TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
犬山 わん丸くんと木曽川の女性鵜匠
        

#16
2013年5月12日 実走 
自転車:
ツーリング
   
今日は犬山でイベントやっているので見に行って来ました。犬山の城下町は、数年前に比べ
ると格段に観光客が増えているようです。いろんなイベントやったりして町興しとして頑張って
いるのが実を結んだよいモデルだと言えるでしょう。
そこに、昨年から話題になっている木曽川うかいに初の女性鵜匠が誕生しました。
稲山琴美さん(24)という若い女性なので話題沸騰! 
今日は犬山城前広場で水槽を使い、鵜飼いの実演をされるというので見に行かなくちゃ。
日差しがさんさんと照りつける中、大勢の見物客に混じって楽しんできました。
    
 走行距離 55km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/05/12)
8時過ぎに出発して、五条川沿いの尾北自然歩道をを走ります。風がそこそこに吹いているのと
桜並木が木陰を作ってくれるので、思ったよりも涼しく走って行けます。
   
江南辺りの桜並木は新緑が少し濃くなってきた
ようです。木陰は涼しくて気持ち良い。
   
尾張広域緑道に入り犬山城下を目指します。
まだ10時前、ちょっと早すぎたかな。
   
城下町は意外と静かで人通りも少なかったのは
GW明けというのも関係するのかな。
   
守口漬けのお店で、守口漬けソフトクリームを
食べてみました。思ったより香りが無いみたい。
   
犬山城前広場では、ゆるきゃらの「わん丸」が居ました。二週続けてゆるきゃらに遭遇です。
ポーズをお願いしたら可愛らしく応じてくれました。中は暑そうだけど頑張ってましたよ。
   
その横では木曽川うかいの実演準備が進んで
おりました。水槽にはアユがいる???
   
この時期に大きなアユが居るわけも無く、ニジ
マスでした。
   
鵜飼いの実演が始まります。木曽川うかい初の女性鵜匠である稲山琴美さんが実演を披露して
くれました。声も可愛らしいから人気者になるかもね。伝統の世界に若い女性がチャレンジする
姿に、つい応援したくなる管理人でした。
   
水飛沫が飛ぶので、ゴーグル付けるのですね。
準備も万端、鵜を水槽に入れました。
   
鵜は川鵜ではなく、海鵜を使います。水槽に入
れたら一目散にニジマス銜える海鵜たち。
   
喉にニジマスを蓄えた鵜を引っ張り上げて、喉
からニジマスを吐かせます。
   
一気に二、三尾銜えて引っ張り上げられると、
げろっと吐いたら、また水槽へ。
   
水槽の中では逃げるニジマスに追う海鵜たちの
格闘が繰り広げられております。
   
最後の鵜を上げたらお仕舞い、拍手が上がると
にこっと微笑んでいました。
   
今度は稲山さんの手からニジマスを投げてもら
うと、口を開けて首を伸ばすと、見事にキャッチ
できました。
   
三尾くらい銜えたら喉が太く膨らんでくるので、
今度はげろっと吐かせます。銜えて吐いての繰
り返しですが、これも習性らしいです。
   
実演が終わったらステージに連れて来られて
ちょっと緊張気味でしたね。動物好きで鵜飼い
を見てやってみたいと思ったそうです。
   
若い女の子は、ニコッと笑うと可愛らしいです
な。これからメディアに出ることも増えるでしょう
けど、末永く続けて欲しいものです。
   
帰りは入鹿池方面に向かい、ヒトツバタゴ自生地の木を見に行きました。今年はどんな感じかな
と思ったら、ほぼ満開状態でした。
   
観光の方もちらほらといったところですが、落ち着いて見ることが出来てラッキーです。
   
あっちもこっちも白い綿帽子を被ったようで、
とても綺麗でした。
   
木は5〜6本あるようですが、木によって多少
差があるようですが、一番大きな木が見事。
   
日差しが強くて日焼けするの間違いなしだけど、30分くらいのんびりと眺めておりました。
   
帰り道、大山川沿いの道を走って帰ります。
早いところではすでに田植えが始まってます。
   
タモを持って川遊びする子供達もいて、春から
初夏へと移りゆく季節を感じます。
   
   
ゆるきゃらの「わん丸」と、女性鵜匠の稲山琴美さんの実演を見ることが出来てよかった。
楽しくも暑い日曜日になりました。
   

 

             
【2013年 目次】