TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
さくら・サクラ・桜 五条川の桜
        

2008年4月6日 実走
自転車:パスハン
   

ここ数日、通勤帰りにご近所の桜を見に行ってきました。五条川の桜も清須市清洲から
春日町まで満開の桜を楽しんできたところです。
今日は日曜、そして快晴の自転車日和なので、五条川の桜を岩倉市から犬山市まで
一気に上ってみようと出かけてきました。
毎年、ちょこちょこと見には行っていましたが、下流から上流まで一気に桜散策したことが
ないので初めて見る風景を楽しんできました。それにしてもさくら・サクラ・桜とえんえんと
続く桜並木はすごかったぁ!
    
 走行距離48km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2008/04/09)
岩倉市の生田橋からスタートします。この辺りは川の片側だけに桜並木が続いています。
岩倉街道のおじぞうさんに見送られて、いってきま〜っす!
   
   
すぐに名鉄犬山線の小さな踏み切りへと行くと
三脚カメラを立てて二人の男性が一枚を狙って
います。名鉄の時刻表まで持って本格的でした
よ。
丁度踏み切りが鳴ったのでデジカメ構えて待っ
ていたら何とパノラマが来るではありませんか!
かつての特急も今は普通車両になっていました
が、これは嬉しい一枚でした。
   
遊歩道の上に覆い被さる桜並木が続きます。
歩行者優先で、のんびりと行きましょう。
   
幼川橋から上流側を眺める景色。公園では
宴会の準備が始まっていました。
   
少し上流部に昨年作ったワンドですが、その
有効性はどうなのでしょうか?
   
岩倉市では桜まつりが開催中です。ライトアップ
のスポットライトが設置されていました。夜はま
た違った景色を見せてくれることでしょう。
   
   
とにかく露店の多いこと。朝早いので開いている
お店はありませんが、そろそろ準備に入り出す
ようで人が集まってきていました。
途中からは川の右手側のみに露店が集まって
いたので、左手側を選んでのんびりと歩行者
優先で走っていきます。
   
川面に届きそうな枝振りがあちこちで見ることが
できます。ソメイヨシノの寿命が60から100年
とか言われていますが、ここ岩倉市の桜はすで
に50年くらいは経っているはず。
   
今後は保存と新しい芽を作っていかなければ
いけない時期に来ているようです。
鴨も朝ご飯に忙しそう、つがいなのでしょうか、
可愛らしい姿が微笑ましい。
   
あぜ道をのんびりと走っていきますが、歩行者
にしてみればやはり危ない存在になってしまう
ようです。菜の花と桜が奇麗ですね。
   
小鳥のさえずりが聞こえてきたので見上げてみ
ると、一本の桜の木にだけ鳥が集まっていまし
た。よっぽど美味しい蜜があるのでしょうか?
   

岩倉市の街中から抜け出し江南市に入ったら、えんえんと続く桜並木が遥か遠くまで見渡せるの
がいいなぁ。五条川の桜並木の中で一番好きな風景です。遊歩道に上に桜の屋根が出来たよう
で奇麗! 人通りも少なくなってきて、のんびりと過ごすには絶好の場所です。
   
川岸は護岸されていますが、ところどころに土や
草が生えた小さな中州があり、自然が残ってい
るところが嬉しい。
   
田んぼの休耕地かな? 菜の花の一面黄色い
世界が広がっていました。
    
大口町に入り、堀尾跡公園にある裁断橋と桜と
常夜灯、雰囲気があります。
   
白くて可愛らしいユキヤナギが目いっぱいに延
にています。鴨がゆらゆら泳いでいる姿も可愛
らしい。
   
大口町の桜並木にもぼんぼりが飾ってあるので
夕方からはほのかな明かりが灯る事でしょう。
   
堰堤で川が堰きとめられた上流は、川面がしん
と静かです。桜の姿が川面に写り込んでほんと
に奇麗!
   
木津用水との合流点から五条川の下流を眺め
る風景もまた一段と美しく感じます。
   
国道41号を超えて尾張広域緑道との交差点で
少し休憩。
   
   
五条川の雰囲気も少しづつ変り始め、郊外の
里川っぽさがあります。
ここも堰堤に桜の花びらが、川面一面に集まっ
ています。白にほんのりとピンクが混じり、この
季節ならではの景色です。
   
舗装路からあぜ道に変り、雰囲気もばっちり。
   
ウォーキングしている方々との挨拶もうれしい
ものです。
   
鴨がいたので覗いてみたら、大急ぎで逃げて
いかれちゃいました。
   
日差しが降り注ぐ大地からたんぽぽが!
こういうところが近くにあると嬉しいなぁ。
   
犬山市に入り、桜の枝振りが更に大きくなって
きたように思います。
   
新郷瀬川との分岐地点に五条川改修完成記念
の碑があります。もうすぐ入鹿池も近い!
   
田んぼの中道を走り入鹿池に向いましょう。このあたりの五条川には桜の並木はありません。
先ほどの碑の辺りから植樹されたのでしょう。
   
入鹿池についたら・・・、さすがにワカサギ釣りの
ボートはいませんね。バス釣りの方をちらほらと
見かける程度でした。
   
池の周りにも桜の木があり一面に満開でした。
五条川と言えば、入鹿池の反対側に上流部が
あるのですが桜はあるのかな? 
   
   
上流部に来てはみたものの、ここからは自然林
が続くので、桜はないでしょう。あっても山桜が
数本自生している程度でしょうから、ここで五条
川の桜散策は終了とします。
   
入鹿池に戻ってお昼でも食べましょうか。
   
ボート乗り場の反対側にも釣り人は多いですが、やはりバス釣り、へら釣りの方のようです。
ロード乗りの集団が一気に走り抜けて行くわ、オフロードバイクが八曽に入って行くわと、皆さん
楽しんでいるようです。
   
ボート乗り場に戻る途中、車から自転車を出していた人が先方に見えたので近くまで行きこんに
ちはと挨拶するも、気が付かなかったようで走り初めて行ってしまいました。どう見てもランドナー
かスポルティーフっぽかったので少しお話したかったのに残念。
ガンメタっぽいフレームはTOEIのようでしたが。。。
   
入鹿池のボート乗り場に下りて芝生に座り込みお昼を頂きます。暖かな日差しが暑いくらいの
陽気になり、春真っ盛りといった感じでしょうか。
   
   
帰りはどこから戻りましょうか。
大縣神社経由で小牧方面から戻る事にしまし
た。どうせなら少しでも走ったことのない道を選
んで行こうと思います。
   
まずはあそこから山に入っちゃいましょう!
   
   
いきなりの急坂なので、押して上って行きます。
ピンク色の可愛らしい花が2本、自生の木の
ようです。暑くて汗かくくらいの陽気に息もあがり
そう。
   
   
数人のハイカーさんとすれ違い、ピークを超えて
下りに入るとMTB乗りが二人上ってきました。
こちらは下りでも押しです(笑)
途中、姫の宮の奥宮への鳥居が目に入り上っ
て行くと、先ほどのMTB乗りさんが下ってくるで
はありませんか! もうビックリ!
こんな道を下ってくるなんて管理人には真似で
きませんねぇ。
   
山道に山桜が花をつけていました。こういうひっ
そりと咲く桜が、やはり管理人の好みのようで
す。
   
山道を歩いて行けば、ところどころに桜がその
明るい雰囲気をいっぱいに広げているよう。
   
   
宮池を通り過ぎると、大縣神社の裏手へと出て
きました。神社の中を自転車押して歩くのも
変な感じなのでそそくさと鳥居の外に出てしまい
ました。
そう言えば、今日見かけた巫女さん、とっても
奇麗でした。
しだれ梅は終わり緑が鮮やか、今度は桜が
彩りをしてくれていました。
   
五条川から分岐して新木津用水へとつながる
小さな用水路沿いにはしだれ桜が満開に花を
つけていましたよ。
   
川岸に菜の花やいろいろな花が植えられていて
桜と良い感じです。桜の木の下では花見のグル
ープが楽しそうに宴会の最中でした。
   
一気に小牧山に到着。ここもさくらまつりの真っ
最中、人出が多くフリスビーしている人も!
   
ほていやで買ったたこ焼きをほうばります。かな
り匂うようで周りの人が皆振り返るのでちょっと
恥ずかしい。
   
最後は五条川に戻って、幼川橋からの風景を!
   
朝と違って花見の方がいっぱい! あちこちか
ら良い匂いが漂ってきます。桜を見上げる人も
ちらほらと。。。
   
五条川の桜並木をぜ〜んぶ総なめにしたのは今回が初めてかと思います。数年前までは日本一
の長さを誇っていましたが、今は抜かされたようです。ソメイヨシノの寿命の関係もありますが
そろそろ保存と新しい芽を育てる必要があることでしょう。