TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
2011 近江へ自転車ツーリング(二日目)
        

#20
2011年7月16・17日 実走
自転車:
パスハン
   

久しぶりに一泊で自転車ツーリングに行ってみよう。随分前から考えてはいたものの、中々
ふんぎりがつかず。三連休の土日は天気も良さそうだから、さてどこへ行く? 久しぶりに
近江方面に行ってみよう、近江なら米原辺りで宿を探せば、のんびりゆったりのサイクリング
が出来そう。行きは関ヶ原駅まで輪行し、関ヶ原〜長浜〜彦根へ、近江鉄道に乗って米原へ
と移動し宿泊です。
二日目は久しぶりに中山道を走って、醒ヶ井〜柏原〜関ヶ原〜垂井へ、暑くなってきたので
早々に輪行で帰ってきました。
今回はユピテルのGPSを持って行くも、二日目は電池切れで走行距離が不明です。
    
 走行距離20+?kmくらい (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2011/07/24)
近江屋旅館での目覚めは気持ちよく、爽やかな感じで起きられました。名古屋と違ってむっとした
湿度が無いから過ごし易いです。今日は中山道を走って行く予定ですが、5年ぶりくらいかな。
道を覚えているか心配もありますが、さあ出発、女将さんに見送られながら二日目開始です。
   
近江屋旅館の前の道は、中山道から分岐した
北国街道になるそうです。大きな案内板があり
ました。
   
右へと進んでいくと中山道 鳥居本宿に着くそう
だけど、どこから分岐するのか分かりません。
今思えば、確認しておくべきだった、失敗。
   
北国街道の通り、この辺り米原宿になります。
   
米原宿の案内板とお地蔵様がおりました。
   
この先には北国街道と中山道の分岐の道標が
ありますが、その前に目に入ったのは赤ポスト。
今日も見つけちゃいました。
   
北国街道と中山道の道標がある、旅館かめや
の分岐道。かめやは改装中とのことで今回は
宿泊できませんでした。
   
かめやの前にある大きな道標、左が北国街道
右が中山道です。中山道と言っても、この先、
中山道に合流するということです。
   
一山超えて中山道の番場宿まで繋がっている
のですが、どの辺りに合流するのか楽しみ。
   
摺針峠を越えるよりも、こちらの深坂道を通った
方が楽ですし、彦根の湊にも出れることから
1611年にはすでに道は整備されていたそうで
す。それだけ重要な道だったのです。
   
深坂道を越えたら、この先は下りの連続なので
気持ち良い。高校の横を通り抜けて一気に下っ
て行きます。
   
ぐるっと山を越えて曲がってきたら、見覚えのあ
る交差点に到着しました。大きな番場宿の碑が
右手にあります。
   
中山道を走ったときに、この道標は何だろうと
思っていたけど、この道のことを示していたので
すね。この先、米原と指差しの道標です。
   
先を進むと、途中から醒ヶ井に折れる中山道の道を見失ってしまい、国道を走って行くことにしま
した。あれれ〜、おかしいな。
   
JR醒ヶ井駅に到着したら、近江屋の女将さんに
教えてもらった水の駅に到着、ここにも丸い赤
ポストを発見。
   
中山道に戻ると、資料館の前にも丸い赤ポスト
がありました。少し色合いや形が違うぞ、よく見
ると、展示資料用のポストで現役の物ではあり
ません。
   
   
そうそう西行水を見に行こうと思い、引き返しま
す。岩の間から流れ出てくる水はたんたんと
流れて冷たかった。
隅のほうにはやかんが冷やしてありました。
ちらっと小さな魚が泳いでいたけど、ハリヨじゃ
ないでしょう。
水汲みしていた隣の家のお母さんに挨拶して
いろいろとお話しが聞けました。
   
地蔵川の流れは静かで気持ち良い。観光客も
ほとんどいない今の時間が過ごし易いです。
   
梅花藻の花が咲いていた、初めて見ました。
水の流れにゆらゆらと揺れて涼しげな感じ。
   
   
こんなに小さな花ですよ。藻から延びる茎は
花を水面に出すために長く延びているのでしょ
うか。受粉とかはどうするのか、気になるところ
です。
この頃、細かいけどぽつりぽつりと雨が落ちて
きました。天気予報では晴れだったのに、大丈
夫か?
   
小さな水車が回っております。女性カメラマンが
撮っていました、撮っている人の姿を観察してし
まう管理人、人の動きは意外と面白いですね。
      
小さなスイカも冷やしてあります、かき氷の幟も
ひらひらと揺れていました。
   
先ほどのお母さんも言っていましたが、昔はもっ
と綺麗だったと、ハリヨもたくさん泳いでいたと。
今でも綺麗だと思うのですが、昔は自然に近い
状態での素朴な美しさがあったことでしょう。
   
梅花藻は今でも花を付けてくれています。昔は
もっとたくさんの藻があったのかもしれません。
この綺麗な流れが、いつまでも残ることを願う
ばかりです。
   
居醒の清水もこんこんと湧き出ております。
   
湧き出ている感じが分かりますか。
   
中山道を先に進み、コンビニから国道を反れて
川沿いで休憩タイム、ふっと青い物体が飛んで
行きました。カワセミだ!
   
ここからの中山道は道がよく分かって走り易い
です。大きな碑もあります、昔の道標も残って
いました。
   
ビアンキで走った時も、ここで写真撮ったよな。
今日は青々とした田んぼの景色が綺麗だった。
   
中山道はこんな感じでくねくね曲がっています。
電柱が無ければ、良い景色なんだけど。
   
柏原宿へとやってきました。中学生くらいの女の
子が二人、自転車に乗ってやってきました。
元気に挨拶してくれると嬉しいものですね。
    
柏原宿に入った頃には、日差しが照り付けて
暑くなってきた。通りにはほとんど人影も無く、
ひっそりとしています。
   
滋賀県から岐阜県への県境に到着しました。
テッシーがジャンプしたのを思い出します。
   
左 岐阜県、右 滋賀県、この水路が県境を
示しているのかな。
   
あっという間に関ヶ原に到着、暑くて写真撮る
気がうせてきた。
   
大きな丸筒に描かれた、関ヶ原の合戦の武将
たち。
   
昨日、気になっていたお店が開いていたから
寄ってみました。
   
やぎ乳のジェラートです、暑さであっという間に
溶けていくよ。
   
近くに居た子ヤギたち、でも男の子でした。
   
中山道に戻って松並木の道を通って行きます。
垂井の一里塚に到着しました。そういえばGPS
の電池が切れて走行距離が分からず。
   
ここにも丸い赤ポストを発見! そろそろ暑くて
だるくなってきた。
   
垂井宿に到着したら、もういいかな。昼過ぎでし
たがここで輪行して帰ることにしました。
   
久しぶりの垂井駅に乗り込みます。座ることは
出来なかったけど、ふちに陣取ることができた
し、涼しく帰ってこれて良かった。
   
   
久しぶりの一泊ツーリングでした。一日でも行ってこれそうな距離でしたが、一泊することで
余裕ができ、こんなに気持ちの持ちようが変ってくるとは思いませんでした。
また一泊でのツーリングに行ってみたいな。
   

             
             
【≪ 一日目へ】
             
             
             
             
             
             
【2011年 目次】