TOP − Bicycle そこに道があるから 〜まだ見ぬ景色を探しに行こう!

 

 
17自転車で中山道 本山宿〜塩尻宿
        

#21
2013年8月4日 実走 
自転車:
パスハン2
   
なかなか前に進まない中山道の旅、家からも遠くなってきたので泊まりで一気に進まないと
年内に碓氷峠まで行けないかも。徐々に日も短くなってきているので、泊まりは必需になって
きます。そうは言っても天気の状況や他の用事も考えると、やはり月一くらいしか行けない
ので連休を如何に使えるかがポイントになります。
そんな事を思いながらも、まずは以前行ったことのある洗馬宿くらいまではたどり着きたいと
思い、日帰り出来る最後として行って来ました。
「自転車で中山道」の旅も7回目、日帰り輪行出来る最後になります。
7回目の旅のルートは木曽路から信濃路へと入ります。今回のルートも、以前走ったことも
あるものの、前回同様、反対方向になるため迷子にならない様に注意しながら出発します。
さあ7回目の旅の始まり。
第7弾は、木曽路 奈良井宿 〜 信濃路 塩尻宿までになりました。
参考に、奈良井宿から洗馬宿までは2007年にも走っております。
  2007年 28 ひとり自転車の中山道 洗馬宿〜薮原宿  10月7日 実走
    
一般的には、東海道も中山道も日本橋から三条大橋へと京へと上りますが、管理人は京都 三条大橋から
スタートします。そのため宿場の数え方などはカウントダウン式に数えることにします。

    
 走行距離 34.4km (GPSデータ)
 
GPS軌跡データ 今回はありません
                                    (作成2013/09/08)
7回目(8月4日)は奈良井宿〜贄川宿〜本山宿〜洗馬宿〜塩尻宿までを走る。
   
自転車で中山道 本山宿 〜 塩尻宿までのGPSログは下図を参照。
本山宿 〜 塩尻宿辺りまでのGPS軌跡ログ
   
本山宿の外れにある本山宿入口の碑の前で
小休止、日差しがあるのでけっこう暑いが
風は爽やかである。
   
庚申塚などの石碑が沢山並んでる。真正面に
見える山の緑が深く、真夏なんだなと思う。
先ほど買ったペットボトルを飲み干して出発!
   
中央線を列車が走る、何故だかこちらは止まっ
て写真を撮る。
   
畑も豊作のようで良い事だ。この辺りは柵など
無いから、動物の被害は無いのだろう。
   
牧野の交差点から左に入ると牧野の一里塚跡
が見えてきた。
   
中央線の線路をくぐると洗馬宿へと入り、高札
場には洗馬宿の碑がある。
   
洗馬宿はかつての面影はほとんどなく、道路も
広く静かな街並みである。
   
生垣に脇本陣跡の碑がひっそりと立つ。
ここには明治天皇の碑も立っている。
   
洗馬宿の本陣跡に到着した。31番目の洗馬宿 本陣跡の案内板の前でカウントする。
ここまで20.6km【11:36】
   
太田の清水を眺め、その先は中山道と善光寺
街道との追分である。
   
この追分は昭和7年の大火以降に作られた
とのことである。
   
江戸、明治時代の追分は、左の道を更に50m
ほど進んだところにある。上の写真の場所が
その当時の追分である。
   
犬にわんわん吼えられながら写真を撮るも、
早々に先へと進むことにした。
   
急坂を上ると、先ほどの新しい中山道の道に
合流すると肘掛松が見えてきた。
   
かつては二代将軍 秀忠が京へと上洛時に
肘をかけて休んだとの説もあるそうな。
   
国道に合流後、中山道一里塚の交差点から右
へと入る。この辺りは葡萄の産地であちこちで
ぶどう園を見かける。
   
園内を覗き込んでみると、緑色した実がぶら
下がっていた。葡萄の実は取らないが写真だけ
でも撮らさせてもらった。
   
中山道から右へと曲がると、平出遺跡がある。
天気もよく暑くはあるものの、日陰に入りじっと
していると爽やかである。
   
それでも日向に出てくると汗が流れてくる。どこ
の遺跡を見ても地面の上に萱葺き屋根が乗って
いる形だが本当の姿はどうだったのだろうか。
   
中山道に戻ると、平出の一里塚が見えてくる。
ここは両側が残る貴重な一里塚である。
こちらが反対側の塚、民家の庭先から入る込
むと見えてくる。【12:26】
   
以前、2006、2007年と中山道を走った時は、ここまで来たことがある。この先からは初めての
中山道旅になるので、どんな出会いや景色が待っていることだろう。楽しみである。
   
中央線を越えて、大門神社でまたも休憩。
時間が余っているのでかつて無いほどの、
のんびり散策である。
   
一度、国道に合流し、川を渡ったところで道幅
1mほどの狭い道へと入る。写真の真ん中を
通るのが中山道、右の道が国道である。
    
下大門の交差点を渡り、石碑を眺めつつ旧道
へと入る。
   
堀内家の立派な塀と門が見えてきた。静かな
中山道である。
   
県道へと出ると交通量が多く、車に追いかけら
れながら進むと、ナマコ壁の蔵が見える。
   
塩尻陣屋跡である。酒蔵に付き物の大きな
杉玉が下がっていた。
交通量が多く、なかなか道路向こうに渡れず。
最初、塩尻の本陣跡に着いたのかと思ったが
脇本陣跡だった。
   
本山宿、洗馬宿と同じ形の碑もあった。
初めての塩尻宿に到着である。
   
塩尻宿の目的地である本陣跡に到着した。何度も言うが交通量が多くて写真撮るのも一苦労で
あり、落ち着いて見る事が出来ない。
30番目の塩尻宿 本陣跡に到着した。ここまで28.8km【12:50】
   
昼を回ったばかりだが帰路へと着く。塩尻駅で
写真を撮って輪行準備である。一人のロード乗
りの方に出会い、少しお話して改札へと向かう。
   
輪行準備が終わったら、一人のノード乗りの方
に出会った。14:18発ナイスホリデー木曽路に
乗ってのんびり列車旅を楽しむ。
   
   
自転車で中山道の旅も7回目に入りました。以前、洗馬宿までは来たことがあるが、初めての
塩尻宿に到着し、気分的にも盛り上がってきたようである。
次回は、〜 下諏訪宿 へと走ります。
   

 

             
             
             
【≪ 16自転車で中山道 奈良井宿〜本山宿 】          
             
             
             【 18自転車で中山道 塩尻宿〜宿 ≫】
             
             
             
             
【2013年 目次】