TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
深沢峡の五月橋と国道418号線(後編)
        

#08
2011年3月19日 実走
自転車:
パスハン
   

木曽川には景観が美しい場所があちらこちらにある。岐阜県瑞浪市と八百津町にかけての
深沢峡も、かつては観光地であったらしい。5年前の2006年に深沢峡の一部である通行止
め区間の国道(酷道)418号線を町道分岐から八百津の丸山ダム方面に抜けたことがある。
(参照 2006年レポート15「八百津をぐるっと楽しむ」 )
更に4年前の2月には五月橋を見てみたいな〜っと思い、一度はチャレンジしたことがあるの
だが臆病風が吹いてあえなく撤退。
(参照 2007年レポート02「麦とろごはんが食べたい 中山道」 )
昨年も行ってみようかと思いつつ足が向かず止めておいたが、昨年の大雨の影響がかなり
あるのではないかと思い、思い切って出かけることにした。
    
 走行距離47km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2011/03/22)
前編から続き、五月橋到着後にあれこれと見ていると、どこからか水が流れ落ちるような音が
聞こえてくるが、どこから聞こえて来るんだんろう?
   
五月橋に着いて最初に目に入ったのが大西瑞
浪線の三角である。ここはまだ途中箇所なので
橋を渡り切り、坂を上ったところに始点か終点
の三角があったような気がする。
   
さて、五月橋を渡ってみようか、グレーチングの
下はダム湖の水が丸見え! 今まで高所恐怖
症だと思っていたが、別に何とも無いである。
まあ足場がしっかりしている時はこんなものかも
しれない。
   
長い橋を渡ってみよう、歩くとカシャンカシャンと
少しばかり音はするものの不安感は無い。
左右を見渡すとダム湖の水は随分と少なく護岸
には白い壁が2mくらい見える。左上にいさまつ
の建物が遠くに見えた。もしこんな時に震災が
来たらひとたまりもないのでは。そんな事をふと
思い慌てて走り出す。
   
しかし、橋の上で自転車付きの写真が無いのは
不十分(望遠で撮ったんじゃないかと思われる)
ので自転車付きで撮影しておこう。
更に、考えなくても良いのに、こんな時に思うの
は、前から後ろからイノシシなどが突進してきた
らどうするんだ!? そんな妄想ばかりをしてし
まう小心者の管理人である。
   
無事に反対側に到着できた、こちらからも一枚
撮っておこう。ここでふと思ったことは、昔、自動
車が通っていたときはこのグレーチング部分は
無く、赤い橋全体に板が敷かれていたのだろう
か? またしても考えても何の結論も出ないので
あった。
   
昭和29年と会社名が記されたネームプレートが
付けられていた。赤い塗料は旅足橋と同じ物
だろうか、最後に補修したのはいつなんだろう?
道路そのものが通行止めになっているのだから
この橋も通行禁止なんだろうな、そんな分かり
きったことを思うくらいである。
   
五月橋も渡ったことなので、当初の予定の第一
関門は突破した。バーナーも持って来たが火の
不始末で燃えたりしたらやばいので、ここは缶
のミルクティーで乾杯である。
   
そういえば先ほどから水が流れ下りる音がする
けどどこからなんだろう? 対岸から滝のように
落ちるところが見えた、あの音か。ちょっと安心
である。あそこに下りれば橋の下側を見ること
ができそうだが、そんな勇気は無い。
   
この先、県道と国道の交差まで上ることとする。
思いの他狭い道は、右側があっという間に木曽
川である。一歩間違えば真っ逆さま。
   
いきなり急斜面で上っていくのかと思っていたが
以外や平坦な道が続いている。前方が少し怪し
い雰囲気がしてきた。
   
うわっ、少しだが崩落している、何かが通ったよ
うな跡があるので崩落自体は少し前なんだろう
けど、通れるのか? ずりっと滑ってしまうんじゃ
ないかと不安がよぎる。まずは歩きで横断、手
を着きながら何とか行けた。戻って自転車を担
いで再度挑戦、かなりびびったが通れた。
帰りは無理かもと思う。。。
   
更に進むが道は狭い、五月橋の向こう側より
こちらの方が狭いし木曽川が見えるため怖さは
格段である。次第に上り坂になってきた。急いで
も仕方が無いのでゆっくりと確実に上ることに
する。前方に何やら見えてきた、看板か?
あそこが国道との交差かもしれない、気はせく
が足はゆっくりと上る様に落ち着かせた。
   
ふい〜、国道に到着したよ、これで一安心と言
ったところである。それにしてもこの看板は県道
に対して建てられているのか、はたまたこの先
の恵那方面に対して建てられた看板を除けた
物なのか?
後で思い出したが、びびりすぎてここにある大西
瑞浪線の三角の写真を撮り忘れてしまった。
   
国道(酷道)418号線にたどり着いたら、まずは
5年前に来たことのある町道との交差まで行っ
てみることにした。
この道は妙に路面が整地されているようだ。
やはり昨年の大雨の影響でかなり流されたの
ではないだろうか。柔らかい路面だが今日の
タイヤなら大丈夫、と思っていたらいきなり後輪
がロックしたので慌てて降りた。
   
見るとホイールと泥除けステーの間に丁度良く枝が挟まっていた。路面が柔らかいのでタイヤが
スリップしたから良かったものの、アスファルト路面だったらスポークが折れていたかもしれない。
ところが良く見ると泥除けが浮き上がっていた、枝がステーを持ち上げるようにして泥除けが持ち
上がってしまったようだ。写真は手で押して少し直したところ、それでも浮き上がっているのが分か
る状態である。スポークが折れなかったのが何よりの救いであった。
   
地道みたいなところを走っていれば、発生する
アクシデントだろうから、対して気にすることも
なさそう。走れるだけ充分である。しばらく進む
と町道分岐が見えてきた。ああ懐かしい。
   
国道(酷道)418号線の八百津方面は以前と
同じような感じがする。ぱちぱちと写真を撮って
いたらいきなりコーナーの向こうから一台の軽
自動車がやってきた。
   
ふいに恵那方面から軽自動車が来たから、かなりびっくりした。ダム関係者かなとも思ったが
違うようだ。お兄さんは恵那方面の情報をいろいろと教えてくれ、十日神楽方面に上って行った。
それにしても人気の無いところで人に会うのは、五分五分で怖いものだ。今回は優しそうなお兄
さんだったから良かったけど。
   
それでも人と話したことで少しばかり元気が出て
きたみたい。恵那方面に向ってみることにする。
対岸には白い砂浜が広がっていて綺麗だ。
   
ダムから8.8km、これは笠置ダムからの距離
なんだろう。路面は相変わらず整地されて走り
やすい。
   
徐々にではあるが下って行く、この先の行き止
まりゲートがあるところまでは行って見ることに
した。その先はそれから考えよう。
   
1kmも走らないうちに行き止まりゲートが張られ
たは市に到着した。車の切り替えしタイヤ跡が
しっかり残っている、脱出できて良かったね。
   
   
この先はどうするか? 距離にして5km以上は
あると思う、お兄さんの話では新たな崩落が発
生しているが階段が作られているかもしれない
とか、少々曖昧な情報をいろいろと教えてくれた
ので返って踏ん切りが付かなくなってきた。
かと言って五月橋への道を戻るのも、八百津方
面や十日神楽方面に行っても帰りの問題がある
悩むこと数分。時間の関係もあり知らない道を
進むよりも今来た五月橋を渡ったほうが得策と
判断して戻ることとした。それでも難関は待ち受
けているけど。
   
   
戻るとなると五月橋までの下り道は、今までと
自転車を持つ関係上、自分が木曽川側になる
ためかなりおっかない。これ以上は写真を撮る
余裕も無く歩くことに専念することにした。
先ほどの崩落の場所では自転車を左手で担い
で持ったりして、バランスと気持ちの整理をしな
がら何とか五月橋に到着できた。
しかし、まだまだここから、五月橋を渡り今度は
上るが、ガレが多いため手こずる。途中、休憩
休憩の連続だったが、最後の崩落現場も担い
でダッシュで乗り越えた。
   
   
あ〜、何とか鎖の通行止め箇所まで戻って来れ
ました。ここでほっと一息、ミルクティーとクッキ
ーのおやつタイム。
撮ってきた写真を見つつ、今までの激動の3時
間を振り返るのであった。
   
帰りは中山道に戻り、大湫宿方面に向かうこと
にする。帰りも電車輪行することでのんびりでき
るかな。
   
中山道に戻り、街道の雰囲気を味わいながら
人と出会うことは無くとも、街道巡りって安心で
きるなとほっとしたような気持ちになれる。
   
雑木林の道を走ると、奥之田の一里塚跡や弁
財天、北野神社で手を合わせる。琵琶峠は
迂回することにして大湫の近くまで来た。
   
鳥帽子岩と母衣岩(写真は母衣岩)に到着。
いつ見ても大きな岩だな。
   
近くの東屋で休憩タイム、ここならバーナーでお
湯沸かしても大丈夫そうなので、暖かな紅茶を
頂きます。
   
大湫宿に到着、ここまで来ると大井宿までの間
にある、あの紅塚一里塚跡近くの景色が見て
みたいと思う。
   
今日は無理だろうから、もう少し暖かくなったら
出掛けてみよう。大杉に手を合わせて、いつも
の何気ない生活に感謝する。
   
JR釜戸駅までは一気に下ったけど、普通車両
には乗れずセントラルライナーに乗り、乗り換え
ながら神領駅に無事到着した。
   
しかし神領駅から走って帰ろうと思ったけど、
かなりの距離を走った。こんなことなら名古屋駅
まで乗って戻ってきたほうが良かったかな。
   
   
念願の深沢峡の五月橋を見てきました。どうせなら国道(酷道)418号線の残り部分もと思った
けれど、今回は止めておきました。また次回があるかは不明でしょう。
   
今回は通行止め個所への無理な侵入等、安易に自己責任という言葉では済ます事ができない
コース取りをしています。もし走られるような場合は、ご自身の責任において判断してください。

   

             
【≪ 前編へ】
             
             
             
【2011年 目次】