TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
山県市 伊自良湖周遊
        

2009年5月3日 実走
自転車:パスハン
   

GWに入ったら少し天気の様子が怪しくなってきましたが、今日はまだまだ大丈夫そう!
前回、岐阜の三田洞まで行ったので、今回は三田洞から伊自良湖までを走ってきました。
この伊自良湖も昔は車で途中まで来ただけで、結局は湖まで行ったことが無いんですよ。
さてさて〜、今日も初めての伊自良湖目指して、行ってきま〜す!
    
 走行距離44km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2009/05/05)
GW前の予定では、伊自良湖付近で泊まって一泊二日のツーリングにしようかと思ったものの、
翌日の天候が怪しそうなので日帰りに変更です。雨降られるの嫌だから。。。
   
   
前回やってきたふれあいの森の三田洞側から
スタート! 8時回った所ですが、すでにハイカ
ーさんが行ったり来たりと賑わっているハイキン
グコースです。
ここから北へと向かって行きます。サークルKで
補給食を買ってうす曇の下、暑さも感じず張り
切って走って行きます、笑。
   
鳥羽川の川沿いには、綺麗なサイクリングロー
ドがあるので走り易い。
   
まだ若い桜ですが、将来は枝が延びて綺麗な
並木道になることでしょう。
   
田んぼ側の岸辺を眺めていると・・・、亀発見!
甲羅だけしか見えん。
   
今度は猫発見! 何か狙っているみたいだけど
よく分からん。あっ、猫がこっちを睨んでるから
すたこらさっさと退散。
   
こんな気持ちの良い道なんだけど、管理人は
歩いています。周りが気になっちゃって、自転車
で走るのがもったいない!
   
綺麗な緑の麦畑が広がっていました。
遠くまで広がる景色をぼ〜〜〜っと眺めている
だけで良いのです。
   
管理人が単独を好む一つの理由が、こうして好き勝手に楽しめること、複数じゃ遠慮もあって
なかなかできないですもの。
   
あっ、カモがお昼寝中。あらま起しちゃいました
失礼。
   
水草の流れを見ているだけで、またまたぼ〜。
なかなか前に進まない!
   
小西の千本杉の案内板を見つけて、ちょっとば
かり林道に入り込んでみました。でもすぐに引き
返し。。。
   
あちこちで咲いているシャガの花。何故だか杉
林の下に咲いていることが多いようです。
   
えんやこらと坂を上っていくと、豈坂のお地蔵さ
んが迎えてくれました。
   
お地蔵さんがたくさんいらっしゃいます。ロード乗
りの方と曹禺、軽く会釈して挨拶。
   
そのままするする〜っと下っていくと突き当たり
に指差しの道標を発見! この辺りはお地蔵さ
んも多いですが、道標みたいな石標も多くあり
ます。
   
山藤が咲いていました。ここは川です、何も流れ
ていないように見えますが、実は川の下を水が
流れているんです。こういう所があると、川の水
はとても澄み切った綺麗な流れになるのです。
   
伊自良村ではカタクリ・カンアオイやギフチョウ
などを大事にしているんですね。少なくなってき
ている野草や蝶です、大事に守らないと。
   
ここは何かと思ったら、村にあった高札場跡でし
た。くねくねっと坂道を上っていくと目指す湖は
もう近くです。
   
伊自良湖に到着、人っ子一人いません!
静かだぁ〜
    
もう少し奥まで行くと少し賑やかになってきました
よ。ここまで20kmほど、少しのんびりタイム!
   
湖の奥に入っていくとアヒルがガーガー泳いで
います、可愛らしい。
   
甘南美寺に寄って来ました。山奥のお寺って
神秘的。
   
カエデの新緑、水の落ちる音、流れる風が・・・、
日本だなぁ。そんな感じがします。
   
湖の周りをぐるっと周回できるので、散歩にも
良いですよ。秋の紅葉も綺麗でしょうねぇ。
   
更に奥に入っていくとキャンプ場がありました。
手前の広場でお昼タイムです。
   
川の流れはとても綺麗、夏になったら家族連れ
で大賑わいになることでしょう。
   
   
帰り道、伊自良川沿いを走っていたら、アゲハ
蝶が舞っていました。もしやギフチョウかと思っ
たけれど、よく見ると色合いが違うみたい。
堤防道を自転車押しながら写真を撮っている人
ってやっぱり怪しい!?
   
   
杉坂峠はあっという間に上りきってしまい写真
を撮っていると、すれ違う車のドライバーが皆見
ていくんですよ。やっぱり怪しい人に見えるのか
なぁ〜。。。
   
ロードチームの人があっという間に10人くらい
追い抜いていった! 走るスピードが違いすぎ。
MTB乗りさんとは挨拶して、ゆるゆる〜っと走っ
て行きます。
   
彦坂川沿いの田んぼの風景を見ながら徐々に
勾配を上げて行くと、彦坂トンネルが見えてきま
した。
   
トンネルを越えたら、大きく延びている竹の子に
曹禺! これだけ大きくなったら、もう竹の子と
は言わないんでしょうね。
   
   
無事に三田洞へと到着したらほっと一安心。
年始めは天気さえ良ければ中山道の続きへ行こうと思っていましたが、遠出は無理そうなので
近場散策になってしまいました。それでも始めてみる景色の数々に感動です。
   

             
             
【2009年 目次】