TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
小牧、犬山 自転車散策+ぷち山登り
        

2009年12月13日 実走
自転車:パスハン
   

昨日までは八百津方面にでも行ってみようかと思っていたのですが、急にや〜めた!
結局はいつものように犬山方面へと走り出していました。旧木曽街道の小牧宿近くで、今まで
見つけることができなかった道標を発見! いや〜嬉しくてテンション上がってしまいました。
今日は自転車だけでなく、ぷち山登りと題して白山社のある高台に登ってきました。入鹿池を
眺めるには最高のロケーションだね。入鹿池から大宮浅間神社へと向かい、今度は石上げ
祭りで有名な尾張富士を目指して登れ! これがけっこうな急坂で、行きはまだしも、帰りは
落っこちてしまいそうな感じの坂を降りてきました。かなり膝にきた感じ。
それでも自転車+ぷち山登りはけっこう良いかも!?

    
 走行距離50kmくらい
 GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2009/12/21)
旧木曽街道を走り小牧へ、途中、駅伝かな?高校生くらいの男女が走っていたため道路は通行
止めとなり、しばらくとうせんぼ状態になってしまいました。それでも頑張る高校生たちを応援して
いる管理人でした。
   
   
小牧宿を越えた辺りで、道路の向こうに何やら
気になるものが! あれは探していた道標では
ないの、こんなところにあったとはビックリ。
今まで気が付かなかったのが何とも不思議な
感じ。しげしげと眺めてきました。
「南 名古屋」と彫りも深くかっこいい!
   
「東 木曽海道 犬山」と彫られている、街道で
はなく海道というところが不思議だ。海沿いの
東海道なら分かるけど山間部を通る木曽街道
が海道とは。
   
「西 一の宮 つしま」
裏には寛政の文字がありました。江戸時代の
ものなのか? 
   
一気に飛んだわけではありませんが、大山廃寺
跡までえんやこらと上ってきました。
   
更に上って行きます。落ち葉が道路の端に堆積
して、かさかさ〜っと良い音がするな〜
   
自転車を縛り付けて、ここからぷち山登り! 今日は良い景色を見ることができるかな!
   
山道はやっぱり歩くのが一番、落ち葉を踏み
しめる感覚がとても優しく感じます。
   
急坂を上ると鳥居が見えてきました。青空が
広がって気持ち良さそう。
   
小牧方面、小牧山や遠くには名古屋駅前の
ビル群が見えますよう!
   
入鹿池方面、もうすでにワカサギ釣りのボート
がぷかぷかと浮いていました。
   
自転車まで戻ったら入鹿池へと向います。
落ち葉がすごい、道路一面の落ち葉に感動!
   
路面が見えないから石とかが落ちていたら間違
いなくひっくり返りそうだ。
   
入鹿池に到着です。ワカサギ釣りは大盛況の
ようで車がいっぱい、ボートも全て貸し出し中と
のことで待ちの状態だそうです。
   
管理人はワカサギ釣りをしにきた訳ではありま
せん。のんびりとした景色を眺めながら、釣りを
終えて戻ってこられた人のバケツの中を見せて
もらいました。
   
ちょっと早いけど入鹿亭でお昼を食べてきまし
た。いろいろと訳あって入鹿亭が好きなのです。
   
何となく冬の定番、醤油ラーメンとおでん。
あつあつで美味しかった。
   
   
さてと次なるぷち山登りを目指して移動中に
何気に振り返ってみたら、この橋があの有名な
用水ではありませんか!
そうなのです、この橋、実は用水なんです。
何故に川が空中を流れているのでしょうか?
外国の方の設計だそうです。
その名は「愛知用水 入鹿水路橋」
1961年に完成したそうです、管理人より古い。
   
大宮浅間神社に到着、まずはお参りして登山の
安全を願う、という訳ではありませんが。。。
   
石上げ祭の石碑が立派!
それでは登るよう。足場があまり良くないので
ゆっくりと登って行きます。
   
それにしてもかなりの急勾配でウォーキング
シューズでは滑ってしまう。
   
えいこらと登って、まずは中宮に到着です。
一息入れたら更に登りましょう。
   
だんだんと狭くなってくるし、石が多くて大変だ!
最後の階段に到着したら、ちょっとよろっとして
しまった。足腰弱くなったなぁ。。。
   
尾張富士 標高277米
何組か登っておられました。
   
奥宮でお参り、願いは叶うのか!?
年配の女性が二人いらっしゃいました。健脚な
お足だことで、恐れ入ります。
   
高いところに登ると、何故か登ったという達成感
を感じます。歩こうが自転車だろうがその感覚
は同じものだと思います。
さて下りは、おっかない! ずるっと滑ったら
そのまま下まで転がっていきそうな感じがする。
   
中宮から眺めた景色も良いですな〜
しか〜し下りは膝に堪えるから辛いのである。
   
自転車まで戻ったら、何ていうのでしょうか、とても満足感を感じました。これが山登りの醍醐味
なのでしょうか?
   
帰りは尾北自然歩道を走っていきます。桜並木
のイメージですがところどころにモミジの紅葉が
綺麗でした。
   
五条川も上流ならば自然に囲まれた景色が
残っています。カモは大急ぎで逃げていきます
が。。。
   
裁断橋公園で一息の休憩タイム。
   
下から見え上げると木に包まれたようで穏やか
な気分になってきました。
   
   
日差しが優しくて、ほのぼのとする冬の日曜日でした。
   

             
             
【2009年 目次】