TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
雪の降る中、江南・一宮・岩倉を散策
        

2009年1月12日 実走
自転車:パスハン
   

朝方の雪も止んで日が差してきたので、一宮方面へと行って来ました。一宮や江南、岩倉
などの近場はあまり行った事もないためほとんど知らないんですよ。これじゃいかんという
ことで一宮観光協会のHPを参考にして江南・一宮・岩倉散策をしてきました。一番遠い所
に辿り着いたときに急に雪が降ってきたため慌てて屋根付の駐輪場に避難しました。
それでも今日はやばいかなと思っていたので、ミニベロじゃなく泥除け付のパスハンで走っ
たので助かりました。
    
 走行距離47km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2009/01/12)
今日は降られるかもしれないと思いリュックを背負って、名鉄犬山線の大山寺駅からいつもの
旧岩倉街道を走って行きます。路面はべたべたに濡れていますが、今日は泥除け付のパス
ハンだから水飛沫の心配もしなくてていいから気楽に走れるところが嬉しいです。
   
   
今朝方の雪は止んで青空が広がってきたので
今日はもう大丈夫かなと思いつつ、北へ向かっ
て走って行きます。まだ北西の風は弱いので
快調に走って行けるので楽ちんだな。
畑には雪が残っていて土の上は白くなっていま
す、白菜も雪を被って冷たそう。
小折の交差点を越えたら左へと微妙に曲がって
行きます。
   
すぐに御岳神社が見えてきました。何となく止ま
って手を合わせてきました。
   
ブロック塀の上にも雪が残っている、旧岩倉街
道のちょっとした景色です。
   
   
旧岩倉街道から反れて名鉄犬山線の向こうに
大仏さんの頭が見えてきたのですが、どこから
線路向こうに行けばよいのやら。。。
大回りして大仏さんのところに辿り着けました。
初めてのご対面なので、かなりうきうき気分に
なっていました。
   
今度は曼荼羅寺へ向かいますが、とにかく行ったことが無いので地図を眺めつつあっちか?
こっちか?ときょろきょろしながら、やっと曼荼羅寺公園の看板を発見!
   
曼荼羅寺もかなり昔からその名だけは聞いたこ
とがありますが、今日初めて訪れました。
敷地の中にはいろんなお寺があるんですねえ。
立派な本堂の前で無心の境地!?
   
山門や鐘突き堂の屋根にはうっすらと雪が残っ
ていて、ちょっと風流な感じです。ここの有名な
藤棚は工事中でとても立派な棚が作られていま
す。今年の春には完成した藤棚の下に大勢の
観光の方がお見えになることでしょう。
   
   
これが新しく作られた藤棚の一部です。
この写真を撮っている場所が真ん中辺りなので
この倍の長さの藤棚があっちにもこっちにもあり
ますよ。
ちょうど猫が歩いていたのでパチリと一枚いた
だきました。
   
次は一宮に入って浅井の古墳群を探さなきゃ!
更にきょろきょろしながら木曽川近くまで辿り着いたものの、地図が大雑把なのでどうもいまいち
場所が分かりません。あっちこっちとうろうろとしていたらようやく発見しました。
   
最初に見つけたのは岩塚古墳の碑でした。しか
し古墳らしい盛り土は見当たらないので、碑だ
けのようです。
   
少し東に行くと今度は雪を被った盛り土が見え
てきました。こちらは毛無塚古墳で浅井古墳群
の中で最大の大きさとのことである。
   
   
北側に回り込んだら桃塚古墳があります。以前
は桃の木が植えてあったことから桃塚と呼ばれ
ているそうです。
ここで急に雪が降り始めて、一気に降りが強く
なってきました。見回したところ屋根のある避難
所も無いため、今日の散策はこれまでとして
帰路に着くことにしました。
浅井の古墳群は50基近い数があるそうですが
史跡に指定されている5基のうち残りの2基、
愛宕塚古墳、小塞神社古墳は次回の楽しみと
します。
   
よりによって家から一番遠くに来たときに降って
こなくても・・・。
浅井公園の方に行こうと思い走り始めると、
更に雪は大きく降りも強くなってきたので、お店
の屋根付き駐輪場に飛び込んでまずは雪宿り
することにしました。止むかな? 30分ほどした
ら小降りになってきたので浅井公園へと向かい
ます。
   
浅井公園に着いたらぱらぱらっといった感じに
なってきたのでまずは一安心かな。でも雲は
まだ厚いのでどうかなぁ。
一宮市街の方に向けて走っていくと空が明るくなってきたので、一気に真清田神社に向けて
走って行きます。
   
真清田神社の横から入っていったので、参拝し
て表へと歩いていきます。
   
一宮市の道路元標から真清田神社を眺めて
お目当ての商店街へと入っていきます。
   
今日、一番楽しみにしていた後藤商店の鬼まんじゅうを買いに向かったのですが、なんとお休み
でした。いやはや新年からついてない!
商店街を抜けて旧岐阜街道へと入りこみできるだけ車の少ない道を走って、名神高速道路を
抜けたら右手に入ってみました。そういえば照手姫の袖掛け松を見てくるのを忘れた!!!
   
公園の横に油田の遺跡があります。ひっそりと
でも綺麗に清掃されているのが嬉しいです。
   
旧岐阜街道に戻ったら、赤池古墳の碑を見つけ
ました。観光案内の地図には載っていないので
ちょっと嬉しい発見です。
   
赤池の一里塚跡の碑を左に曲がり一宮ICを
超えたら稲荷山古墳に到着。古墳の上に神社
が祭られています。
   
西へと走っていくと自然生態園が見えてきます。
ビオトーブみたいな感じで水生の虫やら小魚を
育む観察の場となっているようです。
   
自然生態園の敷地の中に鳥居があり、その先は木で覆われたトンネルのようになっています。
向こうが見えないところが興味をそそられて入ってみると、トトロでも出てきそうな感じの社が祭ら
れています。
   
   
更に西へと向かうと岩倉市史跡公園に到着、
竪穴住居が真ん中にあり、なんとも不思議な
ところに来たような感じがします。
これが竪穴住居、あちこちで見かけるのですが
どれも同じような作りなのが、不思議な感じがし
ます。本当に皆同じ姿形をしていたのかな!?
   
奥手には鳥居立民家があります。外観は改修さ
れているそうですが、内部は250年ほど前の
建築当時のままとのことです。
   
五条川の尾北自然歩道に入り昨年作られた
ビオトーブを見に行きました。白サギかな、小魚
を探しているようです。
   
五条川を下って行くと、前にも見たことあります
が、濃尾平野発祥の地の碑があります。
どういった意味なのかは分かりませんが・・・。
   
江南や一宮って近いようでほとんど訪れたことが無かったですが、今日だけでもいろんな史跡を
散策することができました。雪が降ってこなかったらもう少し楽しめたのですが、周れなかった所
はまたの機会ということで。。。
   

             
             
【2009年 目次】