TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
犬山までミニベロで散歩
        

2008年12月14日 実走
自転車:ミニベロ
   

日曜日、雨も上がりお昼前には道路も乾いてきたので、ご近所巡りでもしようか思い出掛けて
きました。とは言っても結局はいつもの道に入り込んでしまい、犬山までの道のりです。
紅葉は終わって冬らしい景色が広がる中を、新しいフレームに交換したミニベロに乗って
するする〜っと走ってきました。旧岩倉街道では、通りの角にある道標を発見して、嬉しい
気分で楽しめました。
    
 走行距離49km
 GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2008/12/17)
どこに行こうかと迷いながら、結局は大山川沿いの道に入り込んで北方面へと走っていきます。
川もどことなく寂しい雰囲気を感じさせるのは、草や木が冬に向けてさっぱりとしてきたからで
しょうか。川のせせらぎも静かに感じました。
   
水神様が祭られている大きなイチョウの木は
ほとんど葉を落としています。今朝までの雨の
せいで地面は黄色い絨毯という感じじゃなかっ
たのが残念。近所のおばあさんが二人仲良く
座っておしゃべりしている姿が可愛らしい。
   
左手の方を眺めていると、青塚古墳が見えて
きたのでちょっと寄り道します。草が枯れている
から夏の様な青々とした元気の良さはないけれ
ど、日差しに照らされた枯草は、黄金色に光っ
ていてとても奇麗だった。
   
尾張広域緑道のモニュメントで! 奇麗な青空
が広がって気持ちの良い気分ですが、風が冷
たいのがちと辛い。
   
五条川との交差点でひと休憩、思いの他張り切
って走ってきたせいでしょうか、暑いよう!
   
広場に寄ってみると、可愛らしいネコの親子?
餌をもらっているみたいで丸々としていました。
ちょっとだけ遊んでサヨナラです。
   
写真じゃよく分からないけど、植木はとても鮮や
かな黄色に光っていて奇麗だった。
この先から旧岩倉街道へと折れて行きます。
   
交差点でふと右手を見たら、あれれ!!!
道標を発見です。以前、岩倉街道の散策をした
時には気がつかなかったので嬉しいな。
   
「右 岩倉、左 小口」と書かれています。裏にも
何か彫られているようでしたが、読めなかった。
   
旧岩倉街道をそのまま走り、清水屋の看板が
見えてきたら坂を上って行きます。突き当りを
左折してずっと真っ直ぐ進んで行くと犬山城へ
と到着します。
   
犬山城の大きな石の前で!
お城までの通りには振袖を着た女の子をちら
ほらと見かけましたが、何があったのかな?
   
   
帰りは木津用水沿いの道を通り、途中から尾北
自然歩道へと入っていきます。
ヨシズヤ横のベンチでちょっと休憩、おやつを
食べながらミニベロの調整をして、良い感じに
なってきました。あとは泥除け付けるだけ!
   
裁断橋公園の東側にある神社へ寄ってみまし
た。始めて来てみたのですが、ここは堀尾家の
邸宅跡なのだそうです。
   
神社でお参り、あれこれといろいろお願いもしま
したがそんなに沢山聞いてもらえる訳無いです
よね。
   
   
公園側に戻ると真っ赤に染まった大きな木が
日差しを受けて鮮やかに染まっていました。
地面の落ち葉をかさかさと踏みしめながら歩く
のは、何か切ないような、そんな感じ。
   
赤・黄色と鮮やかな葉たちが奇麗。
   
裏から覗くと、葉が輝いて更に奇麗。
   
いつもと変らぬ景色を眺めているだけなのに、四季があるからなお奇麗。ある意味、年を重ねて
きたからこそ、そう思えるのかもしれません。