TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
緑が爽やかな坂折の棚田
        

2008年7月27日 実走
自転車:TOEI ツーリング
   

田んぼの緑が奇麗になってきたので、恵那市にある坂折の棚田を見に行こうと出かけて
きました。最近は山に上るときはパスハンばかりですが、ツーリングだってこのギア比なの
で並の坂なら大丈夫! 返ってツーリングの方が得意なのかもしれません。
今日は旧善光寺街道(下街道)から武並へ、木曽川の武並橋を渡り一気に坂折の棚田を
目指します。帰りは周回ルートで武浪橋まで走ったらあとは同じコースで戻る予定!
暑さ厳しい一日でしたが、お昼過ぎにはちょっと熱中症?って感じでした。
体調管理に注意しながらなんとか完走できました。
    
 走行距離71km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2008/07/30)
瑞浪から旧善光寺街道(下街道)を走り、釜戸、武並へと向います。
   
以前走った時と反対ルートなので、時々迷った
りしながら思いだし思いだし走っていきます。
   
田んぼの真ん中にある常夜灯でちょっと休憩!
8時を回ったくらいなのにこの暑さ!
   
今日のルートは60〜70kmくらいはありそう、それに坂の連続になりそうだから帰りが少々心配
でしたが、疲れたら歩いちゃえ! そんな気持ちで先へと進みます。
   
国道418号との交差で街道と分かれて武並橋
へと向います。武並神社で休憩とお参り。
蝉が元気に鳴いている!
   
あれっと思ったら、旧中山道を走った時に見た
高札場がありました。周りを見渡すと見覚えの
ある景色があり、ちょっと懐かしく思いました。
   
地図を見ると確かに旧中山道です。恵那市の中心部へもう少し行くと旧善光寺街道(下街道)と
合流する場所でした。
   
国道418号は徐々に上り坂になりますが、これくらいならまだまだ大丈夫。でもこの先、木曽川
へと向う道は下るはず! そんなことを思いながら進んで行くと、山足あたりから急に下り坂へと
変り一気に木曽川まで突っ走って行きます。こりゃ帰りがかなりしんどいぞ!そう思いながらも
戻るわけにもいかず、行っちゃえ〜!
   
あっという間に武並橋へ到着。久しぶりに見た
武並橋、前に見たのは車で、それも夕暮れ迫る
頃だったような気がします。
   
武並橋を渡り右手に折れると、この辺りにも
小さな棚田かな。この景色でもいいか?などと
思ったりもしながら走って行きます。
   
県道68号の交差から左手に入り中野方方面へ向います。交通量も少なく走り易い道ですし、
時折のぞく中野方川の流れが涼しげでした。
   
中野方地区に入った所で地元の大きな観光
案内の地図を見るとここらあたりから坂折へと
左折して行くようです。
   
家並みが続く中、床屋さんのお隣の川沿いに
ヒトツバタゴに木がありました。5月には白い花
をいっぱい咲かせたことでしょう。
   
いよいよ坂折へ向う道に入って行くといきなり坂道が! でもこのツーリング、意外と軽く上れて
しまいます。7km/hくらいでゆっくり上れば景色も楽しみながら走れるというものです。
それでも暑いし風は無いので楽ではありませんが、頑張らなくても諦めなければ大丈夫!
管理人は、ただこの先の景色を見てみたい! ただそれだけで走っちゃうんです。
   
緑の田んぼが徐々に視界に入ってきたら、それ
はそれは美しい棚田の景色が広がっています。
   
ここが坂折の棚田かぁ! しばしぼ〜〜〜っと
見惚れてしまいましたが、でも暑い!
   
   
周りを見渡すと自販機がありました。
それに嬉しい100円自販機じゃありませんか!
   
後ろに、雨乞い岩と呼ばれる表面が凸凹した
大岩があります。これはここに移されたものだ
そうです。
   
棚田の景色の中に水車小屋があり、のどかな
雰囲気が心和ませてくれます。水も奇麗だし
小動物もいっぱいいる! 歩いて散策です。
   
サワガニがいるよ〜! あっちにもこっちにも、
田んぼにサワガニがいるなんて水が奇麗な証
拠ですね〜。
   
   
水車小屋から上ってくると、田舎の景色がとても
良いなぁ〜。ここで暮らす方にとって厳しい面も
あるでしょうが、いつまでも残して欲しい景色が
広がっていました。
   
棚田の周りを歩いていると、もしやあれが田の
神様じゃないかな? 今日は会えるかどうか分
からなかったけど運良いかも!?
   
近くに行ってみるとそうでした。この広い棚田の
どこにあるのか分からなかったけど、こんなに
すぐに見付けることができてラッキー♪
   
   
棚田には見晴らし広場があります。トイレ完備、
駐車場もありますので、車で来ても景色をゆっく
りと眺めることができますよ。
大きなカメラを構えた人もおりました。
   
棚田の真ん中を通る曲がった道があるので
走ってみたい気もしましたが、また上ってくる
元気がないので見るだけで止めておきます。
ここで早いお昼のお握りを食べてしばし休憩。
   
帰りは県道402号から412号に入り武並橋へ
と向います。恵那市から八百津町への境に熊
目撃情報の看板が!
   
再度、恵那市に戻り県道412号を下って下って
どこまで下るんだ、大沢川に架かる橋で休憩!
このさき飯地地区へ入り鳥帽子岩へ向います。
   
車はほとんど通らないけど、時折追っかけられ
ながら思いっきりブレーキかけて下ります。
車を先に行かせると目の前に鳥帽子岩橋が
あり、その先にあるのが鳥帽子岩なのか?
下の方に木曽川の流れが見えます。
   
更に下って下って行くと、ぱっと目の前に武並橋
の景色が飛び込んできました。丁度、この下に
八百津方面へと向い、噂の酷道418号への
入口があるのですが・・・。
   
さぁってここからが帰り道の厳しいところに走っていきます。あの下り道をまた上るのかと思うと
何ですが、帰らないわけにも行かないので、ささっ行きましょう!
えんやこら〜っと上って行くと以外とあっさり山足のバス停に到着、藤のバス停に着いたところで
暑さで少々グロッキー、止まったとたんに体中の汗が噴出し、暑い暑い! 走っていると風を受
けるので体温調節ができるのでしょうけど、止まると一気に熱がこもるのでしょう。
ちょっとクラッと来てしまったので日陰に避難して、上着を脱いで扇子でパタパタと風を起します。
しばらく休憩したら良くなってきたようです。
   
   
このまま国道418号を走ると日陰が無いので
日陰を求めて山道に入ります。でもあまり無理
せず歩くところは歩いてゆっくりと。
坂道がなだらかになってきたら、歩くよりも走っ
た方が涼しいから走っちゃいましょう!
ここも上って下っての繰り返し、途中、天然記念
物のヒトツバタゴ自生地がありました。
ここからもう少しだけ上ったら大湫宿へ到着で
す。
   
久しぶりの旧中山道 大湫宿です。自販機で
お茶買って休憩所でしばしゆっくりします。
   
宿場内のお土産所はお客さんもおらずひっそり
としたものです。お店のおばちゃんはお喋りに
夢中って感じでした。
   
大湫宿からは釜戸へ一気に下っていきます。後ろのブレーキがかなりうるさくなってきました。