TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
墨俣一夜城から小紅の渡し船
        

#16
2010年5月22日 実走
自転車:パスハン
   

よく晴れた土曜日、暖かな南風が吹いていたので北西の方向を目指して走っていくことに!
どこいこ〜かな、特に目的も決めずに走り始めがら考えていたら、あそことあそこに行くこと
に決定。途中、あちこちと以前連れて行ってもらったことのある場所にも立ち寄り、久しぶり
だけど嬉しい気分にさせてくれる景色を楽しんできました。
    
 走行距離46km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2010/05/23)
北西の方向を目指そうと走り始めてすぐに、財布の確認! 以前、財布を忘れて焦ったことが
あったので、持っていることを確認して再度出発。
   
国府宮神社に寄って参拝、静かな境内の中は
落ち着いた雰囲気が良いですな。
   
本町通りへと向う途中に津田製麺に寄ったら
カーテンは開いていたけど戸が閉まっていた。
う〜むお出掛け中かな。
   
   
美濃路を通るのですが、以前通して走ったとき
と反対方向に向うため、時々道に迷ってしまうの
です。反対方向に進むのは意外と難しいものと
思うのは管理人だけ!?
たこ焼き屋の交差点を抜けると、田んぼに水が
張ってありました。そろそろ田植えの季節だね。
カエルの鳴き声が時折聞こえてきます。
ついつい自転車降りて用水路や田んぼの中を
覗きながら歩く管理人、好きなんだよねこういう
水辺の生き物がいっぱいいるところは。
昔カエルやどじょうを捕まえて遊んだ記憶が蘇り
ます。
つい遊びすぎてしまい30分以上いたみたい、一人だからできる行動パターンだね。
   
以前、美濃路散策時に高木一里塚跡の碑を
見つけることが出来なかったけど、今日はあっ
さりと発見! 不思議なもんだな〜
更に美濃路を進むも、途中からあやふや状態
になってきました。あっちかな、こっちかなと迷
っていると時間ばかり過ぎてしまうので、取りあ
えず適当に進むことにします。
   
何となく見覚えのある神社横で地図と睨めっこ
しているときに、ふいに振り返ってみたら・・・、
あれ? あの形はもしやと思うものが見えた。
反対側に回ってみたら「萩原町道路元標」でし
た。へ〜こんなところにあるんだとちょっと嬉しい
発見。yamaさんが紹介していたものを見つけて
嬉しさ二倍ってところかな。
   
美濃路の通りが分からないまま、地図を頼りに
走って行くと見覚えのある萩原商店街に無事
到着しました。ここは以前、ちゃりきの事務長さ
んに教えてもらった橋本屋じゃないですか。
大判焼きを一個お買い上げです。
   
美濃路に戻って冨田一里塚跡で休憩、隣の公
園には綺麗なトイレも整備されていたので、つい
でにトイレ休憩も。こういうところにトイレがあると
助かります。ナマコ壁作りが街道っぽさを演出
していました。
   
すぐに「左 駒塚道」の大きな道標が見えてきま
す。ここも久しぶりだよな、右上に進むのが美濃
路、左上のちょっと狭い道が駒塚道です。行っ
たこと無いので駒塚道へ入ってみましたが、すぐ
に道が分からんようになった。。。
   
県道を突っ走って行くと尾西の歴史資料館が
見えてきました。ここも以前、初めてちゃりきの
事務長さんにお会いした時に連れて来てもらっ
たところだな〜っと昔を振り返ってみたり。
   
そろそろ木曽川が近づいてきたら、起渡船場跡
が見えてきた。ここの駐車場にもナマコ壁のトイ
レがあります、美濃路を意識して作っていること
は間違いないことでしょう。大きな常夜燈は見覚
えがありました。
   
ここも以前yamaさんに連れて来てもらったこと
があるところです。木曽川の河川敷に出てみる
と広〜い敷地が広がっています。こりゃ良いとこ
ろだな。タモ持って水辺で遊んでいる人たちも
いて、ちょっと羨ましい。
   
橋本屋で買ってきた大判焼きと管理人が大の
苦手とするコーヒー、ですがこういうコーヒー
牛乳みたいなのは飲めるんですけどね。
あはは〜お子ちゃまだな。
   
木曽川河川敷には歩行者、自転車の道が出来
ていました。どこからどこまであるのかな。
折り畳みに乗ったお兄ちゃんが何故かこちらに
手を振って通り抜けて行くのですが、誰なんだ?
   
濃尾大橋を渡って岐阜県に入ります、がその前にこの濃尾大橋の歩道を走るのは正直言って
怖い。高所恐怖症の管理人はこの程度でも怖いのである。真ん中を走る分にはまだしも、反対側
から人や自転車でも来ようものならビビッてしまうのであります。こういう時に限って反対側から
自転車乗りがやってくるんですよね、管理人はしっかり止まって、行き過ぎた後にまた走り始める
ことにします。走り渡ったらいい気なもので、すっかり余裕しゃくしゃく。
   
途中でガーミンGPSの電池切れが発覚したのでコンビニで単四電池を買って復旧です。こういう
時は乾電池が使えるので助かります。ちなみに今日はユピテル持ってこなかった。
   
竹鼻を通りかかったのでちょっと立ち寄りするこ
とに、古い用水路をぼや〜っと眺めたり、竹ヶ鼻
城跡の石碑を見たりしながら竹鼻別院へ。
   
ここもyamaさんと来たことのあるところだな。
藤の花は終わって緑が青々として綺麗な藤棚
になっていました。
   
長良川右岸堤防の下を北上して長良大橋を渡ればいいんだよなと思いながらこれまた適当に
走っていく、橋はどこかとうろうろしていたら、ようやく橋を発見。美濃路の通りなんぞさっぱり
記憶が無くなってしまっているのでした。地図ばっかり見て走っているからこうなるのかな。
   
長良大橋はまだ大丈夫でした、この差はいった
い何なのでしょうか!?  墨俣の一夜城に
到着です。ここも久しぶり、ひょうたんが可愛ら
しい。
   
あまり時間が無いので長良川沿いのサイクリン
グロードを走って北上することにします。今日は
南の風なのでとっても楽に走れるから楽しい!
   
しか〜し、サイクリングロードはあっちに行ったり
そっちに行ったりとけっこう大変であります。
東海道本線を抜けるところ、車両が来ないかな
と待っている時はまったく来ず。まあいいかと
通り過ぎたら来るというタイミングの悪いこと。
しかしこの先でフィガロに乗ったセクシーなサン
グラスのお姉さんに道を聞かれて嬉しかったり
する管理人でした。
   
河渡橋を過ぎたらサイクリングロードは左岸側
へと渡らなければならないけど、このまま右岸を
北上する必要があるのです。パスハンだから
このくらいのダート道は返って楽しかったりも
します。
さ〜って肝心の小紅の渡しは大丈夫かな。風が
あるし、水量は少し多いくらいだけど、どうかな。
   
   
小紅の渡し場に着いたら小屋には車が止まって
いるので人はいるみたい。
昨年の7月に始めて来た時は、前日の雨で増水
していて乗ることができなかったから、今日は
是非とも乗ってみたいなと思っていた。
小屋にいらした男性に聞いてみたら、今日は
動くよ、自転車は自分で管理してくれれば大丈
夫とのことだったので、乗せてもらうことにしま
した。
   
階段を下りて行くと船が見える、船外機が付い
ているけど船は昔ながらの形なのでボートとは
違って良い感じだね〜♪ 乗ったときの揺れ
具合が船旅を感じさせてくれます。
   
船外機付きでもゆっくりと進んでくれるので手漕
ぎの感じだし、これぞ渡し船に乗っている気分が
素敵でした。水量が多いけど水は綺麗で澄んだ
川面の上を滑るようにゆらゆらと、やっぱり乗っ
て良かった。
   
帰り際、おじさんにありがとうと声を掛けて戻って
行かれました。帰りもゆらゆらとゆっくり進むの
でとても素敵な船旅を感じられますよ。
   
こんな景色の中、管理人が乗っているところを
撮って欲しかった、さすがにそれは無理な話で
すが。。。
   
長良川を渡ったら鏡島弘法に寄ってきました。
ここも静かで良いところ、線香の香りも落ち着く
な。さ〜ってここに来たら帰りは中山道を通って
岐阜まで行くことにしよう。
帰り道は向かい風になるので名鉄で輪行する
ことにします。そのために輪行袋も持ってきたか
ら。ここまで43km、もっと走ったかなと思った
けれど意外と少なかったようです。
名鉄岐阜駅から乗るのは大変だから、一個先
の普通しか止まらない駅から乗るのが都合が
良いので田神駅に向うことにします。
   
名鉄各務原線の田神駅を目指して走って行くと
いつの間にやら中山道から外れてしまった。
でも県道の交差点に着いたら思いがけないもの
を発見! 
   
交差点の名前は「東栄町2西」、英語読みだと
Toeicho 2 W  ということは「Toei」じゃ
ないですか! 今日はTOEIパスハンに乗って
来たので、ツーショットといきたいけど一緒に写
真は無理でした。それにしても嬉しいな。
   
   
田神駅で輪行袋に入れること、何故か14分で
完了。無茶苦茶早くなったような気分だけど。
  
以前は、ここから犬山線に入りそのまま地元の
駅まで行けたけど、ダイヤ改正で変わったみた
い。犬山行きの電車ばかりなので、犬山駅で
乗り換えて16時に最寄駅に到着です。
   
   
久しぶりに北西方面に行ってきました。久しぶりの竹鼻別院や墨俣一夜城に寄って一度は乗って
みたかった小紅の渡し船にも乗れて楽しかった。
   

             
【2010年 目次】