TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
愛知 尾張三大弘法大師
        

#13
2011年5月5日 実走
自転車:
ミニベロ
   

愛知県名古屋市の北側には弘法大師の像があると聞きました。ネットで調べると尾張三大
弘法大師など、5体の像があるので見に行って来ました。手を合わせるときは無心の境地
のはずなのに、あれこれと思いが巡ってしまうのは邪心のせいかいな?
ミニベロ用に作った、手作り感満点の帆布製フロントバッグの使い心地も試してみたいので
いそいそと出掛けてきました。
    
 走行距離57km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2011/05/08)
尾張旭市に行くならやはり矢田川沿いの遊歩道を走っていくのが気持ち良さそう。左岸の遊歩道
は昨年工事中で通れなくなっているところがあったけど、どうなっているのか?
   
通行止めも覚悟して矢田川左岸の遊歩道を
走って行きます。快調に走れますよ。散歩の
人に注意しながらミニベロ快走です。
   
休憩のタイミングを逃して一気に20kmも走って
しまった。かなり暖かくなってきたので、ここらで
最初の休憩タイム。水分補給してぶらり。
   
名鉄 尾張旭駅から地図を見ながら探さなくっちゃ。地図に大体の場所をメモして来たけど、
大雑把過ぎて最初の退養寺の入口が分からん。
坂を上りきったところで気が付いたけど、どうも行き過ぎたみたい、ありゃ〜引き返さなきゃ。
   
横道から入り込んで無事に退養寺の山門前に
到着です。尾張三大弘法厄除大師と彫られて
いました。期待わくわくですが、どこに弘法大師
像があるのでしょう、うろうろと探しました。
   
境内の中におられるのでは無く、愛宕山へと
移動して竹林の中を上がっていくと、綺麗に塗ら
れた弘法大師像が見えてきました。手を合わせ
て無心の境地のはずです。。。
   
お城が見えてきたので何じゃらほいと見に行く
と、ここは城山公園だね。犬の散歩をしている
人の多いこと。
   
ちょっと早めのお握りタイム中に、犬の散歩の
人が次から次へとやって来ました。犬に見つめ
られてしまう管理人でした。
   
   
名鉄 印場駅へと下って行き、すぐに良福寺を
発見。山門の前に敷地内の案内板があるので
すぐに場所が分かるので一安心です。
ゆっくりと山門眺めて、本堂で手を合わせてから
裏手へと入って行きます。
   
ここに尾張三大弘法第二番 開運大師と彫られ
ています。どんな感じなんでしょう、期待わくわく
しちゃいます。
   
おお〜弘法大師像は立派で正統派なイメージ
でした。すぐ裏手に住宅が見えるのがいまいち
だな。昭和6年に造られた像ですがしっかり作ら
れているようです。
   
   
次は小幡緑地の本園内に弘法大師像があると
のことですが、お寺の名が書かれていないのは
何故なんだろう。そんなこと考えながら、住宅街
を抜けると金城学園大学キャンパスの真ん中を
通過して行きます。
小幡緑地に到着したら、湿地帯が広がる緑ヶ池
が見えてきました。綺麗なとこだな。しばし休憩
してぼんやりしていました。
   
小幡緑地内へと入っていくと、すぐに弘法大師
像が見えました。ここの弘法大師だけが座って
いるのは何でだろう?
   
御花弘法大師、今までの厄除大師や開運大師
とは何だか雰囲気が違います。ここが尾張三大
弘法大師の第三番なのでしょうか? 不明!
   
   
猫がのんびりとくつろいでいました。
眠たいにゃ〜ん。
   
庄内川を渡ってまずは春日井駅前へと行って
みました。駅前の案内板があったので見ている
と弘法大師像の場所が書かれていたのですぐ
に見つけることが出来ました。
   
駅前、住宅街の中にでんと立っている弘法大師
像は、笠を被っていますね。昭和7年に造られ
た像ですが、JR中央線の旧鳥居松駅の完成に
合わせて作られた物のようです。
   
最後に勝川駅方面に移動して勝川駅前通(大
弘法通り)に案内板があります。
   
こちらも路地裏へ入って行くと勝満山 弘法大師
と書かれていました。
   
   
五体の弘法大師像を見ながら、手を合わせる
ものの、無心の境地には程遠い思いが巡って
しまいました。でも結局、第三番が分からずじま
いだな。
   
帰りには名古屋空港のエア・フロント オアシス
公園に寄ってきました。久しぶりだな〜。
以前のように大きな飛行機の離発着が無いし
時間的にも飛行機が飛んでくる感じは無し。
それでも久しぶりの景色は気持ちが良いもの
です。
   
弘法大師像に手を合わせながら、あれこれと思いが巡るいち自転車旅でした。
   

             
【2011年 目次】