TOP − Bicycle

そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
低山トレッキング 鳩吹山〜継鹿尾山を縦走
        

#01
2012年1月7日 
トレッキング 徒歩
   

今年も最初はトレッキングからのスタートになりました。
この鳩吹山〜継鹿尾山への縦走ルートは、一昨年の年末に犬山の栗栖地区を訪れた時に
頂いた登山ルート地図を眺めて、いつか行ってみたいなとずっと考えておりました。
山道を10km以上歩くため、気分の乗った日じゃないと難しいと思っている間に一年が過ぎて
しまいました。今日は天気も良さそうなので、電車+徒歩で鳩吹山から継鹿尾山の縦走ルー
トを歩いてきました。
    
 歩行距離 12km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2012/01/11)
名鉄に乗って、のんびり電車の旅を楽しみながら可児川駅に到着しました。山登りらしいグルー
プも数名お見えのようなので、今日は登山者が多いかもしれません。
可児川駅から真っ直ぐ山に向って歩き、大脇登山口の入口までやって来ました。
   
自転車では何度か通ったことがあるので、この
案内板は見覚えがあります。駐車場には車も
数台止まっているため、すでに登られている人
も多いことでしょう。
   
早速、国道41号線の高架下を通って、登山
ルートへと入って行きます。手ぶらの人もいるの
で、散歩コースにもなるくらいの道のよう。地図
ではいきなり九十九折れだけど大丈夫か?
   
鳩吹山へは、九十九折れ道を上って一気に
高度を上げて行くため、いきなりしんどいけど
ゆっくりと上れば大丈夫。自転車だって同じこと
だから。
   
鳩吹山へのコースから少し反れて、小天神の展
望へと歩いて行きます。ここからは可児市の
眺望が良く見えます。写真は工場から上る真っ
白な蒸気が空気の冷たさを感じさせてくれる。
   
小天神から鳩吹山の頂上へ向けて更に上って
行きます。
   
登山道はしっかり造られているので歩き易いた
め、初心者でも割りと安心できる。
   
東屋が見えてきました。小天神よりも標高が高
いし見晴らしが良いため、開放感のある景色が
楽しめます。
   
更に上って行くと鳩吹山の頂上に到着しました。
登山者も何人かおられて、人気の山のよう。
朝の散歩という人もいました。
   
鳩吹山頂上の碑で記念の一枚!
   
三角点があります。影が長いが9時30分です。
   
鳩吹山から可児市方面の眺望が素晴らしいです。天気が良く、空気が冷たいからとても綺麗な
景色を見ることが出来て良かった。
   
今度は西山、継鹿尾山方面へ歩いて行こう。
ここから下り道になるため足元注意です。
   
日陰には小さいながらも霜柱が出来ていた。
ひょろっと伸びているけどこれも綺麗だね。
   
ここから西山休憩小屋まで1kmちょっと。30分
で歩けるかな?
   
稜線つたいとはいえ、けっこうアップダウンの
連続が堪えます。
   
西山へ行くにはこの分岐で二つのコースがあり
ます。今回は短い西山休憩所へのコースを選び
ました。
   
途中にはけっこうな岩場もありますが、手を付く
まではいかないので、足元さえ踏み外さなけれ
ば、楽しい道のりです。
   
ようやく西山休憩所に到着しました。ほぼ30分
くらいで歩いてこれた。
   
鳩吹山登山道の分岐には、細かな地図があり
現在地も記されているので歩くのも安心です。
   
この分岐は桃太郎神社へ下るコースでした。
まだまだ真っ直ぐ進みます。
   
石原登山口方面へ進みます。この先、中電の
鉄塔の写真を撮り忘れてしまいました。
   
石原登山口まではもう少し。
   
案内板が質素な物になりました。愛知県に入っ
たからかもです。
   
大平林道の石原登山口に到着しました。
鳩吹山は火気厳禁(タバコ、焚き火、ガスコンロ
類等のすべての火気)なのでガスコンロは使え
ません。山ですから当たり前でしょうけど。
   
大平林道を挟んで、今度は継鹿尾山へと向い
ます。左手からは善師野からのコースが合流し
て来ました。この辺りは東海自然歩道の愛知
コースのようです。
   
東海自然歩道はこの様な階段が作られていま
すが、これがけっこう手強いです。
   
階段を上って下っての連続だし、もう上りの階段
が見えてきました。
   
階段上りはけっこう堪えます。足が上がらん!
途中で休憩しながら上って行きます。
   
椅子があったのでここでお昼にしましょう。
お握りと水筒で暖かいお茶を頂きました。
   
更に何度か階段を上って行くとここが継鹿尾山
の頂上のようです。国土地理院の二等 三角点
がありました。
   
東屋の向こうにはかなり展望が開けているみた
い、先客に挨拶して管理人も景色を楽しんで
きました。
   
ど〜んと広がる、木曽川、犬山城、伊木山とモンキーパークの施設が眼下に広がっていました。
先ほどの可児市の景色といい、犬山の景色といい、初めて見る景色には感動させられますね。
   
ここからは寂光院に向って東海自然歩道を下っ
て行くと、奥宮がありました。お参りします。
   
下り道の至るところに、お地蔵様がおられます。
その都度、手を合わせながら下ってきました。
   
階段をずんずんと下って行きます。
   
寂光院の本堂に到着しました。
   
本堂からの階段を下りて、木曽川沿いの道を歩きながら、名鉄 犬山遊園駅に到着しました。
   
   
以前から一度歩いてみたかった鳩吹山から継鹿尾山への縦走ルートは思ったよりも楽しい道の
りでした。こんなことならもっと早く歩きに来れば良かったなぁ。
   

             
             
             
【2012年 目次】