TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
上矢作で田んぼを見守るお地蔵様を探して
        

2009年9月26日 実走
自転車:プジョー
   

「田んぼを見守るお地蔵様」、テレビを観ていたら素敵な景色が広がっていました。一度見て
みたいなと思い急に行って見ることに! 前日の仕事で腰の調子がいまいちですが走って
りゃ直るでしょ、そんな訳の分からん理由を付けてJR中央線に飛び乗りです。
恵那駅から明智鉄道に乗り換えて(そうそう初めて明智鉄道に乗りました、嬉しい)、終点の
明智駅までのんびりと。時折、中馬街道を走ったりしながら大馬渡峠に! 地図に載っていな
かった峠なので得した気分です。上矢作に着いてあちこち探してみたものの、結局は見つけ
られず。戻りは岩村まで突っ走っていきました。
    
 走行距離49km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2009/10/10)
神領駅からいつもの普通列車で恵那駅までのんびり旅、かなり爆睡でした。降りようと準備始め
たらお隣に自転車乗りさんが寝ていた。そっと静かに準備して恵那駅で降ります。明智鉄道は
初めてなのでどうやって乗るの? 駅も開いていないのでホームに入ったら運転手さんとお話して
乗り込みます。ところで昨日見ていた地図が無い! 忘れてきちゃったよ、どうしよう。
   
これが乗った車両、ディーゼルの力強い音が
素敵でしたよ。
   
自転車を縛り付けてわくわくどきどき。初めてで
すと言ったら恵那のパンフレットを頂きました。
   
これが頂いたパンフレット、中を開けたら地図が
書いてあったので助かった!
   
無事に明智駅に到着、駅前で自転車を組み立
てて出発!
   
どうせ来たのだから日本大正村の入口に寄って
きました。赤丸ポストや道標などがあり風情が
あります。
   
中馬街道との交差点に寄ってきました。後から
思ったのですが、ここから中馬街道を走ってい
けばよかった。
   
地図を見ながらえんやこらと上っていくと団子杉
の案内板を発見、どうせですから見てみようと
思いここもかなりの傾斜、疲れた。
すっごい大きな杉でした。突っかえ棒がすごい!
   
どこをどうやって走ってきたのか小杉口のバス
停に到着したのでしばし休憩タイム。この地図
じゃ何だかよく分からん。工事中の地図を見た
りしてあーだこーだと思案中。。。
   
思い切ってこっちかぁ〜と思う方向に進んでみ
たら良い景色が飛び込んできた。
    
自然石の道標も発見! ここは良いなぁと感慨
深く思いを巡らしてみる。
   
こっちかな〜っと少し心配しながら走って行くの
も楽しいかも。それにしても今回はロードを持っ
てきたのは失敗、かなりしんどい。
   
そろそろ山道に入っていくぞ、今日も14−28T
を付けてきたけど大変だ。腰は何とも無いけど
太ももの筋肉がぷるぷるしてくる。
   
うっそうとした森の中を抜けて開けたところに
出てきたら、おっとビックリ峠じゃないですか!
   
中馬街道の大馬渡峠と書いてありました。昨夜
見た地図には載っていなかったので得した気分
でラッキー!
   
下って行くと中馬街道の案内板もあります、さす
がにこの道に入って行く気合は無いので今日は
県道33号を走っていくことに。
   
下りの連続、リアブレーキがすごい音を上げて
きたので見てみるもよく分からん。リアのリムは
触れないほどに熱くなっていました、大丈夫か?
   
スピードが出過ぎないようにフロントブレーキを
思いっきりかけながら転倒しない程度にコント
ロールして下ってきました。取り合えず無事に
降りてこられて良かった。
   
左の写真の真ん中、右脇に何やら動くものを
発見、望遠で撮ってみたらタカ?ワシ?何でしょ
う。今日は買ったばかりのパナのFZ38を持って
きたので望遠撮りまくり、動画も撮りまくり、練習
練習。
   
野口トンネルを避けて旧道に入って行ったら中馬街道の案内とお地蔵さんがおられたのでしばし
手を合わせて休憩しましょ。そのまま進むと工事の真っ只中、無理して入ってきたので、戻ること
にしました。こっちは遊びですが工事の方は仕事ですから。
   
大丈夫かなと心配していたけど、トンネルは短い
し歩道もあったので歩道を通って行きます。
   
トンネルの中を突っ走るのは危ないので、狭く
とも歩道があると助かります。
   
上矢作のメイン部分に近づいてきたので県道
101号に入ろうとしたら弁天様が祭られていま
した。
   
階段を上ったら、またまたビックリ、彫りの深い
道標があります。左なごや道だって。すごーい!
   
大舟神社の松並木参道を走ってみようかと探し
たら、とても自転車で走れるような道じゃない!
   
地図を見ていたら車道かと思っていました。
これは歩きの道ですね。
   
すごすごと退散してこちらから上って行くことに。
それにしても疲れた、お目当ての場所が分から
ないのに探すというのはけっこう疲れます。
   
う〜む山奥に入って行きそう、ここは違うな。
引き返します。
   
あっちにこっちに行けどもテレビで観た景色に
近い風景が出てこない。
   
田んぼは稲刈りも終わっていました。
   
石仏群があります、どこかで見たような。記憶が
思いっきり飛んでしまっている。
   
稲刈りも終了しずら〜っとはさ掛けされた景色
が素敵、でもここも違う。もう少し開けた場所
だったけどなぁ。。。
   
開けてはいるが違うような。あまりきょろきょろ、
うろうろしていると怪しい人と間違われるので
さりげなく走っているけど目は必死なんでしょう。
   
少々、いやかなり疲れました。帰りの行程を考
えるとそろそろタイムアップ!? 名残り惜しい
けど帰路に着くことに。
   
国道257号は交通量が多いし、路側帯が狭い
ので走りにくい。道の駅まで上りに上ったら暑い
ソフトクリームがとろ〜んとしてきます。
   
更に上って上って行くと国道沿いからお地蔵様
らしき石仏が見えた、近くに行ってみましたが
場所も違うし、雰囲気が違うし、田んぼじゃ無い
し。。。
   
ついに難関の新木ノ実トンネルに到着、近くまで
寄らなかったためはっきりとは分かりませんが
ここまで歩道も無いのでトンネル内も歩道は無
いでしょう。歩道の無いトンネルなんておっかな
くて走れない!
   
元々の予定通り旧道に入って行くことにします。
ここにもお地蔵様が祭られていました。ここは
良い雰囲気だな。坂を上って行くと民家に飼わ
れている犬が吠える吠える、大パニックになって
いるみたい。こんな道に自転車が入ってくるとは
けしからん、とでも言っているのろうか!?
   
えんやこらと上ると旧道のトンネルに到着、電灯
も無く中は真っ暗闇、持参のヘッドランプとライト
を点けても真っ暗だよ〜、おー怖い!
   
トンネル抜けて下り坂に入れば楽ちん、だけど
がさがさごそごそと聞こえる音は何だ!?
更に後ろから車の音がするので振り返ると白い
車の姿がちらっと見えた。
   
でも中々近づいてこない、でも車の音はする、直線で振り返ると確かに白いワンボックスが来る
ちょっと勢い良く下って行ったら車の音が聞こえなくなってきた。広いところに出たので降り返って
しばし待つが来ない、途中に曲がる道も無かったはずなのに・・・、うわ〜かなり怖い!
国道257号に合流したら岩村の街中に入ってほっと一息つきました。
   
明智鉄道 岩村駅に無事到着し、時間を確認し
て自転車を輪行袋に入れたら改札です。
   
恵那駅まで470円、改札を入ったら駅員さんに
声を掛けられた、自転車ですかと聞かれ手荷物
料金が必要なのです、と。
   
でも、朝乗ったときは何も言われませんでしたけど必要なら払いますよと言いました。
駅員さんの返事は、朝払われていないのならけっこうです、って。そんなのおかしいような!?
明智鉄道に聞いていないので詳しいことは分かりません。
   
   
テレビで観た景色と、矢作川水系の上流部だけではさすがに見つけることができませんでした。
それでも初めての土地で、良いな〜っと思わせてくれるところがいっぱいありましたので、機会が
あればまた訪れたいところでした。
   

             
             
【2009年 目次】