TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
落葉しはじめた寂光院の紅葉
        

#38
2011年12月11日 実走
自転車:
パスハン
   

紅葉もそろそろ終盤を迎えたであろう、11日の日曜日。
犬山の寂光院へ行って来ました。終わりかけとはいえ、今年の紅葉は全体的に遅かったので
まだ落葉の景色が見れるのでは? そんな期待を込めて出かけてみます。
五条川沿いの道から犬山へ、寂光院の紅葉は終盤とはいえ、まだまだ見応えがありました。
帰りは大平林道を走り、可児市へと抜けて木曽街道を通るルートで帰ってきました。
    
 走行距離 61kmくらい (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2011/12/18)
朝方は随分と冷え込んだので、出発するのを少しためらったりしながら8時30分過ぎに出発!
   
五条川沿いの尾北自然歩道には、桜並木の間
にところどころ鮮やかなモミジが色付いてます。
   
カモとコサギが初冬の日差しを浴びながら、
遊んでいるようです。
   
神社脇の道には、イチョウの葉が落ちて黄色い
絨毯のようになっていました。
   
尾北自然歩道から尾張広域緑道を通る頃には
少し暖かくなり、時計台も10時を回ったところ。
   
木津用水沿いの道に反れると大きなイチョウが
あり、綺麗に黄葉しています。
   
この木の黄葉は初めて見たような気がします。
今年は祖父江の黄葉を見逃したので嬉しった。
   
成田山の裏手へ上ると、少し終盤ではあるもの
の、綺麗な紅葉がお出迎えしてくれます。
    
モンキーパークからの歓声を聞きながら、山間
の道をえんやこらと寂光院へ向いましょう。
   
寂光院の駐車場は、車の待ちがでるほど賑わ
っております。自転車なので奥の駐車場に入ら
させてもらいました。
    
終わりかけの木もありますが、まだまだ綺麗に
色付いている木もあり、楽しめそう。人出も多く
賑やかな寂光院でした。
    
階段をえんやこらと上って行くと「七福神」の幟
が揺らめいていた。犬山七福神めぐりをしたの
は一昨年だったかな?
階段の脇にはお地蔵様がちょこんとお出迎え
してくれる。寒いだろうと毛糸の帽子と前掛けを
してもらい、嬉しそうな表情のお地蔵様。
   
階段の真上にはオレンジ色に染まった木々が
とても綺麗でした。
   
見上げながら階段を上るのは、危ないのでしば
し止って眺めてみる。
   
階段の最上段に到着すると、真っ赤なモミジが
出迎えてくれた。
   
日が差し込むところと日陰でくっきりと鮮やかな
コントラストを見せてくれました。
   
盛りは過ぎたものの、日が当たると尚綺麗に輝
いてくれたモミジの木に感謝です。
   
落葉の盛んなモミジばかりかと思っていたけど、
思いのほか鮮やかな紅葉が見れて良かった。
   
展望台に上ってみました。遠くにモンキーパーク
が見えました。
   
思いっきり望遠にしてきたら「若い太陽の塔」が
見えました。一般公開されているそうです。
   
階段の下りは、また違った景色が見えるのが、
嬉しいです。
   
屋根に積もった落ち葉が雰囲気を出しているし
木々の紅葉も行きとは色合いが違って見える。
   
寂光院を下って不老滝へと寄ってみました。小さな滝ですが、周りは竹林と紅葉でとても綺麗で
す。滝の上にもモミジが色付いており、何だか嬉しい気分にさせてくれます。
   
今日は大平林道に入ってみることにします。
この辺りは植林の林なので紅葉はあまり期待
出来そうにはありません。
   
それでも時折、赤や黄の葉を付けた木があり、
逆にポツンと一本だけ色付いているので綺麗に
見えてくる感じです。
   
徐々に上って峠のようなところに到着。鳩吹山
への登山コースにもなっているので、次の機会
には一度くらい登ってみようかな。
   
少し下ったところは、松尾池からの木曽街道と
合流します。それにしても落ち葉がいっぱい。
カサコソと冬の山サイが楽しめます。
   
善師野から木曽街道へと入ってみる事にしまし
た。信号待ちしていたら気になるものが!
    
これは道標ではありませんか! 以前、木曽
街道を走った時には気が付かなかったような?
   
お地蔵様がたくさんおります。
   
あれ? 外灯の下にいらしたお地蔵様の道標
が無くなっている。
   
周りも整地されており、ぐるっと見回してみたら
あそこに鎮座しております。見えるかな?
   
こちらにいらっしゃいました。工事が終わったら
元に戻してもらえることをお祈りして。。。
   
   
終わりかけの寂光院の紅葉でしたが、思いのほか見応えもあり楽しめました。
   

             
             
【2011年 目次】