TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
04自転車で中山道 柏原宿〜美江寺宿
        

#11
2013年3月30日 実走 
自転車:
パスハン
   
3月9日に「自転車で中山道」の旅を始めてからの土日は、どうも天気がパッとしない日が
続いておりました。出来れば続けて行きたかったけど、2回目は30日までお預けになって
しまいました。
さてと、2回目の旅のルートの確認をしていると、以前 呂久から江戸方面へは走ったこと
があるものの、江戸から京への上り方向に走っているため、今回は方向が違ってきます。
以前の記憶を便りには走れないため地図確認は入念にしなくては。
さあ2回目は、どこまで行けるかな〜。
第2弾は、近江路 鳥居本宿〜美濃路 鵜沼宿を目指します。
参考に、2007、2008年にも走っております。
  2008年 11 ひとり自転車の中山道 鳥居本宿〜呂久  3月22日 実走
  2007年 30 ひとり自転車の中山道 鵜沼宿〜呂久  10月28日実走
    
一般的には、東海道も中山道も日本橋から三条大橋へと京へと上りますが、管理人は京都 三条大橋から
スタートします。そのため宿場の数え方などはカウントダウン式に数えることにします。

    
 走行距離 80km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/04/07)
柏原宿から近江美濃の寝物語の国境を通り、次の宿場は今須宿へと入って行く。
   
自転車で中山道 柏原宿〜関ヶ原宿のGPSログは下図を参照。
柏原宿〜関ヶ原宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
ここにも新しい大きな道標があります。山の麓
を抜ける道でもほとんど勾配が無いので快調
に走れる。
   
下り坂を過ぎると近江美濃両国境の寝物語の
碑が見えてきました。
ここまで17.2km【9:55】
   
距離が短いからあっという間に59番目の今須
宿に到着、今須宿の碑と、本陣、脇本陣の案内
板があるけど雰囲気がいまひとつかな。
ここまで19.0km【10:05】
   
今須宿を抜けると国道21号線に合流し、すぐ
脇に今須の一里塚跡がお出迎え。場所柄、
のんびり休憩という雰囲気ではない。
   
車が切れたところでダッシュして国道を横断し、
すぐの脇道に入って行く。これより中山道の
立派な案内板が出迎えてくれる。
    
すぐに今須峠が見えてきた。穏やかな峠道なの
でお茶休憩しながらのんびりと一休みする。
前回に比べると距離的にも心にも余裕がある。
   
東海道線の向こうには雪が少なくなった伊吹山
が見えてきた。
   
藤古川沿いの桜並木も、咲き初めたばかりで
全体が少しピンク色になっていた。
   
坂道を上りきると中山道の道標が立っている。
一里塚跡と同じで、道標を見付けると何だか
嬉しい気持ちになれる。
   
すぐ先が不破関址がある。越前の愛発、伊勢
の鈴鹿と並ぶ古代の三関の一つである。この先
で国道21号線と合流すると関ヶ原宿に着く。
   
   
58番目の関ヶ原宿に入ると、以前にも立ち寄っ
たコロッケ屋があったが10時過ぎだったため
コロッケ揚げて貰うことが出来なかったのが
残念である。
関ヶ原宿の本陣跡が分からないので、脇本陣
跡でのカウントとする。
ここまで23.2km【10:34】
   
     
     
関ヶ原宿の先も、しばらくは国道21号線と並行しているが、松並木が見えてくる手前から左脇道
に入って行くと静かな街道らしさを感じることが出来る。この辺りまで来ると桜も随分と咲いており
ちょっとした花見気分を味わえるため、ベンチがあったので早い昼食とした。【10:55】
   
左手に東海道本線を眺めつつ、松並木を通る。
この辺りは関ヶ原の合戦の場でもあるので、
あちこちに古戦場跡が残っている。
   
住宅街を垂井へと向かう途中に、伊冨岐神社
の鳥居が見えてくる。ここから北にある本殿まで
は何kmあるのだろうか。
   
自転車で中山道 関ヶ原宿〜垂井宿、赤坂宿の手前辺りまでのGPSログは下図を参照。
関ヶ原宿〜垂井宿、赤坂宿の手前辺りまでのGPS軌跡ログ
     
国道21号線を行ったり来たりしながら垂井宿
へと入って行く。宿の手前に立派な垂井の一里
塚跡が残っている。垂井の宿場内も街道らしい
道の曲がり具合に古い家が残る。
    
57番目の垂井宿、この建物はかつての旅籠で
今は休憩所として活躍している。本陣跡が分か
らなかったので旅籠の前でカウントする。
ここまで29.1km【11:24】
   
垂井宿と言えば、今でも現役で旅館を営んでおられる亀丸屋がある。一度は泊まってみたいと
思いつつも、今回もルートの関係で泊まる事が出来なかった。
   
垂井宿を抜けると相川を渡る。堤防には桜並木が満開である。川に架かる鯉のぼりが圧巻だし
遠くに見える伊吹山が絵になるな。
   
相川を渡ると追分である。左に中山道、右に
美濃路(美濃路とは垂井宿から東海道 宮宿ま
でを繋ぐ脇往還)へと入って行く。
   
近づいてみると道標が立っている。当時の旅人
もここで出会い、分かれたことであろう。
【11:36】
   
自転車で中山道 赤坂宿〜美江寺宿までのGPSログは下図を参照。
赤坂宿〜美江寺宿までのGPS軌跡ログ
     
中山道を進み常夜灯がある場所に、一里塚跡
の碑が建っている。
   
中山道には直接関係は無いが、この線路は
かつての西濃鉄道(貨物線)だったと思う。
   
赤坂宿の街道沿いにも古い家並みが残ってい
る。当時から続くところもあれば、家を借りて新
しく商いをするところもあるようだ。
   
こちらも古くてとても大きな家である。曲がった
道も街道らしさを感じさせてくれる。
   
赤坂宿内から谷汲への巡礼街道が分岐してい
る。
   
56番目の赤坂宿の本陣跡は碑と皇女和宮の
碑が建っている。
ここまで35.1km【12:01】
   
赤坂宿はかつて湊町、立派な常夜灯に、杭瀬川横には大きな灯台も建っている。
   
赤坂宿を抜けると田んぼが広がる、のどかな道
が続いている。中山道の七曲りをくねくねと曲が
っていく。
   
この辺りには道標ならぬ、現代の案内板が
中山道を案内してくれるので大いに助かる。
   
呂久を目前にして立派な桜並木が見えてきた。
せっかくなので桜を楽しんできた。
   
呂久の一里塚跡が川向こうの神社に残ってい
るが、今回は遠くから見るだけにした。
   
古い立派な道標が見えてきた。以前、鳥居本宿から走ってきた時は、この道標までにしたが
今回はこの先も進んで行く。【12:45】
この先、前回走った時は反対向きに走ったため、江戸へ向かう方向には走っていない。
記憶を頼りにするが、地図を確認して出発である。
   
京都 三条大橋から江戸 日本橋へと向かう旅
としては、皇女和宮がご降嫁の時と同じである。
その和宮が呂久の渡しで詠まれた唄がある。
   
揖斐川を渡り、対岸のルートが分からなかった
がかつて待つ並木が残っていたという場所まで
やってきた。
   
美江寺宿へと向かう道はのどかで気持ち良い。
満開の桜が出迎えてくれた。
   
緑の路側帯も作られて、とても走り易い。この先
も中山道の案内板に助けられながら進む。
   
55番目の美江寺宿に入るとすぐに本陣跡の碑
が建っている。ここまで45.9km【13:12】
   
突き当りに美江神社があり、右に曲がるのが
中山道である。
   
   
次は、〜 河渡宿、加納宿、鵜沼宿 へと走ります。
   

 

             
             
             
【≪ 03自転車で中山道 鳥居本宿〜柏原宿 】          
             
             
             【 05自転車で中山道 美江寺宿〜鵜沼宿 ≫】
             
             
             
             
【2013年 目次】