TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
14自転車で中山道 福島宿〜薮原宿
        

#20
2013年7月13日 実走 
自転車:
パスハン2
   
またしても前回から一ヶ月近くも経ってしまいました。行きたいと思ってはいるものの、
天気の状況や他の用事も考えると、やはり月一がいいところのようです。
「自転車で中山道」の旅も6回目、日帰り輪行もそろそろ限界が近くなってきました。
前回、突然の土砂降りで行き損なった、中山道の中間地点である、中間の地の案内板まで
を目指し、そこから鳥居峠を抜けてどこまで行けるか!
6回目の旅のルートは木曽路も終盤へと入ってきました、今回のルートも、以前走ったことも
あるものの、前回同様、反対方向になるため迷子にならない様に注意しながら出発します。
さあ6回目の旅の始まり。
第6弾は、木曽路 福島宿 〜 木曽路 奈良井宿までになりました。
参考に、2007年にも走っております。
  2007年 16 中山道の旅 薮原宿〜三留野宿と鳥居峠  5月4日 実走
  2007年 26 ちゃりき『中山道 木曽路の旅』  9月8日 実走
  2007年 28 ひとり自転車の中山道 洗馬宿〜薮原宿  10月7日 実走
    
一般的には、東海道も中山道も日本橋から三条大橋へと京へと上りますが、管理人は京都 三条大橋から
スタートします。そのため宿場の数え方などはカウントダウン式に数えることにします。

    
 走行距離 26km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/08/11)
6回目(7月13日)は福島宿〜宮ノ越宿〜薮原宿〜鳥居峠〜奈良井宿までを走る。
   
自転車で中山道 福島宿〜宮ノ越宿までのGPSログは下図を参照。
福島宿〜宮ノ越宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
今回も日帰り旅なので、前回同様にJR中央線
神領駅からスタート。今日の天気はほぼ晴れだ
けど前回のような突然の雨も、降るかも。
   
今までも何度か訪れたことのある木曽福島駅に
到着、高校生達が沢山降りてきて、部活にでも
行くのかな。【7:58】
   
前回の福島宿は本陣跡に辿り着けなかった為
上の段からのスタートとなります。今日は静かで
誰もいない。
   
高札場でのんびり、真冬に来た時の寒さは微塵
もなく、日差しは暖かである。
   
本陣跡のある役場前にて、こんにちは。37番目の福島宿 本陣跡の碑があります。【8:11】
   
福島宿の関所跡に上ってきても誰も居ない。
静かなものです。
   
草の緑とパスハンのグリーンがかぶって見え
てしまう。
   
車道から右上に上って行くのが中山道、100%
同じ道なのかは分からないが、ここにも名残り
の道が残っていた。
   
上り切ったところに昨年新しく作られた一里塚
跡の碑がちょこんと置かれていた。
出尻の一里塚跡である。
   
手習い神社でひと休憩、この区間はウォーキン
グで何度も歩いたことがあるので見慣れた感が
してくる。
   
静かな通りには昔ながらの重厚な家が残り、
街道の雰囲気をそこなしかと残している。
【8:45】
   
畑の間を通る草道だが、適度に除草されている
ので歩きやすい。
    
それでも、最後の上りは、そこそこに雑草が伸
びていたが歩けないほどではない。
   
原野駅を過ぎて踏み切りを越えると田んぼの
緑が綺麗である。
   
行く先には鳥居峠が待っているが、今は呑気に
行く先の道を楽しむだけ。
   
宮ノ越の一里塚跡も綺麗な碑が立っていた。ここで思い出したのが「中山道 中間の碑」のこと
である。仕舞ったとは思ったけれど、戻る気にもならないので先へと進む。
そろそろ宮ノ越宿に入ってきたようだ。
   
宮ノ越の宿の碑の前にやって来ました。
   
36番目の宮ノ越宿 本陣跡に到着した。お隣の加藤旅館の看板が無いけれど、営業している
のかな。ここまで8.6km【9:09】
   
自転車で中山道 宮ノ越宿 〜 薮原宿辺りまでのGPSログは下図を参照。
宮ノ越宿 〜 薮原宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
宮ノ越宿を通り、木曽義仲館に寄ってみた。
   
道を進むと道祖神がある、場所によっていろん
な形があるらしい。
   
巴ヶ淵の水の色は深いグリーン色をしていた。
この左側から中山道があったらしいが、覗いて
見たけど踏み跡すら分からなかった。
   
現代の中山道ルートを通って国道19号線の
歩道を走って行く。伊吹トンネルの手前から左
に入って行きたかったけど通れなかった。
   
トンネルを過ぎた辺りに一里塚跡がある。看板
が並んでいる間に碑が建っている。【9:31】
   
川のせせらぎが聞こえてきたら見たくなるのが
管理人、鮎釣りしている人がいたよ。
   
国道19号線の壁面にある大きな中山道のモニュメントが見えてきたら、薮原宿はもう近い。
   
薮原はどうやらお祭りをやっているらしい。
   
D51と一里塚跡の碑のところまでやって来た。
   
交通規制の案内板がありました。今日から明日
にかけて薮原神社の例大祭があるとのこと。
   
提灯もぶら下がり、行く手には山車が見えてき
た。通れるのかな。
   
完全に道を塞いでいるのでおそるおそる通って
行く。ここでも男集が引いて女集は笛太鼓を
鳴らしていた。
   
お祭りに見惚れて忘れそうだったけど、薮原宿
の高札場跡に到着、今では赤いポストが目印
になっている。
   
地元の人達が大勢出てきて祭りは賑わっており
ます。
   
薮原宿と言えばお六櫛が有名ですが、今でも
数軒のお店があります。
   
35番目の薮原宿 本陣跡に到着した。
ところがである、カウントを忘れてしまいました。
ここまで?km【10:07】
   
この先からも山車が降りてきました。道幅いっ
ぱいに山車が通るため通り抜けできず、しばし
お祭りを楽しんでおります。
   
   
急坂を降ろすため、山車のタイヤに木の棒を
差して少しずつ降ろして行く姿が勇ましい。
たまに勢いが着き過ぎて慌てる場面のあるが、
そこは熟練者の技で切り抜けるところに伝統芸
を感じさせてくれる。こちらも力が入るお祭りで
あった。
そう言えば、以前、上松宿のお祭りを見た時は
女獅子だったが、こちらは男獅子である。
何かいわれがあるような。
   
迫力、満点の山車でありました。
   
後姿にも力強さを感じる、お祭りでした。
   
   
自転車で中山道の旅も6回目に入りました。福島宿から薮原宿までの前半が終了、
薮原宿では、思いかけずお祭りを見ることが出来てラッキーでした。
自転車で中山道の旅も前半の半分を走り切り、後半へと入って行きます。
次回は、薮原宿 〜 奈良井宿 へと走ります。
   

 

             
             
             
【≪ 13自転車で中山道 須原宿〜福島宿 】          
             
             
             【 15自転車で中山道 薮原宿〜奈良井宿 ≫】
             
             
             
             
【2013年 目次】