TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
木曽川左岸のサイクリングロード
        

#16
2012年5月13日 実走 
自転車:
パスハン2
   
木曽川左岸にサイクリングロードが作られており、順次距離が伸びているそうです。
前回、江南のふれあい橋から犬山まで走ったので、今回は冨田山公園からふれあい橋まで
を走ってみようと思います。道はどんな感じで出来ているのでしょうか。
    
 走行距離 62km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データはこちらへ
                                    (作成2012/05/20)
目指す冨田山公園まで20kmくらいあるのでは!? 走り始める前から距離が伸びそうなので
足の進みが悪いこと。
   
気を紛らわすために性海寺に立ち寄ってみま
した。アジサイの生育状況はどんなもんじゃろ。
   
木にもよりますが、割と大きく育っているようで
す。今年もアジサイは期待大かも。
   
山門入り口付近にヒトツバタゴの木があります
が、真っ白な綿帽子みたいに咲き誇ってます。
   
これだけ真っ白なヒトツバタゴの木に出会えるの
も久しぶり、良い気分で走って行けそう。
   
美濃路の通りに入り、稲葉宿、萩原宿を抜けたところで西に向かって走って行きます。初めて来
た冨田山公園の南側駐車場から堤防道路へと入り込んで行きます。テトラが並んでいる地道を
走っていくと新幹線が走る橋が見えてきました。
      
橋の下流側までサイクリングロードは出来てい
ました。ここが今日のスタートになります。
   
サイクリングロードに降りてきました。快晴の日
差しを浴びて、さあ出発!
   
ウォーキング、ジョギングの人達も多いので十分
に注意しながら走りましょう。
   
左が歩行者、右が自転車に区分けされています
が、実際にはごちゃまぜになってますね。
   
濃尾大橋を越えるとテントと人だかりが出来てい
ました。今日は美濃路 起宿のイベントが開催さ
れており、賑わっていました。
   
その先も快調に走っていたらサイクリングロード
は終点、細い道を上っていき、堤防道路を車と
一緒に走ることになります。
   
尾濃大橋の前後にある木曽川緑地公園内は
サイクリングロードはありません。
   
遊歩道だけなので、自転車は堤防道路を車と
一緒にまだまだ走って行くことになります。
   
堤防道路が右下に下りて行くところから、サイク
リングロードが出来ていました。
   
この先は北方まで快調に走れますよ。木曽川橋
の下もぐるっとカーブして抜けられます。
   
堤防道路から河川敷へと降りていきます。
雲ひとつ無い青空の下、とても気持ちが良い!
   
かつての木曽川橋に使われていたレンガを
保存してありました。
   
名鉄本線も橋の下を抜けられるので、あっとい
う間に走り抜けられます。
   
電車が走ってくるとついつい撮りたくなっちゃい
ます。
   
JR橋、新木曽川橋を越えて138タワーが見え
てきたところで道が無くなった! ところが堤防
上にサイクリングロードはありました。
   
138タワーパーク内は走り難いけど、その先は
ますます快調です。一気におもいやり橋に到着
しました。この辺りは左が自転車、右が歩行者
になります。
   
サイクリングロードは途中から、歩行者と自転車の位置が逆になっています。はっきりと覚えが
ありませんが、138タワーパークを境に入れ替わったようです。
木曽川左岸のサイクリングロードは、まだ工事中もありますが、楽しめそうな道になりそうです。
   
帰り道に布袋駅付近で明治の頃の道標を見つ
けました。ちょっと嬉しい発見です。
   
緑の葉が濃くなってきたソメイヨシノを眺めなが
ら帰って来ました。
   
   
木曽川左岸のサイクリングロードは、まだ工事中もありますが徐々に距離を伸ばしています。
   

             
【2012年 目次】