TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
07自転車で中山道 御嵩宿〜大湫宿
        

#12
2013年4月13日 実走 
自転車:
パスハン2
   
「自転車で中山道」の旅も3回目、久しぶりに土日と天気も良さそうなので一泊で行って
みようかと出掛けてきました。
さてと、3回目の旅のルートはいよいよ山道へと入って行くため、自転車は担ぎも出来る
パスハン2にします。前回と同じく、半分くらいは以前走った時と反対方向があるため
迷子にならないように地図確認も入念に。
さあ3回目は、どこまで行けるかな〜。
第3弾は、美濃路 鵜沼宿〜美濃路 落合宿を目指します。
参考に、2006、2007年にも走っております。
  2007年 05 ひとり自転車の中山道 御嵩宿〜鵜沼宿  2月12日 実走
  2006年 12 石畳の道を探して 中山道を行く 御嵩宿〜大湫宿  4月22日 実走
  2006年 25 ひとり自転車の中山道 妻籠宿〜大湫宿  10月8・9日 実走
    
一般的には、東海道も中山道も日本橋から三条大橋へと京へと上りますが、管理人は京都 三条大橋から
スタートします。そのため宿場の数え方などはカウントダウン式に数えることにします。

    
 走行距離 58km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/04/27)
三回目の自転車で中山道の旅も、御嵩宿からいよいよ山道へと入って行く。
   
自転車で中山道 御嵩宿〜細久手宿のGPSログは下図を参照。
御嵩宿〜細久手宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
国道21号線を左に折れる所から、青色の中山
道を示す案内板が随所にあるので、迷子に
なることは無さそう。【9:28】
   
しだいに民家も少なくなり、この先から山道へと
入って行くことになる。何度と見た景色ではある
がほっと落ち着ける雰囲気に包まれる。
   
最後の民家の間から「牛の鼻欠け坂」が見えて
きた。ここから自転車押して歩くこととする。
   
お地蔵さんが道中の安全を見守ってくれている
ので、手を合わせて通らせてもらう。
   
日差しも暖かで気持ちが良い、山の中とはいえ
何度か通ったことがあるので、割と安心して
通る事が出来る。
    
竹林の道は日陰ができて涼しいくらいだが、
気持ちが良い。ボトルの水を飲んで一休みする
も、誰も通る気配は無い。
   
耳神社の横を通り、トラックの走る県道を横切
ると謡坂の石畳が見えてきた。【9:47】
   
石畳を上りきると、謡坂十本木の一里塚跡に
辿り着いた、左右が残る貴重な一里塚である。
   
清水の跡を見ながら市杉林を通り、ケーキ屋の
横を抜けると、御殿場の展望台が見えてくる。
この先も地道の林道が続く。
   
山里の集落ではしだれ桃が綺麗に咲いていた。
十数軒の家が並んでいるが、誰一人と合うこと
も無く通り抜けて行く。
   
津橋の集落では街道てくてく旅で見た、しいたけ
直売所のお宅を見つけた。DVDの記憶が蘇っ
てきた。
   
またも竹林の道へと入って行く。今日は自転車
押している時間が長いのでなかなか前に進まな
いが、これも旅気分の醍醐味である。
   
地道の坂道を上りきると、鴨ノ巣一里塚がお出迎えしてくれる。今日は家を出てくる時に食パン
を一枚食べてきただけなので、コンビニで買ったお握りを一個頂く、自然の中で食べるお握りと
お茶は格別に美味しいものだ。【10:40】
   
林道を駆け足で通り抜けると秋葉坂三尊が
見えてきた。山道も、もうすぐ終わると思うと
気持ちも元気になってくる。
   
アスファルトの道を快走し、平岩辻から細久手
宿へと向かう。この辺りの景色もテッシーが歩
いていた姿を思い出す。
   
48番目の細久手宿に入るとすぐに本陣跡の碑
が建っている。ここまで35.3km【11:11】
   
細久手宿と言えば、旅籠の大黒屋である。今も
宿泊可能で、今日も外国の旅人で満室である。
   
大黒屋の大女将も健在で、御年90才になられるとのこと、まだまだお若く元気がよかった。
子供の頃の思い出を書かれた紙を頂いたので、夜宿で読ませてもらったが、いろんなご苦労も
あり、人の人生とは、考えさせられるものである。
   
自転車で中山道 細久手宿〜大湫宿のGPSログは下図を参照。
細久手宿〜大湫宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
細久手宿を抜けて県道を進む、この辺りにはサーキットやモーターランドがあるため車の走行音
が凄い。奥之田一里塚も左右が健在の貴重な一里塚ではあるが、車の爆音が響き渡るため
少々雰囲気に欠ける。
   
県道を走ると、弁財天の池が見えてくる。桜も
散り果てて新芽が伸びていた。
   
静かな池に弁天様のお社と神秘的である。
   
今日、予定していた道中も半分の距離まで来たので一休み。とは言ってもまだまだ地道の山道
を通らなければいけないので、のんびりともしておられない。【11:48】
   
細久手宿から大湫宿の間は距離として6kmと
短いものの、琵琶峠が待ち構えている。
   
県道から左に折れるのが琵琶峠への西の入口
である。
   
琵琶峠の石畳は江戸時代の物が残っており
歴史遺産的にも貴重なものである。それゆえ
自転車で入るなんて持っての外と思われる方も
多いはず。
   
この石畳は、何でも明治頃に埋もれてしまい、
昭和45年頃に発見されるまで手付かずの状態
だったらしい。更に八瀬沢の一里塚が左右に
残り、歴史遺産的に貴重なものである。
   
そんな石畳の道なので・・・、自転車は担いで
通り抜けます。肩ベルト付きのパスハン2で
来てよかったと思う瞬間でした。
   
琵琶峠には馬頭観音様と皇女和宮の歌碑が
あり、雰囲気がたっぷり残っている。
幸い道中、人に出会わなくてよかった。
   
琵琶峠の馬頭観音様と皇女和宮の歌碑があります。【12:19】
   
琵琶峠からの下りの方が距離は長い、石が大
きいのが琵琶峠の石畳の特長であろうか。
   
下りの道中、男性一人とカップルと挨拶するも、
何してるのと言う顔で見られたのかな。
   
大きな二つ岩が並ぶ、鳥帽子岩と母衣岩であ
る。この大きな岩は浮世絵にも描かれている。
   
大湫宿の西の外れにある高札場に到着、気温
も上がり心地よい暖かさになってきた。
   
大湫宿内にある古い家や蔵は当時の雰囲気が
よく残っているようだ。地元の人の姿もほとんど
見ることも無く、静かである。
   
大湫宿の本陣跡は、皇女和宮が泊まられたとこ
ろでもある。何万と言う列隊が通る姿は凄かっ
たことだろう。
   
   
47番目の大湫宿の本陣は小学校の校庭に
立っていたという。
本陣跡の案内板の前でカウントとする。
以前、大湫宿の観光売り場で地元のお母さん
が焼いた五平餅を食べたことがあるが、今日は
お休み。日曜のみ営業しているらしい。
ここまで42.7km【12:41】
   
観光に来られていた夫婦と少しお話しして、次の十三峠へと向かう。
   
   
次は、〜 大井宿 へと走ります。
   

 

             
             
             
【≪ 06自転車で中山道 鵜沼宿〜御嵩宿 】          
             
             
             【 08自転車で中山道 大湫宿〜大井宿 ≫】
             
             
             
             
【2013年 目次】