TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
大山川の生き物とナンジャモンジャの花
        

2008年5月4日 実走
自転車:パスハン
   

GWに入ったとたんに初夏の日差しがさんさんと照りつける暑い日がやってきました。
遠出したいのはやまやまだけどまだ止めておきましょうか。
今回は大山川の源流近くまで行きました。帰りは大山から入鹿池、ヒトツバタゴ自生地を
散策してあちこち寄り道してきました。
今日は何と言ってもあそこから見渡す景色が最高! 少し足を延ばすだけでこんなに
奇麗な景色を見ることができるって素晴らしいことです。
自転車と少しだけ山登りは良い組み合せですね。
    
 走行距離56km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2008/05/05)
大山川は合瀬川と新地蔵川が、旧師勝町と名古屋市西区、北区の重なり地点で合流し新川に
なります。この合流点は自然が残る良いところでしたが、今じゃコンクリートで護岸されてしまい
かつての雰囲気が無くなってしまい残念でなりません。子供の頃は川に入って遊びまくった日が
懐かしい。
   
今回は少し上流の国道41号付近から上ること
にします。まずは名古屋空港に向って走る堤防
道路は車も多く走りにくい! 車に追っかけられ
ながらあたふたと空港側面に到着です。
   
ここから大山川は空港の滑走路下を通り春日井
市に入っていきます。
名古屋空港を抜けて流れる大山川へとやってき
ました。右手向こう側には小牧基地の施設が
ちらっと見えています。
   
小牧市に入り不発橋付近では大山川を愛する
市民の会が川の再生のために清掃、清水、
緑化運動を行っています。
東海ゴム工業前の川は憩いの場になっていま
すが水はお世辞にも奇麗とは言えないのが
現状です。
   
駒越橋の手前で川を覗き込んだら、何とナマズ
が泳いでいました。今じゃほとんど見ることが無
い魚なので嬉しいです。橋の上から写真を撮っ
てみましたがやはり駄目!
やはり偏向レンズが欲しい!
ところで、猫は何を狙っているのかな?
   
河川敷ではゴミ袋を持った清掃活動中の男性
がお二人おりました。ほんとにご苦労様です。
   
水神様が祭られており、そばに大きなイチョウ
の木がありました。
   
川の左側は緑道として整備されているため散策
するには絶好です。車は右側を通ります。
自転車は本来なら右側かな!?
三羽の小鳥のモニュメントが可愛らしい♪
   
川幅は狭くなり草でいっぱいですが、実際には
コンクリート護岸されています。上流に行けば
本来の自然の川になるのでしょうか?
   
わりと自然が残る川になってきましたが、まだま
だコンクリートで覆われていました。
   
新川合流点から10kmの地点に到着です。
この辺りで尾張広域緑道と交差します。
    
   
川の真ん中に何かいるのかな?
そう思って近づいてみたら、ただのゴミでした。
   
この辺りから川の水がにごり始めてきました。
土汚れのようなので工事の影響でしょうか?
道はのんびりした田園風景の中をのんびりと
流れていくようで、とても気持ちが良いですよ。
   
暑いくらいの陽気の中、長袖じゃ暑いので腕まく
りして走って行きます。
川の中では鯉がジャバジャバと何してるんだ?
あっちではジャンプしたりして活発に活動して
いるようです。
   
亀が甲羅干ししてました。可愛らしいですが
これミドリ亀なので外来生物ですね。
やはり石亀が見たいな!
   
   
そんな田んぼが広がる景色を眺めながら、のん
びり走っていたら・・・、あれは雉だっ!
雄と雌の雉がつがいでいました。写真に写って
いるのは雄です。
この雄雉ですが、こちらをよく見ているようで、
管理人が動けば草の中に入るように隠れてし
まいます。何度かあっちに行きこっちに行きし
ながらようやく姿が撮れました。
それにしても飛んで逃げないのが不思議です。
   
大山川沿いにはこんなに奇麗な道があります
ので付近の方は良い散策になりますね。
   
肝心の大山川はこんな感じに小さく細くなってき
ました。小川といった雰囲気です。
   
市民四季の森の入口の橋には蛍の絵がはめ
込まれています。
   
川を覗き込むとお玉じゃくしがぷよぷよと泳いで
いました。可愛い♪トノサマカエルのお玉かな?
   
   
何か飛んできた!
最初は蛍が飛んできたのかと思ったらどうも違
うようです。
この虫、ステンレススポークをよじ登ってここま
で上がってくるとは、なかなかのものですな!
滑って大変だったのではと聞いてみたかった
です(笑)
   
更に上流に上ると、ほたるの里なる小さな公園
があります。川は葦が群生して川面が見えない
状態です。
   
更に上っていくと県道178号を超えて砂防ダム
へと上って行きます。この上流にもまだ流れは
あるでしょうが、今回はここまでにしておきます。
   
この先は大山の麓に入っていくことでしょう。大山から流れてくるから大山川!
   
   
さて今度は入鹿池方面に向って児神社へと山に
入っていきます。何度か来た事のある石碑の前
に到着、結構な坂なのでひいふう言いながら
更に上って行きます。
   
今回は自転車を置いて徒歩で登山道を上って
みることにしました。たまには少しだけ楽しんで
みようと思います。
   
途中、御岳神社の碑があり、少しだけ視界が
広がっていましたが、生憎の霞みで御岳山は
見えなかった!
   
更に上っていくと神社の鳥居が見えてきました。
この状況だともしや景色が見えるのかな?
そんな気がして上っていくと・・・、
   
小牧市方面の景色は絶好のパノラマでした。ここには初めて来ましたが、やはり歩きで上ってきて
良かったです。霞んでいなかったら名古屋駅前のビルだって奇麗に見える事でしょう。
こりゃすごい! 八曽のヘリポートより絶好の場所でした。
   
神社の裏手に周ってみると夫婦が座ってお昼を頂いていたので、こんにちはと声を掛けて犬山
方面の景色を眺めてみると・・・、これも素晴らしい、入鹿池が真正面に広がっています。
ご夫婦と少しお話して、嬉しい会話を楽しませてもらいました。ところでこの管理人が30歳くらい
に見えたそうです。お世辞でもそれはちょっとやりすぎのような、実年齢を聞いてビックリしていま
したがこちらは内心は嬉しいものです。
今度は犬山方面に降りて行きますが、秋には落ち葉が堆積した道は、今度は杉の花が一面に
落ちているので、ブレーキングは慎重に!
   
またまた横道に反れて、今度はヒトツバタゴ自生
地へ行ってみると、ヒトツバタゴの3本のうち2本
は満開近し、残りの1本は五部咲き程でしょうか
今週中が見頃のようです。
    
山藤が甘い香りを漂わせていました。大きな
アブがブンブン飛んでいるのが気になりますが
初夏の日差しの中、いろんな草花が咲き誇って
います。
   
   
入鹿池へと向うと、明治村へ向う車やバスが
渋滞しています。明治村がこれほど渋滞してい
るのを見るのは珍しいのでは?
入鹿池は今年に入ってすでに3回目くらいかな、
ツツジが満開でした。ボートが数隻浮かんでい
ます。先ほど神社から眺めていましたが、こちら
から神社を探してもまったく分からないことろが
不思議なものです。
  
いつもの入鹿亭で田楽を単品注文、焼きたては
美味しい♪ 一皿6本で500円
   
暑さに負けてバニラソフトクリームをペロリ!
このソフトで250円はちとお高いのでは。
   
帰り道はいつものように五条川沿いを走って行
きますが、緑が深くなってきたので日陰が嬉しい
昼下がりでした。
   
途中から尾張広域緑道に入ると日陰が無い!
おまけに南の風が生暖かいし、腕は日に焼けて
まっかっかになっていました。
   
   
途中、おちよぼ稲荷故郷の宮があったので見に
行ってみたら・・・、質素な稲荷神社でした。
案内板も無いし、よくは分かりませんが、あの
お千代保稲荷の故郷なんでしょうね。
   
田んぼの一角には麦畑があり、麦が風に流れ
て気持ち良さそうでした。
あと一ヶ月もすれば実ってくるのでしょうか。
   
周りでは田んぼの準備に大忙しの耕運機が
土埃をあげています、後ろからカラスや小鳥達
が餌を狙って待ち構えていました。
   
   
青塚古墳は芝が奇麗な緑色になっています。
かなり伸びているようで、ここの管理人さんが
芝刈り器で奇麗にしていました。
   
そんなのんびりとした昼下がり、ミネラルウォー
ターを一気に飲んで体をリフレッシュ!
   
   
岩崎山の近くに来たので寄ってみたら、民家の
間にある畑に、またしても雄の雉を発見!
今日二度目の雉との遭遇に驚いている自分が
子供だなぁと思ってしまう、一瞬でした。
   
初夏の日差しは紫外線が強いので、鼻の頭や腕が真っ赤に日焼けしてしまいました。
これからの季節、早めに日焼け止めを準備しておかなければ!