TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
強風の中を一宮へ 美味しいもの散策
        

2009年2月8日 実走
自転車:ミニベロ
   

当初は稲沢から一宮、岐阜へ行こうと考えていました。ヴェロドゥレーヴェのご主人に教えて
もらった長良橋近くの昔ながらのアイス屋さんや新加納近くの草もちを食べに行こうと!
大仏様や松野池にも行ってみたいな! そう思っていたのですが、家を出たらとてつもない
向かい風を受けて、稲沢辺りですでに尻込み初めて、一宮近くまで行くころにはもう帰りたい
モードになるほどでした。こんなことなら岐阜まで輪行して帰ってこればよかったと思う始末。
138タワーが見えるところまで行ってはみたものの、あっさりと挫折して一宮市街で美味しい
ものをお土産に、最後に中華そばと焼き飯を食べて帰ってきました。
帰りはすこぶる快調に走ってきましたよ。
    
 走行距離44km (GPSデータ)
 GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2009/02/11)
稲沢市に入ったら岐阜街道へと合流して北を目指すのですが、とにかく向かい風が強くてペダル
を漕ぐのが大変! 気持ち的にもなえてきてしまい、今日は一宮辺りで引き返そうかなと!
   
うる覚えの岐阜街道を走って、一宮一里塚跡ま
でなんとかたどり着きました。住宅街に入ると
風も収まりちょっと楽になってきます。
   
適当に角を曲がって行ったら、以前yamaさんに
教えて頂いた「だるまや」を見つけました。帰り
に寄ってみようと思いしっかり場所を確認です。
  
本町商店街を抜けて真清田神社に到着、今年
に入ってから何回か着たところです。
   
埋め込まれた道路元標をながめて一枚パチリ
   
せっかく来たことだし、あのお店も開店していな
いので少しばかり散策してきました。
   
まずは本殿でお参り、風はありますが日差しが
差し込むので境内の中は良い気持ちです。
   
今年の干支の丑の絵馬がありました。
   
家の周りに梅の花が咲いていましたよ。
   
本町商店街に戻って後藤商店で鬼まんじゅうを注文したのですが、開店早々に入ったのに11時
30分頃の出来上がりとのことなので、少しばかり散策することにしました。
   
こちらもyamaさんに教えてもらった、野田屋に
行ってみました。
   
お土産のいちご大福です。こしあんにもいちご
が練りこまれていて、甘みが少なくて管理人好
みのいちご大福ですよ。途中で一個食べちゃい
ました。
   
石刀神社に行ってみようと、少し曲がった道を
走って行きます、風を感じなくて良い感じ。
   
石刀神社の参道の通りに酒蔵でしょうか、杉玉
がいっぱいぶら下がっていました。
   
桜並木の参道を通って行くと石刀神社に到着
です。
   
境内の中には狛犬がいっぱいいます。母娘の
5グループほどが何やら写真撮影会?
私の居場所は無さそうなので先を急ぎます。
   
向かい風の中を138タワー目指して走って行く
ものの、やっぱりしんどい! やめよかどうしよ
うか迷っていたら、お馬さんがぱっぱかと走って
いました。
   
更に先に進んだら138タワーが見えてきました
ので、ここであっさりと引き返すことに!
今から戻れば丁度良い時間かも。
   
帰り道は追い風に押されて楽なこと、気持ちよ〜く走って行くと神社に梅の花が咲いていました。
   
常夜灯に梅の花に青空、良いですなぁ。
   
スイセンもまだまだ綺麗に咲いていました。
   
酒見神社にちょっと寄ってきました。境内は静か
でし〜んとした雰囲気が好きです。
   
岐阜街道を走って、そろそろ一宮市外へと戻り
ましょう。
   
本町商店街へと戻り後藤商店へ、頼んでおいた
鬼まんじゅうと店先に置いてあった暖かな草もち
をお買い上げです。
   
草もちはヨモギの香りと味が良いし、あんこも管
理人好みです。それにあったかいのも良いです
ねぇ〜。念願の鬼まんじゅうも一個食べちゃい
ました。
   
   
帰り道、気になっていたyamaさんお勧めの大脇
に寄って来ました。お客さんは一人なのに、焼き
そばをたくさん作っていました。予約なのかな?
中華そばと焼き飯を頼んで、ぺろっと食べちゃ
いましたよ。後で入ってきた高校生君も同じもの
を食べていました。管理人も高校生並の食欲よ
うです。
   
あっさり薄口スープの昔ながらの中華そば。
360円
   
焼き飯もあっさり味で食べやすいですよ。
460円
   
   
1月から一宮方面を連続して走っているので
同じような道になってしまい写真はあまりありま
せん。
古墳のある公園でしばしまったりと過ごしたら
家へと戻ります。
   
   
   

             
             
【2009年 目次】