TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
03自転車で中山道 鳥居本宿〜柏原宿
        

#11
2013年3月30日 実走 
自転車:
パスハン
   
3月9日に「自転車で中山道」の旅を始めてからの土日は、どうも天気がパッとしない日が
続いておりました。出来れば続けて行きたかったけど、2回目は30日までお預けになって
しまいました。
さてと、2回目の旅のルートの確認をしていると、以前 呂久から江戸方面へは走ったこと
があるものの、江戸から京への上り方向に走っているため、今回は方向が違ってきます。
以前の記憶を便りには走れないため地図確認は入念にしなくては。
さあ2回目は、どこまで行けるかな〜。
第2弾は、近江路 鳥居本宿〜美濃路 鵜沼宿を目指します。
参考に、2007、2008年にも走っております。
  2008年 11 ひとり自転車の中山道 鳥居本宿〜呂久  3月22日 実走
  2007年 30 ひとり自転車の中山道 鵜沼宿〜呂久  10月28日実走
    
一般的には、東海道も中山道も日本橋から三条大橋へと京へと上りますが、管理人は京都 三条大橋から
スタートします。そのため宿場の数え方などはカウントダウン式に数えることにします。

    
 走行距離 80km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/04/06)
30日の土曜日も、前回と同じく新幹線ひかり号で一気に米原駅までやってきました。
何も慌てなくて良いので、のんびりとスタート準備ができる新幹線旅は楽です。
   
前回同様、16番線ホームの先頭車両の後扉
から乗り込みます。一番乗り。前回と同じひかり
491号なのに、今回は博多行きでした。
【ひかり491号 6:35発の博多行き】
   
あっという間に米原駅に到着です。輪行袋担い
で、いつもの場所で記念撮影しましょう。ここに
来たのは何回目なんだろうというくらい来ており
ます。自転車組み立てて出発!
   
前回の終点である鳥居本宿へとやって来まし
た。赤玉神教丸本舗のお屋敷が朝日に照らさ
れて輝いております。
   
本陣跡ではありませんが、ここからスタートしま
す。前回は夕日の景色、今回は朝日の景色な
ので雰囲気がまるで違う。【7:44】
   
自転車で中山道 鳥居本宿〜柏原宿のGPSログは下図を参照。
鳥居本宿〜柏原宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
鳥居本宿から少しだけ残る松の木をながめな
がら国道近くまでやって来た。またおいでやす
のモニュメントが立っている。
   
この先、国道に入ったらすぐ右手に摺針峠への
上り道が始まる。朝一番から山道へと入るが、
今回の旅で一番の難所である。
   
快調に上って行く、マスクをしているとやはり息
苦しく感じるが杉の木も多いので、息苦しさを
感じつつもそのまま進むとしよう。
   
直線の道からカーブが続くのが見えてきた。
以前来た時はそのまま車道を走って峠まで行っ
たが今回は、あの道へと行ってみよう。
   
それがこの階段の道である、旧中山道と言わ
れているので、今回は出来るだけ忠実に進む
こととする。
   
階段を自転車押したり担いだりするのは、かな
り大変である。フロントバッグを着けているので
余計に重さを感じる。
   
それでも上り切ったら満足感が出てくるもので
ある。止めておいたら後で悔やむだけなので
出来るうちに頑張っておこうと思う。【8:05】
   
摺針峠に着いたら神社に上って琵琶湖の景色
を楽しもう。写真では分からないが、遠くに琵琶
湖が見える。頑張った甲斐がありました。
   
上りの次には下りのご褒美が待っているから
嬉しい、更に新しくても道標を見ると尚嬉しく
感じるものだ。
   
高速道路を右手に見ながら少し上ると小摺針
峠に到着である。小さな社の横からは冷たい水
が勢い良く流れていた。
   
更に下りきると次の番場宿(日本橋から数えて
62番目)の入口にある碑が見えてきた。
どっしりとしたおにぎり形が可愛らしい。
    
番場宿にある蓮華寺の入口が見えてきた。
宿内は静かで古い家並みも少しばかり残って
いるのが嬉しい。
   
明治天皇の小休所の碑や問屋場跡の碑が
立っている。
   
本陣跡は民家に庭先に碑が残っていた。
ここまで5.0km【8:26】
   
3月も終わろうとしている土曜日、暖かく木々に
あちこちで花が咲いており、とても綺麗だった。
   
街道沿いにはヒガンサクラが似合う、ぽつんと
一本の木が美しく感じる。
   
宿場を抜けたところに一里塚の碑があった。
米原JCの下を抜けて国道21号線を行ったり
来たり横断しながら醒ヶ井宿へと向かう。
   
NHK街道てくてく旅でテッシーが見ていた道標
を管理人も見てみる。誰も居ないが一人で満足
気分である。
   
61番目の醒ヶ井宿は地蔵川が流れ、澄み切った川のせせらぎが気持ち良く聞こえてくる。
こちらにも明治天皇の碑が立っている。本陣跡と書かれたところは別の場所にあったが、こちら
の門構えが素晴らしいので醒ヶ井宿のカウントはここですることにした。
欲しい。ここまで9.2km【8:54】
   
地蔵川の流れは清々しくて冷たく気持ちが良い
梅花藻の花も少し咲いていた。
   
サクラの花はまだ咲いていなかったが、蕾は
今にも開きそうな感じがする。ユキヤナギの花
ゆらゆらと揺れていた。
   
宿場内は古い家も残っており往時の雰囲気を感じさせてくれる、朝方のせいか人気はほとんど
無く静かなものである。
   
はずれの神社に上ってみた、ピンクの花が美
しい。桜の花も少し開花していた。
    
醒ヶ井宿を出るとすぐに一里塚跡の碑がある。
地元のお母さんと元気に挨拶するのが楽しい。
   
中山道には道標がつき物である、古い道標が
右上の木の下に残っていた。左の大きな碑は
現代の道標である。【9:20】
   
花粉症には辛い杉林の中を抜けて行く、立ち止
まって景色を楽しんでみたい。杉の木を見ると
そろそろ花粉の季節も終わりのようである。
   
この景色は何度見ても落ち着ちつかせてくれる、管理人のお気に入りの場所でもある。
   
柏原宿の入口の碑が見えてきた、松並木や楓
の並木道も雰囲気が残っていた。
   
柏原の一里塚跡は復元したものだが休憩する
には良い場所である。
   
柏原宿に到着、古い家も多く建ち並び街道の
雰囲気がとても良い。
   
粕樽の展示などもあり、宿場を勉強するのも
楽しめるように工夫してある。
   
60番目の柏原宿は、往時から残る伊吹堂の
建物も、向かいの酒蔵の建物も立派である。
   
肝心の本陣跡はご覧の通り。石碑と案内板が
残されていたが民家の前なのでこのくらいで。
ここまで15.1km【9:45】
   
60番目の柏原宿は伊吹堂など古い家が多く残り、宿場としての雰囲気がとても良い。中山道を
歩く人もところどころですれ違うようになって来た。
   
   
次は、〜 今須宿、関ヶ原宿、垂井宿、赤坂宿、美江寺宿 〜 へと走ります。
   

 

             
             
             
          【≪ 02自転車で中山道 草津宿〜鳥居本宿 】         
             
             
             【 04自転車で中山道 柏原宿〜美江寺宿 ≫】
             
             
             
             
【2013年 目次】