TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
06自転車で中山道 鵜沼宿〜御嵩宿
        

#12
2013年4月13日 実走 
自転車:
パスハン2
   
「自転車で中山道」の旅も3回目、久しぶりに土日と天気も良さそうなので一泊で行って
みようかと出掛けてきました。
さてと、3回目の旅のルートはいよいよ山道へと入って行くため、自転車は担ぎも出来る
パスハン2にします。前回と同じく、半分くらいは以前走った時と反対方向があるため
迷子にならないように地図確認も入念に。
さあ3回目は、どこまで行けるかな〜。
第3弾は、美濃路 鵜沼宿〜美濃路 落合宿を目指します。
参考に、2006、2007年にも走っております。
  2007年 05 ひとり自転車の中山道 御嵩宿〜鵜沼宿  2月12日 実走
  2006年 12 石畳の道を探して 中山道を行く 御嵩宿〜大湫宿  4月22日 実走
  2006年 25 ひとり自転車の中山道 妻籠宿〜大湫宿  10月8・9日 実走
    
一般的には、東海道も中山道も日本橋から三条大橋へと京へと上りますが、管理人は京都 三条大橋から
スタートします。そのため宿場の数え方などはカウントダウン式に数えることにします。

    
 走行距離 58km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/04/24)
4月13日の土日は、久しぶりに二日続きの晴天になりそうなので、一泊も考えながら3回目の
自転車で中山道の旅に出掛ける事にしました。
名鉄に乗って、前回の終点である鵜沼まで電車輪行でのんびりと。
   
名鉄電車も余裕で座れて楽々輪行でした。
【6:30 鵜沼宿駅に到着】
   
自転車組み立てて出発します。
【6:47】
   
鵜沼宿までやってきました。鵜沼宿は、駅が近くにあるので有難い。
朝日を浴びて静かな宿場内ですが、柳が揺れて雰囲気あるな。【7:00】スタートです。
   
自転車で中山道 鵜沼宿〜太田宿のGPSログは下図を参照。
鵜沼宿〜太田宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
交差点から左の細道に入っていくのが中山道
である。朝日が眩しい。
   
角地に「これよりうとう峠」の碑があり、住宅街
だけど中山道の雰囲気が楽しめる。
   
住宅街の急坂を上り、池を回りこむと日本ライン
うぬまの森へと入り、うとう峠の一里塚跡が見え
てくる。【7:10】
   
うぬまの森は散策コースもあり公園として整備
されており、ミツバツツジが綺麗に咲いていた。
   
石畳の道は滑りそうなのでゆっくりと自転車押し
て下ってくると、うとう峠に到着である。
【7:15】
   
下り道の方が登山道みたいで、中山道の山道
と言った雰囲気が味わえる。イノシシ注意の看
板にビビリながらも車の音が聞こえてきた。
   
視界が開けると国道を走る車が見える、この先
国道をくぐるトンネルを通り抜けて国道沿いを
走って行く。
   
中山道は国道沿いらしいが、こちらの堤防沿い
をのんびりと走って行くことにする。
   
堤防沿いから眺める景色は、ゆったりした雰囲
気を感じられる。堤防下にある白い花が咲いた
果樹園はどうやら梨の花みたい。
   
堤防道路は「ロマンティック街道」らしい。
中山道とは少し違うが景色を眺めながら快走
できるのが嬉しい。
   
堤防道路から降りて、51番目の大田宿内へと入って行くと道標が立っている。古い家並みが
建ち並び街道らしい宿場内の雰囲気を味わうことが出来る。本陣跡は門だけが残っている。
ここまで9.3km【7:53】
   
立派な脇本陣は資料館として残り、重厚な姿を
見せてくれる。
   
酒蔵の黒い壁も雰囲気があり、宿場の面影が
色濃く残っている。
   
以前、中山道を走った時に見付ける事が出来
なかった一里塚跡だが、今日はあっさりと見つ
けることができた。
   
木曽川を渡る太田の渡しは無く、現代は太田橋
を渡る。以前は車道しか無かったが今は歩道
が作られたので安心して通れるのが嬉しい。
   
自転車で中山道 太田宿〜御嵩宿のGPSログは下図を参照。
太田宿〜御嵩宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
太田橋を渡り道なりに快走する、朝早く土曜と
言うことも交通量は少なく走りやすい。
   
伏見宿に近付くにつれて古い家も残っている。
トイレも作られて中山道旅には有難い。
   
50番目の伏見宿には、お握り型の立派な本陣跡の碑が立っております。
交通量が少ないのでのんびりと写真を撮る余裕があり良かった。
ここまで17.7km【8:44】
   
この先、国道21号線から折れて、左の狭い道
へと入って行くのが中山道である。中山道の
案内板もこっちが中山道だよと矢印あり。
   
するするっと坂道を降りてくると、アスファルトの
道が中山道、真っ直ぐに伸びている草道が、
名鉄 旧八百津線の廃線跡なのです。
   
国道21号線と付いたり離れたりしながら中山
道を進むと比衣の一里塚跡が見えてきた。
    
国道21号線の中交差点を曲がり、くねくねと
枡形を折れると願興寺が見えてきた。
   
49番目の御嵩宿に到着、本陣跡の門が立派。
何度か来た事があるので見慣れた感はあるも
のの、それでも懐かしい感じがする
ここまで23.4km【9:14】
   
お隣の中山道みたけ館も、屋根の大きい立派
な作りである。
さあ、御嵩宿の次はいよいよ山道へと入って
細久手宿へ向かいます。
   
   
次は、〜 細久手宿、大湫宿 〜 へと走ります。
   

 

             
             
             
          【≪ 05自転車で中山道 美江寺宿〜鵜沼宿 】         
             
             
             【 07自転車で中山道 御嵩宿〜大湫宿 ≫】
             
             
             
             
【2013年 目次】