TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
11自転車で中山道 馬籠宿〜三留野宿
        

#17
2013年5月26日 実走 
自転車:
パスハン2
   
前回から一ヶ月以上も経ってしまい、何だか勢いがしぼんでしまいそうになっていましたが、
「自転車で中山道」の旅も4回目、月に一度は出掛けないといけません。
そんな最後の日曜日、五月晴れのようなので日帰りで行って来ました。
さてと、4回目の旅のルートはいよいよ美濃路から木曽路へと入るため、前回以上に押しと
担ぎの場面が増えてきます。更に中山道きっての観光地でもある「馬籠宿」と「妻籠宿」を
抜けるため時間配分を気にしなければいけません。
今回ルートは、以前走ったこともあるし、歩いたこともあるので慣れていると思いますが、
前回同様、反対方向になるため迷子にならないかな、地図確認を入念に出発しましょう。
さあ4回目は、どこまで行けるかな〜。
第4弾は、美濃路 落合宿 〜 木曽路 三留野宿までになりました。
参考に、2006、2007年にも走っております。
  2006年 25 ひとり自転車の中山道 妻籠宿〜大湫宿  10月8・9日 実走
    
一般的には、東海道も中山道も日本橋から三条大橋へと京へと上りますが、管理人は京都 三条大橋から
スタートします。そのため宿場の数え方などはカウントダウン式に数えることにします。

    
 走行距離 18km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/06/15)
4回目(5月26日)の後半は馬籠宿〜馬籠峠〜妻籠宿〜三留野宿までを走る。
   
自転車で中山道 馬籠宿〜馬籠峠〜大妻籠までのGPSログは下図を参照。
馬籠宿〜馬籠峠〜大妻籠辺りまでのGPS軌跡ログ
   
馬籠宿の最後の坂を上る。馬籠宿の宿場内は
ずっと坂が続く、坂道に作られた宿場は今まで
見たことが無い。【8:30】
   
馬籠宿を無事に通り抜けられ一安心である。
展望台からは恵那山の雄大な景色を堪能し、
次なる馬籠峠を目指す。
   
何度か中山道を車道が交差しているが、新しい
道標が道案内をしてくれる。
   
山道には石畳と熊除けの大きな鐘が設置して
ある。鳴らしながら先に進む。
   
馬籠峠への最後の集落を抜けていく。日差しが
強く、5月だというのに暑さ厳しく汗が流れる。
車道に出て走行中に大きな石に気づかずゴン
と乗り上げ転びそうになる、危なかった。
   
見た目には大丈夫そうなのでそのまま進むと、
馬籠峠と茶屋跡が見えてきた。久しぶりにやっ
て来ました、馬籠峠である。
   
何とか馬籠峠へとたどり着く事が出来た。標高801mの馬籠峠、落合宿が350mくらいなので、
450mほど上ってきた。木陰が涼しく気持ちが良い。ここまで7.6km【9:05】
   
ここからは基本的に下りである、ほっと一安心
しながら木々の合間を抜けていく、少し進んだ
ところでいきなりパンク! 先ほど石にぶつかっ
たのが原因だろう、すぐにチューブ交換する。
   
森の中を抜ける中山道、自転車で走れないこと
は無いが、ここは歴史遺産でもあるので管理人
的には歩いて進む。歩くというより小走りに進ん
でしまうところがご愛嬌である。
   
森の道を下り明るくなってくると立場茶屋跡が
見えてきた。笠をかぶった男性が出迎えてくれ
る。お茶をいただき、一休みである。
   
以前来た時は閉まった状態であったが、今は
観光も兼ねて旅人の憩いの場になっているよう
である。管理人もノートに記してきた。
   
一石栃番所と東屋もあり、GW期間中はしだれ
桜が満開だったそうである。今はツツジが咲い
ている。
   
この先も、中山道は車道に分断されながらも
ひっそりと残っている。アスファルトの下に石畳
を残して道路整備されている所もあるようだ。
   
途中で出会うのは外国の方ばかり。挨拶するの
もハローと言ったりこんにちはと言ったり、いろ
いろである。段々田んぼの谷津田に出てきた。
    
この辺りは、雪の正月にもやって来たところな
のでそんなに久しぶりという感じはしないが、
それでも感動的な景色である。
   
車道に出ると庚申塚がある、ここは一里塚でも
ある。ここまで10.9km【9:55】
   
ようやく大妻籠の集落に到着した。山を越えて
来たという安心感を感じるひと時である。
   
自転車で中山道 大妻籠 〜 妻籠宿 〜 三留野宿辺りまでのGPSログは下図を参照。
大妻籠 〜 妻籠宿 〜 三留野宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
大妻籠から更に山を抜けて中山道は続く、日本
の観光客に出会うとちょっと安心する。
   
妻籠宿には10時過ぎに到着したが、人通りは
あるものの押して歩けば通れるくらいである。
さすがに枡形のところは観光客が多いのでアス
ファルト道を通って行く。
   
42番目の妻籠宿 本陣に到着した。再建され
た本陣はとても立派である。
ここまで13.1km【10:30】
   
正月にも来た妻後宿であるが、誰も居ない宿場内よりも人通りのある宿場内の方が良いもので
ある。
   
時間は早いが、せっかくなので手打ち蕎麦を
頂くことにしよう。
   
蕎麦は一枚にするか二枚にするか迷ったが、
取り合えず一枚食べる。もちもち感があり美味
しかった。蕎麦湯もあっさり系で美味しかった。
   
栗の季節ではないのでマロンソフトは見当たら
なかったが、ぜんざいソフトクリームに目が行っ
てしまった。
   
妻籠宿の外れまで来た、この先は自転車に乗っ
て走って行ける。ようやく自転車旅という感じに
戻ってきた。
   
来週の日曜に南木曽マラソンがあるようで幟が
あちこちに立っている。右手の民家のご主人に
昔の話をいろいろと聞かせてもらった。
当時は1.8mほどの道幅が今は車も通れるくら
い広くなったらしい。
   
竹林を抜けたところでまたしてもパンク、一日に
二度のパンクは初めての経験である。上久保の
一里塚手前の木陰でパンク修理と思いきや、
ゴム糊が飛び出てしまってパッチが貼れない。
仕方が無いので布テープ貼ってみた。
   
布テープでも取りあえずは走れるようで、徐々に
空気が抜けてくるので途中で補充しながら進む
ことになる。
   
まだ11時を周ったところ、この先のことを考え
ると南木曽駅で終了した方が、後々交通の便も
良さそうである。
   
木曽義仲のかぶと観音にはテッシーの写真が
飾ってあった。巴御前の振袖の末を見上げつつ
今日は三留野宿で終了することに決めた。
   
SLのある公園を横に見つつ、園原先生の碑を
眺めつつ、JR南木曽駅が見えてきた。もう心の
中は帰る気満々である。
   
南木曽小学校の横の道から民家の庭先を通り
抜けるのが中山道であるが、さすがに止めて
おいた。車道を折れて中山道へ、常夜灯が立っ
ている。この先の階段を上ると三留野宿の本陣
跡はすぐである。
   
12時前に三留野宿へと入ってきた。本陣跡に
は案内板が建っているだけで遺構は残っていな
い。
   
41番目の三留野宿 本陣跡に到着した。敷地には本陣跡の案内板が残っているだけだが、
それでも何となく雰囲気は残っているようにも思う。
ここまで18.0km【11:49】
帰ろうと思ったら早いもので、JR南木曽駅で
輪行準備をしてホームへ。
   
前回のしばらくすると中津川行きの普通列車が
やって来た。乗り換えて神領駅へと帰って行く。
   
   
自転車で中山道の旅も4回目に入りました。落合宿から三留野宿までの18kmを走った。
と言うより、半分は歩いて残りの半分は自転車で走ったのが正解である。
木曽路はすべて山の中というように、山道を楽しみながらの自転車旅である。
次回は、〜 野尻宿 へと走ります。
   

 

             
             
             
【≪ 10自転車で中山道 落合宿〜馬籠宿 】          
             
             
             【 12自転車で中山道 三留野宿〜須原宿 ≫】
             
             
             
             
【2013年 目次】