TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
善光寺街道(下街道) 武並〜春日井
        

2009年8月14日 実走
自転車:プジョー
   

プジョーの自転車再生記念というわけでもないけど、プジョーで走ってみたいと思い善行寺
街道(下街道)を武並〜春日井まで走ってきました。JR神領駅 5:50発の車両に飛び乗り
武並駅まで輪行。駅を降りたら目の前には善行寺街道(下街道)が通っているので
そのまま春日井目指してスタート!
武並〜釜戸〜瑞浪〜土岐〜多治見〜内津峠を経て春日井へ!
早朝は割と涼しかったけど、多治見に入った頃から気温は急上昇、内津峠への上り道は
かなりしんどかった。それでも何とか春日井に到着したときはほっと一安心のサイクリング
になりました。
    
 走行距離60km (GPSデータ)
 GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2009/08/16)
JR神領駅に5時過ぎに到着、ささっと輪行袋に入れるのですが、実はプジョーをオーストリッチの
ロード220に入れるためエンド金具を加工しています。標準はリアエンド130mmですがきつくて
入りません。そこで事前に126mm用の丸パイプを作っておきました。更に折り畳みの金具を
ちょこっとだけ加工して130でも126でも使えるようにしたのです。事前テストもバッチリ!
さささっと袋に入れて改札を抜けます。それにしても神領駅の変わりぶりにびっくり、2年くらい前
に来たときは昔ながらの駅だったのに立派な近代駅に変わっていました。
   
   
この車両は一本前の回送でした、次の車両が
松本行きの普通です。始発駅とはいえ最後尾
には誰もいない。自転車止めてゆったりと座れ
るのが嬉しいなぁ。
流れる景色を見ているとやっぱり寝ちゃいまし
た。武並の案内が聞こえたので飛び起きて
降りようと待っていたら座っていた男性から声を
掛けてもらいました。この方もあさひの輪行袋を
持っていらして山岡方面を抜けて走られるとの
事、挨拶して分かれました。
   
   
武並駅に下りるのは管理人だけ。人気の無い
駅で写真を撮り終えて自転車組立て始めたら
高校生くらいの男子二人から声を掛けられま
した。今度鈴鹿の耐久レースにでるとのことで
四人でこれから朝連するところとのこと。
お互い頑張ってと挨拶して分かれたものの
あっという間に追い抜かれてしまった!
   
何度か走ったことのある善行寺街道(下街道)
さっそく道標に出会いました。

   
武並神社で道中のお参り、目の前に広がる
田んぼの緑が綺麗だった。
   
稲穂の頭が重くなってきたようです。少し色が
変わり始めている田もありました。古い常夜灯
がお出迎え、当時もこのように田んぼが広がっ
ていたのでしょう。
   
善行寺街道(下街道)はあちこち分岐します。
せっかくだから狭い道に入り込んだり、坂を上っ
たりしながら走りましょう。下りではブレーキ音が
かなりうるさい状況になってきました。

   
土岐川に掛かるつり橋が雰囲気あります。
渡ってみようかと思いつつも木がみしみしいうの
で写真だけ撮って眺めるだけにしておきます。
   
集落に入ると古い家があちこちに並んでおり
街道らしさが残っています。
この辺り、風が爽やかで涼しかった。
   
JR中央線の踏切で貨物車両に出会いました。
とても力強そうでかっこいい!
   
この踏み切りは第3下街道踏切とのこと、この
後も何度か第○下街道踏切を見かけましたよ。
   
釜戸に入ったらいつもの場所で、かつて明治
天皇が全国を周った時の宿泊場所です。
街道沿いにはあちこちこのような碑が建ってい
ます。
   
土岐川沿いに広がる一面の田んぼ。緑が綺麗
秋になったら黄金色に輝く景色が広がるんだろ
うなといつも思うのですが、今まで見たことない
んだよなぁ。
   
善行寺街道(下街道)をひた走るといつもの
常夜灯や道標でついつい止まってしまいます。

   
ここにも明治天皇の休憩所の碑がありました。
今日はあと何箇所見かけるのだろうか。
   
常夜灯と古い大きな家、そして立派な松の木が
街道沿いに残っている景色は何か懐かしさを
感じさせてくれます。
    
国道19号に建っている道標、以前探していたと
きはどこにあるのかぐるぐると回ったものだけど
今日はすぐに発見!
   
瑞浪を抜けて土岐へ、ここにも明治天皇の宿泊
所なのかな? 碑があります。
   
県道からかつての善行寺街道(下街道)へ入り
込む道をあちこちで通り過ぎながらも時折見か
ける場所でなんとか街道に復帰。

   
   
この坂は上りきれません。パスハンでもかなり
厳しいのにロードのギヤじゃ歯が立ちません。
そんな時は無理せず押して歩きましょう、笑!
かなり汗だくになってきました。
さ〜って神明峠を越えれば多治見の市街に入り
ます。今日は多治見でお昼にしよっと。
   
一昨年、日本一の最高気温を出した40.9℃
の多治見市、今日もかなり暑そう。
   
日差しが照りつけて暑い〜、いきなり木曽馬に
寄ってかき氷。中に入るとお母さんが注文を
聞いて下さり宇治金時を注文、扇風機が回り
昭和を感じる室内は居心地が良いです。
   
シャカシャカと聞こえる涼しげな音、カキ氷
宇治金時の出来上がり。美味しそう!
思った以上にふわふわの氷で小豆は氷の中に
隠れています。抹茶もといで掛けてくれる所が
気に入りました。ちょっと甘めですが疲れた体
には良いですよ〜
   
   
このあと暑いのに中華そばが食べたくて探して
いたら道間違えて東濃西部総合庁舎へと上って
きちゃいました。暑いので日陰でしばし休憩。
無理して暑い中を走り続けるのは無謀なので
ちょっとでもやばいかなと思ったら即休憩。
   
10分もしたら落ち着いてきたので戻って探して
みるとありました。
   
じゃじゃ〜ん、中華そば専門店、メニューに中華
そばしかないというお店なのです。
   
注文は当たり前ですが中華そば、そしてご飯。
にんにく抜きのギョーザもありました。
   
外に出たら暑い〜、日差しも照りつけてきて厳し
いぃ。土岐川沿いの休憩場に行ってみたもの
の暑すぎてそそくさと退散。
   
JA横の道標、前より綺麗になったみたい。
文字が良く見えるぞ。横にある池田村の道路
元標はそんなに綺麗じゃなかったけど。
   
   
突き当たりの大きな常夜灯を右に曲がると国道
19号へと出ます。
さ〜ってここからが大変、歩道を走って行くので
すがほとんど日陰が無くて徐々に上っていく
なだらかな傾斜が堪えます。
   
   
内津峠への上り道は、暑さと熱風でやばい〜
峠への道は所々で崩落がありトラ柵が並び
ブルーシートが斜面を覆っています。
峠に到着したら大きな日陰があったのでシャツ
をぱたぱたと扇いで大休憩。いつも持ち歩いて
いる扇子が役に立ちます。水分補給は水だけ
じゃなくて持参の焼き塩をペロッと舐めて塩分
補給も忘れずに。
   
内津峠を超えて一気に下ると内々神社に到着
ちょっとトイレ休憩。
すぐにまたまた明治天皇の休憩所の碑があり
ました。これで四ヶ所発見!
春日井に入り県道を突っ走っていくと何度か横
道に反れ忘れていたようです。
    
でもここは忘れずに曲がれましたよ。常夜灯や
文字が削れて読めない道標、お地蔵様、そして
木の板で出来た道標には 右江戸ぜんこうじ道
左大山さく道 と書かれています。
   
そろそろ今日の終点も近づいてきたかな、永井
製糸工場跡の立派な家が見えてきました。
   
尻冷やし地蔵尊でお参りして、坂道の途中にあ
るこのお地蔵様に道中の安全のお礼をして
神領駅へと無事にたどり着きました。
   
   
体調悪い悪いと言いながらこれだけ走れればすごいんじゃないかな〜っと思っています。
けど道中かなり無理しているところもあるので、夏場はもう少し控えなきゃいけないのは分かって
いるけどこれがなかなか難しい。
   

             
             
【2009年 目次】