TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
木曽川 廃止まじかの日原渡船でゆらゆら
        

#06
2011年2月20日 実走
自転車:
パスハン
   

木曽川と長良川には愛知県と岐阜県がおのおの管轄する県営渡船がありますが、
今期末(3月末)を持って愛知県側の日原渡船、葛木渡船と、岐阜県側の日原渡船、
森下渡船が廃止になります。特に岐阜県側の利用者が少ないため、岐阜県が廃止を
決めたため、愛知県も同じくして廃止することになったのです。以前から渡船の存在は
知っていましたが、管理人は乗ったことがありません。深夜仕事明けではありますが
日原渡船に乗りに行くため、パスハンに輪行袋を取り付けて行って来ました。
    
 走行距離50km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2011/02/21)
未明の2時まで仕事のあと、少しだけ寝ようと布団に入ったら、あっという間に8時になっていま
した。慌てて準備し9時前には出発、間に合うかな!?
   
間に合うかなと言っておきながら清洲城に寄っ
ていつもの一枚をパチリ。
   
清洲街道を適当に走って行くと、東名阪の下か
ら伊吹山が見えました。今日は良い天気だ!
   
清洲街道から津島上街道に入ってくねくね道をゆっくりと走って行きます。
   
津島上街道の交差点でちょいと休憩、時間的
には大丈夫そう。
   
津島神社への大きな道標をパチリ!
   
天王川公園の桜の木は大きいなぁ、ウォーキン
グの人が大勢良い汗かいてました。
   
津島神社にて参拝、真っ赤な大きい鳥居が
立派だな。
   
そのまま西に向えば木曽川だから、一気に走っ
て行くと冨士屋さんがありました。自販機で水分
補給しておきましょう。
   
蓮こんどら焼きといちご大福を買ってみました。
大きないちご大福ですよ。いちごが立っているか
ら何となくおっぱいみたいに見える。ひっくり返る
前はもっとリアルでしたよ。
   
   
更に西へと向うと立田の蓮根畑が広がって、
木曽川の堤防が見えてきました。鈴鹿山脈の
端から伊吹山も綺麗に姿を現してくれました。
   
愛知県側の日原渡船と葛木渡船ですが、両方
廃止になるも、今日は歴史の古そうな日原渡船
に乗ってみよう。その前に葛木渡船もちょっと
だけ見てこよう。
   
堤防を下るとすぐに葛木渡船の小屋がありま
す。人もいるので、帰りはこちらに乗ってみよう
かとも思いましたが、お話だけで次回のお楽し
みにしておきます。
   
葛木渡船はこの辺りを渡ります。と言っても分ら
ないですよね。背割堤側から人が手を振って
いるように見えるけど、呼んでいるのかな?
   
左岸堤防を上って行く道は自動車が入ってこれ
ないから自転車天国です。気持ち良い〜!
   
お目当ての日原渡船に到着したら、若いご夫婦
かカップル?が一組いましたが、肝心の船頭
さんがいないぞ。
   
お二人と話しながら川の方を見ていると、何やら
CBCテレビが取材をしているようです。乗りたい
人なのか、いつの間にやら人が集まってきて
あれこれとお喋りタイムが始まっちゃいました。
   
テレビの人が一緒に乗ってもらえませんかと言
われるので遠慮なく乗ってきました。いつの番組
で放送されるのか聞いてこなかったのが残念。
テレビに映るかな!?
   
対岸までインタビューされている人もいたけど管理人の近くに来たときには対岸に到着しました。
木曽川の水量は少し多く、雪代が入っているような少し白く濁った感じです。
水面近くを走る船は、爽やかな風と水面近くを流れ、時折飛び散る水飛沫が気持ち良い。
   
対岸に到着したら、皆さんはしばらく散策した後に戻りますが、管理人は背割堤を走るぞ。
   
まずは大学関係者が飛行しているグライダーの
発着場を見てきました。今日は男の子が道の
交通整理をしていました。またいろいろとお喋り
して教えてもらいました。
   
さて、長良川の日原渡船は事前予約が必要な
ので今回は渡れません。背割堤を通って立田
大橋目指して走って行きます。それにしても道
が綺麗になっていたけど、これには訳があるの
です。
   
一本松の下で松ぼっくりを拾ったりして遊んで
きました。そろそろ虫たちが活動を始めている
ようでした。
   
お昼も過ぎたことなので、ここらで持参のお握り
タイム。水筒のお茶であったかいな〜、今日は
暖かなので過ごし易い。
   
冨士屋で買った蓮根どら焼きは、ほんとに蓮根
の刻んだのが入っていて美味しかった。
   
ひっくり返ってつぶれたいちご大福もペロリと
頂きます。あんこが少ないから食べ易くてヘル
シーかもです。
   
ところで先ほど渡船に一緒に乗った男性に背割
堤は昨年の10月からゲートで閉じられて車の
通行が出来なくなったとの情報をもらいました。
   
立田大橋に近づくと、確かにごらんのゲートで
塞がれていました。但し関係者で鍵を持ってい
る人は通れるみたいです。ゴミの不法投棄が多
いための措置らしいとのことでした。
   
さて、桑名駅からJRで輪行する予定だったので
桑名までは養老鉄道のサイクルトレインに乗っ
てみようと思います。駅員さんに聞いたらサイク
ルトレインOKだよとのことです。
   
ホームにはこんな青い案内板があります。
写真の自転車は地べたに置きましたが、駅員さ
んに注意され、車体は立てて手で持ちましょう。
出来るだけスタンド付けて下さいと言われたの
ですが、今後はどうしようか。
   
桑名駅の一つ手前の播磨駅で下車です。
サイクルトレインはここまでで桑名駅まで行けな
とのことでした。ですが、電車の中には自転車
持った人がまだいたけど、どうなんだ?
   
美濃街道に出たのでそのまま桑名駅へ向けて
走って行くと、常夜燈がありました。
一年ぶりだね。
   
   
JR桑名駅で輪行袋に詰め込んでホームでのん
びりと待っていると快速がやってきた。
一気に名古屋駅まで20分くらいの旅です。
   
それにしても電車の中の暑いこと、春みたいな
気候に、立っていながらもうとうとするくらいの
陽気になりました。
   
   
日原の渡し船に背割堤、養老鉄道のサイクルトレン、JRでの輪行と、一度にあれもこれもと
楽しい企画の旅でした。
   

             
【2011年 目次】