TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
稲沢 円光寺の萩の花
        

#26
2011年9月19日 実走
自転車:
BD−1
   

3連休の最終日、今日は祝日です。稲沢市内の行ったことの無い名所にでも行ってみようと
思い出掛けてきました。小学生の頃、父親に連れて来てもらったSLが置いてある公園や、
三重塔があるお寺など、久しぶりに萩の寺にも寄ってみることにします。
円光寺では萩茶を無料で振舞って頂いたので、縁側に座って風流な気分を味わえました。
    
 走行距離45km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2011/09/21)
稲沢駅周辺からスタート、宮浦公園を探して住宅街をちょっとばかりウロウロしてしまった。
   
公園の片隅にSLは保管されていた。ここに
保管されているのは D51 823 である。
   
周りを金網で囲ってあるから近づけないし、日
差しが当たり白く反射している。これでは写真も
撮れない状態だった。
   
朝は真っ白になってしまったので、帰りにもう一
度、撮りに来たのがこの写真。これでもおぼろ
げにしか車体の輪郭が分からない状態である。
   
プレートだけでもと思い撮ったのがこちら。
D51 823 です。かつては稲沢駅がかつて
操車場だったころの車両かな?
   
萩の花が咲いている、蝶が蜜を吸いにひらひら
飛んでいる姿が微笑ましく感じる。帰りには萩の
寺に寄ってみよう。
   
稲沢町の道路元標の周りの植物は、少し手入
れされているようだった。
   
美濃路の稲葉宿だが、今日は近代化当時を
探してみたら中部電力 旧稲沢営業所の建物
が残っていた。
   
古い家屋の軒先に赤丸ポストが建っていた。
赤丸ポストも近代化の象徴と言えるのだろう。
   

日本の近代化の管理人が思う一番といえば、やはり新幹線だと思う。稲沢市内では新幹線の
沿線に田んぼが広がる景色が多く、絵になると思う。走り抜けるN700系。
   
最近、知ったのだが稲沢市に三重塔がある。
造りは新しいと思うし、甚目寺観音の三重塔に
比べると幾分小さく感じた。「明徳寺の三重塔」
   
こちらのお寺には、山門の上に鐘着き堂があ
る。偶然見つけた光園寺の山門である。
   
尾張水道みちを通って、尾西の排水機場へ
来てみた。日陰が無いからとても暑い。
   
日光川 祖父江放水路・玉野放水路について
勉強中なり。
   

日差しが強い、ヘラブナ釣りの人達はビーチパラソル持参で涼しそう。
この後、久しぶりにマックで月見バーガー食べてきました。
   
帰りに円光寺に寄ってみた。この時期は萩の
花が綺麗だから。半分くらい咲いているよう。
   
すでに盛りを過ぎた花も幾分あるようだ。
本堂に上がってお参りしよう。
   
無料で萩茶が振舞われていたので頂いた。
縁側に座り風流な気分を味わうことができた。
   
萩の花にモンキチョウ、光ってモンシロチョウに
見えてしまう。
   
庭に咲く萩の花、じっと見つめているといろいろ
と見えてくるものだ。
   
お地蔵様がちょこんとおられた。いつも見守って
下さるお地蔵様に手を合わせる。
   
ぶるんとした花びらが好きだ。
   
いつみても可愛らしく思う。
   
萩の花と鐘着き堂。花とお寺は合うのだろう。
   
本堂を眺めると、落ち着いた気持ちになれるか
な。
   
   
4時間ほどしか時間が無かったが、楽しい自転車旅になったと思います。
   

             
【2011年 目次】