TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
13自転車で中山道 須原宿〜福島宿
        

#19
2013年6月23日 実走 
自転車:
パスハン2
   
またしても前回から一ヶ月近くも経ってしまいました。行きたいと思ってはいるものの、
天気の状況や他の用事も考えると、やはり月一がいいところのようです。
「自転車で中山道」の旅も5回目、せっかくの三連休なのに天気がいまいち不安定であり
ます。取り合えず、中山道の中間地点である、中間の地の案内板までは行きたいなと思い、
23日の一日だけですが行って来ました。
5回目の旅のルートは木曽路も終盤へと入ってきました、三留野宿から中山道中間の地を
目指します。今回のルートも、以前走ったこともあるものの、前回同様、反対方向になる
ため迷子にならない様に注意しながら出発します。さあ5回目の旅の始まり。
第5弾は、木曽路 三留野宿 〜 木曽路 福島宿までになりました。
参考に、2007年にも走っております。
  2007年 16 中山道の旅 薮原宿〜三留野宿と鳥居峠  5月4日 実走
  2007年 26 ちゃりき『中山道 木曽路の旅』  9月8日実走
    
一般的には、東海道も中山道も日本橋から三条大橋へと京へと上りますが、管理人は京都 三条大橋から
スタートします。そのため宿場の数え方などはカウントダウン式に数えることにします。

    
 走行距離 41km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/07/19)
5回目(6月23日)は三留野宿〜野尻宿〜須原宿〜上松宿〜福島宿までを走る。
   
自転車で中山道 須原宿〜倉本〜小野の滝までのGPSログは下図を参照。
須原宿〜倉本〜小野の滝辺りまでのGPS軌跡ログ
   
須原宿も静かな佇まいである。快晴の天気に
恵まれてのんびりと中山道の旅を満喫中。
【9:39】
   
駅前の広場の手前を左へと下る道が中山道、
趣を感じる門と塀に趣を感じる。
   
国道19号線と並走したり、旧道に入り込んだり
変化に富んで楽しくもある。雑草の除去をされた
ようで、走りやすい歩道は実に有難いことで
ある。
   
そう思ったらまたしても狭い歩道を走らされる。
今日は日曜なのでトラックも少なめだが、時折
連続して走るものだからビビッてしまう。
   
国道19号線を行ったり来たり、自転車乗ったり歩いたり、地道を歩くと川風が気持ち良い。
   
時折、こんな道にも入り込みながら中山道は
続く。自転車押し上げるのはけっこう大変。
   
それでも平坦なところに出てくると、また走りた
くなってくる。
   
木曽川に架かる木の吊り橋が、今も使われて
いる。橋の上でのんびりしたい気分である。
   
川の香りが風に乗って流れてくる、アマゴ釣り
したいな、と思ってしまう。
   
高台に上ってくると景色が変わってくる、良い眺
めだね〜。この先で、民家の庭先を通らせても
らう。
   
萩原の一里塚跡に到着、すぐ目の前は国道19
号線を車が引っ切り無しに走っている。
【11:03】
   
歩道を走って、ようやく小野の滝に到着した。
滝の目の前まで降りて行くと、暑さを忘れさせて
くれるミストシャワーを浴びてきた。
    
谷を流れる川に沿って、川風が気持ち良い。
川のせせらぎを聞きながらお握りを頬張りなが
ら、緑の眺めを楽しんでおこう。
   
日差しは強いものの空気が気持ち良い、爽やかな風が頬を通り抜けて行く。【11:23】
   
自転車で中山道 小野の滝 〜 上松宿辺りまでのGPSログは下図を参照。
小野の滝 〜 上松宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
上松のとても大きな桂の木が出迎えてくれた。
   
越前屋の古い家が今も残る。
39番目の野尻宿へ、いよいよ上松宿入る。
右手には上松の本町一里塚跡の碑がある。
   
上松の本陣跡を調べてこなかったので、場所が
分からず。ここで記録することにした。
ここまで32.4km【11:51】
   
上松宿の枡形を曲がると、宿の外れが見えて
きた。以前、ちゃりきの木曽路の旅で来た時に
丁度お祭りをやっていて、ここの獅子は女形で
あると教えてもらったのを思い出した。
   
上松宿を抜けると、この先は国道19号線を
突っ走るルートとなる。左右に歩道も無いので
信号を見計らって一気に突撃である。こんな走
りは、ほとんどしないので辛いのである。
   
自転車で中山道 上松宿 〜 福島宿辺りまでのGPSログは下図を参照。
上松宿 〜 福島宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
振り返ったところ、徒歩の人でも歩くのは大変で
あろう。トラックに追い駆けられなくて良かった。
   
そう言えば、以前ここにも木の吊り橋があった
はずだけど、すでに撤去されてしまったようだ。
   
歩道をゆるゆると走ると、名所「木曽の棧」 、かけはしと言っても橋ではありません。
コンクリの棒を積み上げて道を作っているのです。【12:10】
   
国道を渡り、上ってくると中央線の線路と並行
して通る道が中山道である。
   
列車が通ったら危ないよな、と思ったら空には
黒い雲が流れてきたようだ。う〜む大丈夫か。
   
天気の心配をしていても始まらないので先に進
む、御岳遥拝所で一休み。今眺めてみても、
木が生い茂って御嶽山は見えない。
   
中山道の道は消滅してしまったので、旧中央線
のトンネル道を通ろうとしたら通行止めである。
仕方が無いので迂回しよう。
   
トンネルの反対側にも通行止めになっている。
   
中山道のルート標識もすでに変わっていた。
   
中山道の案内板があったので写真を撮っておいた。今日は、三留野宿〜野尻宿〜須原宿〜
上松宿まで来た、この先、宮ノ越宿まで行きたいな。
   
雲が気になるが、明るくなってきたので大丈夫
だろう。名前は無いが一里塚跡の碑がある。
   
もうすぐ木曽福島駅も近い、あとひと踏ん張りで
ある。
   
木曽福島駅を通り越したころからポツリと雨が
落ちてきた。取り合えず上の段まで行くと観光
客でごった返していた、通れんぞ。更に雨が落
ちてきたので、もう無理と思い木曽福島駅に
戻ることにする。
   
福島宿はここで記録とする。
38番目の福島宿は、本陣跡では無いけれど、
ここで良いでしょう。
ここまで41.6km【13:00】
   
木曽福島駅に戻ったら雨足が強くなってきた。
雲も途切れそうに無いので無理と判断した。
   
列車の本数が少ないのでのんびりもしていられ
ない。そそくさと輪行準備して帰ろう。
   
更に土砂降りの様相になってきた。戻って来て
本当に良かったと我ながら感心する。
   
雨で涼しいを通り越して寒いくらいである。中津
川行きの普通列車に乗ってのんびりと帰る。
   
   
自転車で中山道の旅も5回目に入りました。須原宿から福島宿までの後半が終了、
最後に土砂降りになったが濡れることも無く助かった。宮ノ越宿まで行けなかったのは残念だが
これも旅には付き物なので、仕方あるまい。
次回は、〜 宮ノ越宿 へと走ります。
   

 

             
             
             
【≪ 12自転車で中山道 三留野宿〜須原宿 】          
             
             
             【 14自転車で中山道 福島宿〜薮原宿 ≫】
             
             
             
             
【2013年 目次】