TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
八百津の廃線跡と三勝屋のカツ丼
        

#04
2011年1月22日 実走
自転車:
ブロンプトン
   

今年も甘酒が飲みたいという家族の要望に応えて、八百津の花盛酒造まで行くことに
しました。以前も走ったことのある名鉄 旧八百津線跡を巡りながら、八百津まで行って
きました。久しぶりの電車輪行なので、組み立てが簡単な赤ブロを持って行きましたが
思いの他、坂が多くてけっこう大変な道中になりました。
途中から雲が多くなり、みぞれも降り出して帰り道はピンチの連続でしたが、念願の酒粕
とカツ丼を食べて楽しい輪行の旅になりました。
    
 走行距離26km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2011/01/30)
赤ブロ持って、名鉄に乗り込み普通電車でのんびりと犬山へ、新可児方面に乗り換えて、更に
御嵩行きを待ちながら、暖かな日差しが気持ちの良いホームのひと時でした。
   
ホームで待っていると、電車がやってきた。よく
見るとワンマン車両です。どこから乗るんだ?
以前も一度だけ乗ったことがあるはずだけど
すっかり忘れてしまった。
   
一駅だけど、のんびりと明智駅まで乗車して
駅で自転車を組み立てていたら、あっとビックリ
キャットアイの赤色サイコンが無くなっている。
ブロの輪行袋は下が開いているからどこかで
落っことしたみたい、ああ〜ガックリ。
   
気を取り直して旧八百津線の廃線跡をところど
ころ見ながら八百津へ出発しましょ。
まだ線路が残っているところもあります。
   
可児川にはかつてガーター橋が架かっていたけ
ど今は何も無い。川の流れの無いところには
氷が張っていた。さむ〜い。
   
先週の雪がまだ残っているところもあります。
青空が広がって天気が良いから余計に寒さを
感じてしまう、河川敷の日陰でした。
   
線路跡もまだ残っているし、日陰の壁面には
白く雪が残っている。この先の兼山駅跡は
どうなっているのかな!?
   
兼山駅跡は以前と同じく、まったいらな状態の
まま。桜の木も残っています。ちょうど赤ブロの
辺りから奥に向ってホームが延びていたそうで
す。
   
線路跡がすっかり綺麗な道路になっています。
中野駅があったところ。風も無く日差しが暖か
いからのんびりまったり良い気持ちです。
   
八百津駅があったところは住宅地となっていま
すが、駅跡の小さな石碑があります。あれ?
以前と場所が変わっていました。
   
お昼も近いので八百津の街中に向います。
古い赤い橋もなんだかノスタルジックな感じ。
木曽川の流れはゆったりして山は冬の景色。
   
花盛酒造の店先には大きな杉玉がぶら下がっ
ています。
   
念願の酒粕を買ってきましたよ。ここの酒粕が
けっこうお気に入りなのです。
   
   
お昼も近いので、久しぶりの三勝屋に行って
みましょう。雰囲気たっぷりのお店の感じが
良いな。赤ブロを縛り付けてお店に入ってみると
三組のお客さんがすでにいらっしゃいます。
角の机に座って、ほっと一安心。
あったかいな〜
   
メニューが多くて目移りするけれど、ふんわり
たまごのカツ丼を注文しました。
   
美味しそう、たまごもふんわりとして、カツも美味
しい。大盛りにすれば良かったかも。
   
大福でも食べようと思い、饅頭屋へ。
   
草餅、いちご大福、栗きん大福などお買上げ。
   
この辺りから青空が一気に雲が流れてきて、ぱらりと雨、次第にみぞれになってきました。
慌てて公民館の屋根下に避難して、お茶飲みながら草餅食べちゃった。
   
黒い雲は流れて、空も少し明るくなってきたので
旧八百津発電所に行ってみようと走ってみる。
   
こんなところにも鉄道らしい雰囲気の橋がありま
す。鉄道関係なのかどうなのかな?
   
   
旧八百津発電所に到着したものの、またぽつり
と降り始めるので、ここで帰ることにしました。
帰り道も途中の神社で雨宿り、時折降る程度な
ので、止んだ隙に一気に明智駅まで戻って行く
ことに。
   
明智駅から新可児へ、新可児からは乗り換え無しでのんびりとうたた寝しながらの輪行の旅を
満喫しました。
   
久しぶりの輪行の旅、のんびりと過ごすのも良いものです。家に帰り酒粕でちょっとだけ甘酒を
作って飲んでみました。一杯で酔っ払いです。。。
   

             
【2011年 目次】