TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
中山道 奈良井宿と鳥居峠の紅葉
        

2009年10月25日 実走
自転車:ミニベロ
   

3年前のNHK街道てくてく旅 中山道で勅使川原郁恵ちゃんが歩いた紅葉の鳥居峠を見に
行ってきました。テッシーといえば跳ね馬さんかなと思いご一緒させて頂きました。それにして
も2年ぶりぐらいでしょうか?久しぶりに会えて嬉しかったです。
神領駅では、genさん、kumaさん、kanbeyaさん、magさんにお会いして、多分3年ぶりくらい
だと思うのです。5:50発の普通松本行きに乗るといろんな方に再会できて嬉しい出発に
なりました。ところが肝心の中山道紅葉はいろいろとアクシデントがあり最後には鳥居峠を
超えることが出来ないというハプニング発生! 体調不良も相まってしんどい一日になって
しまいました。
    
 走行距離25km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2009/10/31)
真っ暗なまだ夜も明けないうちに神領駅に到着、いそいそと自転車を輪行袋に入れていたら
背中の向こうから、あれ?ひろたさんじゃないのと声がしたので振り返ると、お久しぶりです、
genさんとkumaさん、kanbeyaさんにお会いしました。いや〜何年ぶりなんでしょうか?
3年以上会っていないような気がするのでほんとに懐かしかったです。その後、多治見駅から
乗られたmagさんともお会いしてさらにビックリの出会いでした。
跳ね馬さんのお顔を見るのも久しぶり、挨拶もそこそこに列車に乗りますが、自転車が多いので
置く場所に困りました。
   
列車の車内にちょこんと自転車置いて話しに
盛り上がりつつ、あっという間に木曽福島駅に
到着、genさん、kumaさんチームはここから野麦
峠の紅葉を楽しんでこられるそうです。
   
ワンマン車両の降り方が分からず、日出塩駅で
降りるつもりが洗馬駅まで乗ってしまいました。
この時点では時間は充分にあると思っていたの
ですが、あとあと大変な目に合うとは・・・。
   
洗馬宿の外れ、北国街道との追分からスタート
街中でも色付き始めた木々があちこちに。
   
あふたの清水から眺める田園地帯はすでに稲
刈りも終わり、静かな雰囲気が漂っています。
   
洗馬宿本陣跡の案内板がありました。一昨年
来たときには気づかなかったような。
   
お握り形の洗馬宿の碑が可愛らしい。
   
   
一昨年、通過したしたところに足を向けてみま
した、言成地蔵・滝社の鳥居をくぐりちょっとだけ
中に入ってみました。奥に向って道は続きます
がこの辺で引き返します。
ひっそりとしていますが、管理人好みの雰囲気
が良いなぁ。
   
しばらく田園風景が続きますが、すでに稲刈り後でちょっと寂しげな景色が広がります。国道に
合流してしばらく国道沿いを走って本山宿へ。
   
本山宿の入口には綺麗なお庭のように管理され
ています。秋葉神社に道祖神、庚申などがあり
ますよ。
    
本山宿を抜けると赤く色ついたカエデが綺麗、
木曽路の山間が近づいてきました。
   
久しぶりに見た木曽路 北入口の碑の前で
パチリ! 東屋付近は少し遅いくらいの紅葉が
広がっていました。
   
一昨年、行き忘れていた山道に入り込んで行き
ます。国道沿いからこんな細い道を上って行くと
黄色い紅葉が広がっていました。
   
《写真:跳ね馬さん提供》
さすが一眼は違いますねぇ。色合いが鮮やか!
   
GRデジタルだと色合いが難しい!?腕が悪い
だけですけどね。
   
山道を上って行くと、先に黄色い紅葉が見えて
きました、それ急げ!
   
真黄色の紅葉ですが、色が飛んじゃってます。
徐々に高度を上げて、右下をのぞくと遥か下に
国道、奈良井川が見える景色が素晴らしい。
   
国道までもう少しというところで、ふいに左側を
見てみたら、おっとびっくりこれは昔の中央線で
はないでしょうか? レンガのトンネルが今まで
見みてきた古いトンネルと同じ構造です。
   
中はすでに土砂が落ちてきていました。いつ崩
れてもおかしく無いので少々危険を感じます。
ここでかつての中央線トンネルを見ることができ
てとてもラッキー!
   
トンネルの先は線路跡と一目で分かる道が続い
ています。少し先まで歩いてみましたが、国道に
降りる道は無さそうなので引き返します。
   
振り返ると木々が生い茂っていますが、かすか
にトンネルの姿が見える。国道に下りたら足元
にはへっつき草がいっぱい付いてしまい取るの
に一苦労でした。
   
   
一昨年来た時、片平、若神子の辺りも国道を
突っ走ってしまったため、山間の道へと入り込ん
でみると対岸の山々の紅葉が綺麗でした。
   
贄川駅に到着、ところで贄川駅に着いたときにふいに時計を見てみると、すでに11時を回って
いるじゃありませんか! 予定では11時に奈良井宿に着く予定だったのに、これは残りの道中
かなり厳しいぞ。木曽平沢の漆器のお店を見たかったけど、通り過ぎるだけになってしまいまし
た。あぁ〜残念。
奈良井駅に12時に到着、最初は蕎麦でも食べようかとゆうちょな事を考えていましたが、よくよく
考えると間に合わん!
   
奈良井宿に12時過ぎに到着、時間が無いので
どうするか相談し、薮原駅から乗ることにしまし
た、が14時過ぎとの事なので間に合うのか!?
   
そう思いつつもゆうちょに奈良井宿を散策して
あちこちで写真を撮ってご満悦。紅葉の色つき
はもう少しといった感じでしょうか。
   
やっぱり間に合いそうにも無いということで、
おやきと五平もちを買って鳥居峠へと向うことに
しました。
   
奈良井宿の最後で振り返ると良い感じの景色が
広がっていました。鳥居峠の遊歩道入口までの
道中はこれまたしんどい!
遊歩道入口でかなりグロッキー、でも先を急が
ないと間に合わんぞ、急げ〜。。。
   
《写真:跳ね馬さん提供》
しかしかなり急斜面だし、時間が刻一刻と迫っ
てくるという緊張感から体調も悪くなってきた。
   
《写真:跳ね馬さん提供》
かなり辛そうに上る管理人の姿が小さく見える。
   
展望台下に到着、遊歩道入口からここまで
600mほどあり、この先鳥居峠まで1.6kmも
ある。どう考えても間に合わん。
   
   
管理人はあっさりしたものなので、奈良井駅に
戻りましょうと提案するものの、残念な気持ちに
は変わりない。
奈良井駅までの帰り道はあっという間に着いて
しまいました。今まで峠に行って、途中撤退とい
う事はありませんでしたが、今回は時間と体調
の両方の面で無理がありました。
元々の予定通り、木曽平沢、奈良井、鳥居峠
だけにしておかないといけなかったというのが
痛感です。
   
帰りの列車の中はぐったりの管理人、青空フリーパスを使いながらも特急にそれも座席指定に
乗ってしまうとは。。。
   

             
             
【2009年 目次】