TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
自転車ひとり旅 東海道 桑名宿〜亀山宿(後編)
        

#10
2010年3月22日 実走
自転車:パスハン
   

三連休の最終日、天気も良くなり、でも風が強そう。西へ向うのはきついかなと思ったけど
旧東海道を桑名宿〜亀山宿まで走ってきた! 案の定、途中で向かい風を受けて辛かった
けど、街道巡りはのんびり走行だし、止まって走っての連続だから最後まで行っちゃった!
行きも帰りも輪行の旅、でも帰りの電車内は少々気分悪し。
青空の下、自転車ひとり旅 東海道シリーズの始まり、笑!
    
 走行距離45km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2010/04/11)
国道1号に合流してから、しばらく進むと日永の追分に到着です。
   
信号交差点の向こうに日永の追分が見えてきま
した。信号待ちの車がたくさんいるので、写真
撮るのがちと恥ずかしい。
   
小古曽の集落で見つけた、これも道標!?
家の角にありました。静かな住宅街なので、
写真撮っている管理人は怪しい人かも、猫が
じろーっと見ながら通り過ぎていった。
   
実はこの東海道の道中、平坦な道ばかりと思っ
ていたら、どっこい強烈な坂に遭遇した。
杖衝坂はけっこうな勾配なので、ついつい押して
上って行きます〜。
   
芭蕉の句碑もあります。歩きでもけっこう大変だ
よな。えんやこらと坂を上って行くとようやく平坦
になり、集落が見えてきました。
   
日本武尊に関係する血塚社があります。
   
すぐに国道1号と合流したら、道路向こう側に
采女一里塚跡が見えてきた。望遠で撮影!
   
更に国道1号から反れて小谷地区に入ったとこ
ろに延命地蔵尊があります。写真を撮っていた
ら近くの奥さんがいらして今日はお彼岸の祭礼
があるとのこと、中を開けますので見ていって
下さいと嬉しいお言葉を頂きました。
   
いつの頃の物かははっきりとしないとのことです
が、古そうな観音様が祭られていました。
ご主人も来られていろいろと教えてもらい、しば
しの時間を過ごして出発です。お話いろいろと
ありがとうございました。
   
更に国道1号を越えて石薬師に入ります。石薬
師宿の入口に石碑や案内板があり、松の木が
日陰を作ってくれているので少し休憩タイム!
   
小澤本陣跡の石碑があります。格子窓が素敵
なお宅です。
   
ここにも「距津市元標へ九里四町十七間」の碑
があります。津市に近づいているので距離値が
短くなってきました。
   
石薬師宿は、ここ石薬師寺から名を取ったとの
ことでした。この辺りにくると一人歩きの男性と
何組か挨拶を交わしてきました。皆さん東海道
を歩かれているとのことです。
   
石薬師宿の外れに石薬師の一里塚跡と常夜燈
があります。ここからJRをくぐると素敵な田んぼ
の景色が広がるはず、なんだけど。
   
JRをくぐったら・・・、田んぼの景色が広がって
いるのですがまだ田植えのしていないから少々
寂しい感じ、かな。
   
街道てくてく旅 東海道編で岩本輝雄が歩いたところで、青々とした稲が揺れるのが印象的な
場所だったのだけど。ちょっと残念だなぁ。夜になれば真っ暗な道ですから、「不審者・チカンに
注意」の看板が風情をかき消してしまいそう。
反対側から一人歩きの女性がいらして、東海道を歩かれているとの事でした。
   
庄野宿に入り、相変わらず平坦な道が続くので
単調すぎて印象が少ない感じ。
   
庄野宿の資料館は大きくて、昔の庄屋の家と
言った感じがします。
   
庄野宿本陣跡の石碑がまだ新しいです。ここに
も「距津市九里十九町」の碑が、こちも新しいも
のでした。おっ距離が増えた。
   
古い家と新しい家が混在する街並みを通り、
川俣神社へと辿り着きました。ここは推定樹齢
三百年の椎(スジダイ)の木が見事だ!
   
汲川原集落に「従是東神戸領」と女人堤防の碑
があります。
   
川俣神社に到着するとこちらには「従是西亀山
領」と「中富田一里塚跡」の碑があります。
   
通りの角に小さな道標がちょこんとあります。
「いろせ道」って伊勢のことなのかな?
   
安楽川を渡る和泉橋の手前に北緯・東経が
彫られた石柱が立派! 川を見ていると何故か
ほっとした気持ちになるものです。
   
井田川、川合の町並みのあちこちに小さな道標
があります。これは「右のぎ?」、どこのことだろ
う? 
   
亀山バイパスをくぐると和田道標が見えてきまし
た。下の方から折れてしまったのかここも補強
されていました。
   
そろそろ亀山も近くなってくると、数人の一人歩
き男性と擦れ違い挨拶、緩やかな勾配の坂を
のぼると和田一里塚が見えてきました。
ゆるやかな坂とはいえけっこうしんどい。
   
亀山ローソク工場を右手に見て、左手にお城?
と勘違いするような薬局が見えてきました。
薬局は廃業されていたようです。もうすぐ亀山だ
気持ちも↑気分です。
   
NTTのタワーがちらっと見えたら見覚えのある
重厚な古い家が見えてきました。
   
道路を渡ると「東海道 亀山宿」の石碑がお出
迎してくれました。何年ぶりかなぁ。
   
無事に桑名の七里の渡しから亀山宿まで到着
です。駅前で写真をパチリと撮って終了!
   
自転車を分解して輪行袋に入れるのに19分
まぁこれくらいの時間かな。予定通り14:23の
電車に乗って名古屋駅まで帰ります。
   
   
今回、七里の渡し〜亀山宿まで走った、三年ほど前だったかな、亀山宿〜鈴鹿峠まで走ったので
これで七里の渡し〜鈴鹿峠まで通せました。
   

             
【≪ 前編へ】
             
             
             
【2010年 目次】