TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
犬山八曽へ ミニベロ散歩
        

#13
2010年5月2日 実走
自転車:ミニベロ
   

この時期は季節的にも良い気候なので走りに行くには快適なんだけど、遠出するのは大変
そう。ということは今年もGWは近場散策で終わりそうです。今年は全体的に花の開花が遅そ
うなので、もしやと思い岩崎清流亭の藤と入鹿池のツツジを見に行ってきました。
    
 走行距離35km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2010/05/04)
木曽街道を走って、もうすぐ清流亭の近くだなと思った時、中日新聞店舗前の道標が無いことに
気がついた。あれ?どこ行った? キョロキョロ探してみたらありました。
   
すぐ目の前のJA敷地内に移転されてました。
今度は傾いておらず、真っ直ぐ建っています。
   
肝心の岩崎清流亭の藤はというと、けっこう咲
いていましたがまだ蕾も多いです。
   
昨年の4月19日に来たときと同じくらい咲いて
いるようです。昨年は誰も居なかったけど
今年はカメラを持った年配男女がずらり。
   
皆さんみたいに大きなレンズのカメラじゃないけ
ど、これで充分なのであります。思いの他、クマ
バチがぶんぶん飛んでいなかったです。
   
更に木曽街道を走り、チャペルの境界で稲置
街道と分かれると、木と木の間のお地蔵様に
手を合わせてお参り。
   
名古屋から五里の五里塚の碑を久しぶりに見
ました。五条川との交差から入鹿池に向かう
こととしました。
   
五条川もすっかり狭くなり、もうすぐ入鹿池の水
門近くに来たとき、あるものを発見!
これです、ヌートリアです。
   
管理人のイメージではけっこう汚れた河川に住
み着いているものと思っていたのでけっこうビッ
クリ!でもここも入鹿池の水を放出した後だから
お世辞にも綺麗とは言えませんね。
   
少しばかり坂を上ったら入鹿池に到着しました。
ツツジが綺麗に咲いていましたよ。
   
まだ蕾も多いのでもう少しで満開と言った感じ
かな。GW中が見頃でしょう。
   
更に入鹿池の奥に行ってみることにしました。いつものように五条川を上って行くだけじゃ面白く
ないので今日は郷中川?を上ってみました。さあどこに行く!?
   
この辺りは今年の初めにも来たことあるな。
山藤が綺麗に咲いていました。
   
お店はまだやっています、暑いので冷たい缶
飲料を買ってのんびりと行きますか。
   
新緑が鮮やかで気持ち良い景色が広がって
います。
   
畑でお仕事中の方もちらほら見かけました。
川は砂交じりで濁っています、工事中かな?
   
貯水池を過ぎた辺りから勾配がきつくなってき
ました。えんやこらと上って、押し歩いて進んで
行くと、民家か?
   
民家なのか施設なのか分かりませんが大きな
敷地に家があり、周りは開放的な場所に出て
きました。この先、通行止めのどでかい看板!
   
地図だとこの辺りからも八曽キャンプ場付近まで行けそうだけど、通行止めのどでかい看板が
ネック! 入り込もうと思えば入れるけど・・・、今日は止めておきましょう。
家に帰ってGPSを見てから再度考えることにして、今日は引き返すことにしました。
   
帰り道、こんな道標を発見! 行きはまったく
気付きませんでした。
   
右うつ?道 文政??年 う〜〜〜む読めん!
でも結構古い物のようです。
   
いつもの五条川沿いの道から再度入ってみまし
た。いつ見ても落ち着く景色です。
   
こんなやつが何やら狙っていましたよ、ゴイサギ
は大きい!
   
   
もみの木キャンプ場の駐車場は大賑わい。
キャンプシーズンインですね。八曽キャンプ場も
始まっており、荷物を運ぶリアカーが並んでい
ました。
入口の鉄格子門は半分開かれているものの
ロープが張ってあり、自転車で入るにはちょっと
勇気が必要なのであります。
管理人はここで引き上げ、キャンプ中は過去に
も事故があったらしいので仕方ないか。
   
入鹿池に戻って芝生でしばしの休憩タイム。
お握りとお茶でお昼タイムにしましょ。ボートに
乗るカップルの賑やかなこと、見ていて楽しい
ものです。
   
まだ早いかなと思いつつもヒトツバタゴ自生地を
見てきました。案の定、新芽が綺麗な状態で
花はもう少し先のようでした。
   
帰りは大山川を下ってゆるゆると、風が強かっ
たせいかカワセミの姿は見かけませんでした。
   
まだ暖かな昼下がりですが、もう帰りましょう。
2時前には帰宅です。
   
   
GW 二日目、天気に恵まれた素敵な休みが続いています。
   

             
【2010年 目次】