TOP − Bicycle

そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
中山道 木曽路 1月1日 木曽福島
        

#01
2011年1月1日 
ウォーキング 徒歩
   

今年の正月休みは例年とうって変わり、雪の中をウォーキングという趣向にしてみました。
どこが良いかなと、一度は行ったことのある中山道の木曽路を歩いてみます。
元日は木曽福島から中山道 中間の碑まで。
2日は奈良井宿から鳥居峠を越えて薮原宿まど。
そんな感じで雪を楽しんできました。
    
 走行距離13km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2011/01/08)
青空フリーパスを買って、名古屋駅から中央線に乗り中津川駅で普通 松本行きに乗り換える。
木曽福島駅にて降りると、思ったよりは雪は少なく感じた。
   
ちょっとレトロな普通車両である。雰囲気があり
良かったかも、寒いよりはましだがヒーターが
とてつもなく暑かった。
   
駅で降りたのは数人、管理人も待合室で少し
休憩したのちに出発しよう。
   
上段の道に上がり、地元の人すら見かけない。
冬に来たのは今回が初めて、いつもとは雰囲気
の違う街並みはどこか寂しげな雰囲気が漂って
いるものだ。
   
水の街、行きよい良く流れる水の周りはカチン
コチンに凍ってる。つるっと滑りそうなので
慎重に歩いて行かなくっちゃ。
   
下り道は更に慎重に歩くが、凍結防止剤が大量
にまかれているので凍ってはおらず、安心して
歩けるのが嬉しい。
   
木曽川の上流である、味曾川の流れはまだまだ
ゆったりと流れている。足湯はふたが閉めてあ
るが湯はたっぷりありました。
   
中山道に戻って福島の関所跡に上る坂道で、
馬頭観音様に手を合わせながら進もうか。
   
上は一面の雪で真っ白だった。広々とした敷地
に観光客などおらず遊んでみたら楽しかった。
   
途中、国道沿いを歩いたりもしながら北へと向
かうと、雪が徐々に少なくなってくる感じがする。
   
アスファルトの道から右上へと続く中山道に入る
と、何故だかちょっと嬉しかったりする。
   
   
3年ほど前にこの道を自転車で走ったときは
北から南へと向ったので、今回は反対向きに
なる。正直言って半分くらいは覚えが無い景色
が広がっていた。
今回は歩きということもあり、木曽路の地図を
見ながらゆっくりと進める。自転車の時よりも
目に飛び込んで来るものが多くて、なかなか前
に進まないものだ。
   
こんな地道を通ると更に嬉しく感じる。愛知県民
の管理人にとってはこの辺りの雪はサラサラと
していてとても気持ちが良い。
   
畑の真ん中を歩いていく、足跡、自転車の跡、
犬の足跡が点々と続いていくのが中山道らしい
感じがして雰囲気満点だね。
   
   
ようやく中山道 中間地点の碑に到着した。
雲が厚くて遠くの山はよく見えないが、気持ちの
良い景色が広がっていた。
ここで宮ノ越宿まで行こうか迷ったが、これから
の道中は単調な道が続くし、明日の峠超えを
考えたら早めに宿に入ったほうが良いということ
で、原野駅から戻ることにした。
   
正月早々の原野駅は誰もおらず。時刻が近づく
と地元の方が数人乗りに来られた。
   
ライトを付けてホームに入ってきたワンマン車両
に乗って中津川まで戻って行った。
   
   
元旦の道中はほとんどフラットな道のりなので、楽しくウォーキングといった感じで楽しめた。
明日はどうなるかな。
   

             
             
【後編へ ≫】
             
             
             
【2011年 目次】